吸収効率と低分子ということ

もともとキトサンには健康食品というよりは、あくまで一種の素材です。
キトサンの活性はキチンと比べても高く、水に溶けないは弱酸には溶ける
化学反応が起こりやすくて加工利用しやすいなど、普通のキトサン(高分子キトサン)
は確かにすばらしい素材です、そのため食品としてだけでなく、水処理剤、工業原料
繊維などとしても利用されております。

しかし加工されないまま利用する場合、キトサンの分子が大きすぎるため
(分子量が数十万~数百万)人間の胃腸では分子を分解できず、経口服用しても吸収されないのです。

そこで高分子のままのキトサンは、ダイエット食品として利用されることがほとんどで、胃腸に吸収され
にくいからこそ、胆汁酸と結合し、脂肪や油の吸収を阻害してしまうからです。

しかしこれは病気で弱っている方にはとてもおすすめできません。健康になるどころか
体力を奪ってしまうことになるからです。

本当の効果を期待してキトサンを健康食品として用いるためには、体にすみやかに吸収できるように
しなければなりません。

それはキトサンが水に溶けるほど低分子化(可溶性=水溶性)しなければならないということになります。
胃や腸から直接吸収できる分子量が約2万までですが、普通のキトサンは分子量が数十万から数百万の
高分子(巨大)多糖体であり、非常に頑固な構造を持っているので、水にも溶けません。人間は、胃腸の
なかにキトサンの分解酵素を持たないため、体に非常に吸収されにくい物質なのです。

しかしキトサンは分子量が1万以下であれば水溶性となり、分解酵素がなくても90%以上は吸収が可能と
なることがわかっています。

他の動物には分解酵素があったりして高分子のキトサンでもいい場合がありますが、人間は低分子キトサンで
ないと吸収しないので、まったく意味をもたず、健康活用は難しいです

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

胆嚢 胆管手術後 水溶性キトサンで体調回復退院が早まった

私が水溶性キトサンを知ったのは、入院中の病室に、娘が持って来てくれたのがきっかけでした。
胆嚢ガンのために手術で肝臓を半分、胆嚢、胆管も取った私に、予後がよくなるようにとの思いで
娘がくれたのでした。

飲み始めはお粥を食べられるようになるまで待ち、一回に1g~3gずつからでした。
すると手術を受けて一ヶ月経たないうちに、もう食欲が回復しました。
それまでの食欲不振が信じられないほどでした。

体調の良さを自分で確かめたら、水溶性キトサンをもっと飲みたくなりました。
そこで一回1gを5回(5000mg)を毎日飲むようにしてみました。
水溶性キトサンはすさまじい効果がありました。

「なんだか人が変わったみたいね」
私の体調の回復に看護士さんもびっくりするほどで、退院も予定よりも早まりました。
今は水溶性のキトサンに救われた思いでいっぱいです。

これからも、水溶性キトサンを飲み続けていこうと思っています。

Y .Tさん 山梨県 49歳

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

膀胱ガン

40歳以上の男性に多いガンです。
表在ガンと浸潤ガンとに分けられます
表在ガンはほとんど転移というものはありませんが、再発を繰り返します。
膀胱ガンの70%が表在ガンです。

浸潤ガンは転移しやすく、肺や肝臓へ40%以上の確率で転移するといわれています。
膀胱ガンの初期の症状というのは、痛みのない血尿が出ることです。

何日も続けて出るということはあまりなく、しばらくして自然に止まります。
痛みもなく血尿も止まったためそのままにしてしまう人が多いのですが、
この間にガンが進行することになります。

血尿が出たからといって、すぐにガンと思いこんでしまう必要性はないですが、
泌尿器科で診察を受けて検査したほうがいいです。

表在ガンの手術では、膀胱を温存する経尿道手術が行われます。
これは開腹の必要がなく、尿道から内視鏡をいれて高周波電流を流してガンを切除します
また電流ではなくレーザーで焼きつくす方法もあります。

内視鏡をつかった手術の後再発防止のために抗がん剤や結核予防のワクチンのBCGを
膀胱内に注入する方法も行われます。

浸潤ガンの場合には開腹して膀胱全摘手術を行うのが一般的で、しかし最近は手術前の抗がん
剤動脈内注入法を組あわせて、膀胱を残そうといおう試みもあります。

膀胱ガンは決して治りにくいガンではありませんが、再発しやすいので、
水溶性キトサン(低分子キトサン)を飲むことをお勧めいたします。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

三大療法の他にガンへの有効な治療法はあるのか?

