健康回復・維持食品として

キトサンは難病の改善に成果があることばかりに焦点があてられがちです。けれどもキトサンの真骨頂は「健康回復・維持」にある

と思うのです。

人間の身体で確認されている血圧の上昇を抑えたり善玉コレステロールを増やしたりする成果は、成人病の予防や日常の健康維持にとって

大切なことです。

また「風邪は万病の元」といわれますが、「キトサンを飲むようになって、風邪をひきにくくなった」「今までは風邪で寝込むことが多かったが、キトサンを飲むようになって症状が軽くなり、寝込むことがなくなった」といった声がよく聞かれます。

経験則での話しとはいえ、キトサンが人間の免疫力を増強させる成果があるのは確かなようです。

多くの体験者の中から、キトサンの飲用に適した状況を集約してみました。 参考までに

①身体の調子がなんとなくすぐれない、朝起きるのがつらいとき

②健康のバロメーターである快食・快便・快眠のどれかに自信がないとき

③便秘や生理不順、肩こり、冷え症などで悩んでいるとき

④成人病が心配で、それがストレスになって困っているとき

⑤ハードな生活や飲酒の機会が多いとき

⑦精神的ストレスで、身体への悪影響が懸念されるとき

健康食品の切り札であるために

キトサンを飲用して健康になったという人は、枚挙にいとまがありません。けれども単純なキトサン礼讃の時代は終わりを告げるべきでしょうこれからは

①どのメーカーの精製度何パーセントのキトサンを

②一日どの程度の量

③どのような栄養素(または薬)と一緒に飲用した結果

④医療現場でどう判断された病状が

⑤どう改善されたかを明確にしていく時代だと思います。

「医食同源」とはよくいったもので、健康食品はの期待はますます高まるでしょう。

その中でもキトサンは、切り札になる可能性を十分に秘めています。

まだまだキトサンの効果には未知の部分がたくさんありその潜在的可能性はますます高まることが

確信できる昨今であります!

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

ガンにならないために生活で注意しねければいけないことは?

ガンになることを防ぐ最大のポイントは生活習慣を変えることです。
喫煙が肺ガンなどと深い関係があるのは、よく知られていることです。
また日本人の臓器別ガン患者の割合を見ると、胃 大腸 肝臓 膵臓 食道など、消化器系のガンが大きな
割合を占めておりますが、これらのガンは食生活と深いかかわりがあると考えられるのです。

しかし禁煙して食生活に気をつけても、現代社会では発ガン物質などの有害物質が体内に入りこんでくることを
完全に防ぐとくことは、不可能に近いです。

たとえ少量でも長年にわたりそれらの発ガン物質を摂りつづけていると、ガンを誘発する原因になりかねません。
完全に有害物質から身を守ることなどできないのなら、それらをできるだけ体外に排出することによって、
発ガンの可能性を低くすることができます。
要するに、体内に入り込んだ有害物質を吸着し、排出する物質を利用することができれば、ガンになる可能性は
低くなるとおいうことです。

実は、体内でそうした役割を果たしてくれるのが水溶性キトサンで、水溶性キトサン(低分子キトサン粉末)を日常的
に摂取することでガンになる確率を確実に下げることができるのです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

細胞活性化(老化を防止する)

キトサンを飲用した結果「肌が若返った」「白髪が減ったみたいだ」「爪がボロボロだったのが生え変わった」
という例などがありますが、老化は誰しも避けては通れない現象ですが、キトサンにはその老化を抑制する
機能があるらしいのです。

植物ではキトサンオリゴ糖が細胞内の核に入り、DNA(デオキシリボ核酸)を活性化することが確認されて
います。
動物の細胞でもキトサンが加齢とともに衰えてくる細胞を活性化させるということは、十分推測できます。
細胞が活性化したことで本来の機能を呼び起こし、それが老化現象の抑制・防止につながっているという
わけです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

キトサンで口内炎に対処できる

口腔内のトラブルにおいても、キトサンが利用活用できます。
口内炎ができた時には、清潔な手で患部に直接キトサンを塗布してください。
自然にとれてしまったら、再度塗るをなんども繰り返すと治りが早くなります。

また、歯茎が腫れてしまったり、出血も粉末のキトサンなら指でとって塗布して
よくマッサージしてあげることで、出血を抑え、歯茎を引き締める効果があると
いわれているんです。

日本人の成人のほとんどが、程度の差はあれ歯周病にかかっているといわれています。
キトサン粉末を歯ブラシにつけて歯磨きすると、抗菌効果とともに歯をコーティング
する作用もあり、ばい菌の増殖を防ぐといわれています。