三大療法の他にいくつか新しいガンの治療法として注目されているものがあります。
なかでも今のところ、次世代の有望なガン治療法としてもっとも期待が寄せられているのが
遺伝子療法と免疫療法です

遺伝子療法は、遺伝子の異常に端を発するガンに遺伝子で対抗しようというものです。

ガン細胞に直接ガン抑制遺伝子を注入する方法、ガン細胞に生理活性物質の遺伝子を組み込んだものをワクチンとして利用する方法などです。

しかし遺伝子を利用した治療法は、日本ではようやく臨床試験段階に入ったばかりなうえ、遺伝子療法に欠かせない遺伝子を運ぶベクターの開発でも欧米に大きく遅れをとっており、私たちが遺伝子療法を利用をできるようになるまでに、まだまだしばらく時間を必要とするようです。

しかしながら私たちはもともと体に備わっている免疫力を高めることによって、ガンにの対抗しようというのが、免疫療法なんです。

ガンに対する免疫療法は、これまで外科療法や化学療法の補助的なものでしたが、バイオテクノロジーの進歩により、次々と新しい療法が開発され注目を集めております。

ガン免疫の中心となるT細胞の増殖・活性因子であるインターロイキン2と、ガン患者から採取したリンパ球を培養して、ガンへの攻撃力を増したりリンホカイン活性化キラー細胞(LAK)をつくりそれを再び患者の体内に戻す「養子免疫療法」と呼ばれる治療法もそのひとつです。

この療法はすでに肺がんや腎臓ガン、脳腫瘍、メラノーマなどの治療で成果をあげていいます。

最近においては、もっと強力な免疫力を持つリンパ球をつくるために、
ガンに浸潤したリンパ球をインターロイキン2で培養する方法も行われています。

これによりできた腫瘍浸潤T細胞(TIL)はLAKよりも50~100倍もガンに対する免疫力が高いことがわかっています。

免疫療法は、直接ガンを叩く外科療法や化学療法、放射線療法などとは異なりもともと体自身がもっているガン細胞を攻撃する力を高めることで、ガンを排除しようというものです。そのため、三大療法のように副作用に悩まされることもなく、患者のQOLを損なわずに治療することができることから、今世紀のがん治療の主流になりうる治療法として期待されているんです。

もちろんいうまでもなく キトサン飲用は免疫療法ということになりますので、安心して取り組んでいただけます。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

手術せず、副作用もない抗がん剤治療で改善

私が喉の異常に気づいたのは平成20年の秋ごろでした。
高校時代の同窓会の連絡のため、久々にお電話をかけた友人の何人かに
「お前、声が変だぞ、すごくかすれて声が聞き取りにくいぞ」といわれてしまったのです。

たしかにタバコを吸う私は以前から喉がいがらっぽく、ときどき咳き込むことがありました。
実は、私の父親は62才のときに肺がんで亡くなっています。

その父もヘビースモーカーでしたので、煙草はやめるよう家族にいわれていたのですが、とうとう
この歳までやめずに来ていたのです。

「ひょっとしたら喉のガンじゃないか」と不安にかられた私は、すぐに病院の咽喉科で検査を受けました。
一週間ほど後に結果を聞いたところ、やはり咽頭ガンとのことで、医師には手術をすすめられました。

しかし、ガンのできている場所や大きさによっては声帯を摘出してしまう場合もあるとのこと、
私はすっかり動揺し、手術をしないで治す方法はないか医師にたずねました。医師は
「抗がん剤を使った治療もないこともないが・・・・・」と困惑したようでしたが
しばらくの間は抗がん剤を使ってみつことになったのです。

抗がん剤の治療ときめたものの、これは副作用がきついものだということは、私も以前から知っていました。
不安がある私に対し「抗がん剤の副作用には、水溶性のキトサンがすごくいいらしい」といって
妻はすぐに注文してくれたのです。何でも、妻の知り合いのお母さんが抗がん剤治療ろうけたところ、
水溶性キトサンをずっとのみ続けていたせいで副作用がなかったというものです。

私は妻のいうとおり、抗がん剤の投与を受けながら、水溶性キトサンを一回1gを一日5回(5000mg)
飲むようにしました。
そうしたら、本当に副作用はまったく現れなかったのです。
吐き気はしたりすることもなく、食欲も変わりません

昨年暮れに検査してましたが、驚くことに喉にできていたガン細胞が小さくなっていることがわかりました。
医師は「信じられないのですが、ガンが小さくなっています。抗がん剤がよくきいたのですね」とのこと
医師には話していなかったのですが、私は水溶性キトサンが私を救ってくれたのだと確信しています。

現在は回数うぃ一日六回にし、一日6g(6000mg)のキトサンを飲用し、咽頭ガンが根治してくれるよう
祈っています。

K・Tさん60歳

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

キトサンを飲用し手術以外の道を選択

医師は簡単に、早く切ったほういがいいですよ、といいますが、手術の体力・気力の衰えが心配で、
手術をしない方法を選択したいっていう要望の相談があったりします。

気長な辛抱はやはり必要です
例えば乳がんの手術を受けた場合など、翌日とはいえないまでも、翌々日には食事がとれるようになりますし。
一週間もするとまだ抜糸はできないですが、二週間もすれば糸もとれ、日常生活にさして支障のない身体には
もとりますが、 手術をしないとなると、まずは食事療法からはじめなければなりません。玄米菜食は一食や二食なら
どうということはありませんが、毎食となるとかなりつらいことになります。

また漢方薬も苦く口にあわないものを飲み続けなければならないし、健康食品も高いお金を払っていろいろなものを
ためしてみることになります。

ガンの腫瘍は簡単に小さくなったり不通はしませんから、結果は急にでません。
食事療法や漢方やその他代替療法で、気長にやっていかなければなりません。

ですから手術を受けるより逆にストレスがかかることもあると説明を受けたりもしますが、
それでも手術が嫌いな人は徹底して手術を拒みます。

食事療法は奥さんにも指導して協力を仰がなければなりません。
長い期間の辛抱が必要ですから、途中で「やはり手術をします」と考えが変わる人もおります。
ただ手術を受けても絶対に再発しないという保証などありませんから、再発予防のためにも食事療法や
低分子水溶性のキトサンで飲用を続ける再発予防策も選択肢にあるわけです。


≪癌≫医者嫌いの私の父も実践済ガン治療に効果的な食事法

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

キトサンの好転反応とはどうゆうものなの?

キトサンに副作用ってないのですか? こうゆう質問きたりすろときがあります。
今まで漢方薬を利用したり、健康食品を食べたり飲用している人は、好転反応という言葉を知っていると
思います。
初めて健康食品を飲用しようとする人にとって、いきなり好転反応といわれても何のことかと戸惑うはずです。
あまり耳慣れない言葉ですが、いったいどのようなことなのでしょうか、
キトサンの成果に注目してキトサンを飲用した場合、人によっては数日もするとびっくりしたり、これは困ったという状況に
出会うことがあります。 体調によってはすぐ出る人がいる一方、逆に2週間前後あるいは3週間後に出る人もいます。

またこの状況は人によって出る場合、出ない場合ががあり、出方も人によって異なります。
眠くなったり、だるくなったり、湿疹がでたり、目が赤くなったり、下痢をしたりします
これが好転反応(調整反応とも呼ぶ)と呼ばれているものです。
キトサンを飲みはじめると早い人でその日か翌日に便秘や下痢になったりすることがあります、場合によっては、
吐き気や腹痛をおこし、症状がかえって悪化したようで不安になるかと思います。これは、好転反応(調整反応)と
呼ばれる一時的な反応です、漢方では瞑眩と呼んでおり、むしろ回復の兆候として歓迎していい反応です。
これは、新しい刺激に対して、身体が反応しているという現れであり、身体が順応するまでの一時的な現象といわれて
います。

必ずしもすべての人に出るわけでものなく、またでないからといって私にはキトサンが向いてないようだ成果がなさそうだとは
いえません。
好転反応は人それぞれ以下に指標をあげておきます。

① キトサンの飲用量が少ない人よりは、多い人のほうが出やすい
② 粉末とカプセルとの比較では、粉末のほうが出やすい(粉末のほうがキトサンそのものの含有量が多いことに理由がある)
③ 10代の若い人や70代以上の年配者には、比較的出にくい(もちろん例外もある)
④ 体調の悪い人や病歴のある人、蓄積疲労のある人、不規則な生活や食生活の人はいろいろな反応が出やすい。
⑤ 数値に表れない内臓器系の病気を持った人や、病気の前段階症状の人も出やすい。

といった傾向が見られます。
好転反応が出るとおいうことは漢方の世界では一般的に歓迎すべきこととされています。
ただし専門家である漢方医でも、好転反応と副作用の見分けが非常に難しいとされていますので、好転反応らしきものが出たときは
キトサンの飲用を一時中断するか飲用量を調節するかして様子をみるようにしてください。

心配なときは、必ず医師の診断を仰いでくいださい。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.