口の中の衛生管理は内蔵にも影響しますから
口は内臓の入り口でもあるわけなんで、キトサンを活用して
ください

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

乳がんについて

乳ガンは日本には少ないガンでしたが、しかし戦後になって急増し、今後もこの傾向は
続くのではまいかと予測されています。

その理由としては、高脂肪の欧米型の食生活の一般化があげられます。
意外なことに、乳がんは女性特有のガンと思われがちですが、1998年には
76人の男性が乳がんで死亡しています。

乳ガンは女性ホルモンと関係の深いガンです。よく出産経験のない人や出生回数の少ない人
あるいは、高齢出産の人に乳ガンが多いといわれますが、その理由はそれだけ
女性ホルモンの分泌期間が長いことによるためです。

また女性ホルモンの使用によって乳がんが大きくなったり、乳がんの患者さんが妊娠すると
女性ホルモンの分泌が盛んになって乳がんを進行させたりします。

治療の主体は手術になりますが、腫瘍の大きさ、進み具合などによってさまざまです。
進行ガンはやはり乳房切断術が行われ、ホルモン剤や抗がん剤療法も行う場合があります。

乳がんは自分で乳房のシコリを発見できるため、早期発見が比較的容易なガンです。
ただし、シコリに気がついてもガン宣告が怖くて進行ガンに至ってしまう
人もいます、
早期発見であれば、乳房を切り取らずに腫瘍を切除し、放射線治療と組み合わせる乳房温存療法
も増えてきていますので、すでに全手術の3割がこの慮法になってきています。
放射線によって乳房は強い日焼け状態になりますが、
1~2ヶ月でほとんどわからないくらいに薄くなっていきます。
シコリにきづいたら放置せず、専門医を尋ねてください
それとキトサンを飲用しガン対策をご自信でも併用してはじめられることをおすすめ
いたします。

水溶性キトサンの効果として
乳がんは早期発見で治療が可能で生存率も高い部類のガンで、水溶性キトサンを一日
4000mg~5000mg (当社キトサンで1g~5g)を飲用すれば抗ガン剤の副作用が軽減されるうえ
治療効果のさらなる向上と治癒の可能性が極限まで高まります。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

ガンを引き起こす原因があると聞きましたが、どのようなものなのでしょうか?

ガンが遺伝子の突然変異により起因 そしてガンを引き起こす原因というのは
遺伝子に突然変異をおこさせる誘引要素のこと、すなわち初発因子(発ガンイニシエーター)ということになって
一般に「発ガン物質」と呼ばれるものも含み、私たちの周りには、この初発因子が数えきれないほどあふれています。

発ガン因子の80パーセントは化学物質だといわれておりますが、現在までに2400種類の化学物質に発ガン性の疑いがあると
明らかにされております。
地球上には、まだまだ安全が確認されていない物質が数多く存在するとされています。

したがって今現在は問題にされていなくても、今後発がん性があると指摘される物質が出てくることは十分に予想される
ことです。
それでは現在発ガン性が確認されている、代表的な初発因子をあげてみましょう。

タバコ
ベンツピレン(自動車の排気ガス、タバコのタールに含まれる)
食品添加物
トリプトP1,P2(魚や肉の焼け焦げに含まれる)
アフラトキシン(ナッツ類や穀物につくカビの一種)
放射性物質
紫外線
農薬
ダイオキシン
トリハロメタン(水道水に含まれる)
医薬品
ストレス
活性酸素
B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス

この他にもまだまだ数えきれないほどありますが、もちろんこうした発ガン物質が体内に入ったから
といってすぐにガンを引き起こすわけではありませんが、日常生活において初発因子に気をつけて
おくことは、ガンの予防に大変役立つと思われます。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

キトサンの飲用以外の活用方法をお伝えします

当社低分子キトサン活用法として飲用以外で
さまざまな面で活用できる方法をお伝えしておきます。

まず美容の面で、スキンケア ヘアケア またちょっとした傷の手当
またペットの健康にと

生活の中でキトサンを活用するアイデアを紹介

いざって時に常備しておくと便利 キトサン水溶液
キトサンは、飲用して体にいいのはもちろんのこと水溶液にしてお肌に塗る
のも活用の一つです。

誰でも簡単に作れるキトサン水溶液の作り方
①精製率90%以上のキトサンの粉末1g強(1000mg)と水200cc(およそ1合)
を容器にいれて軽くかき混ぜる
②乳酸1cc(乳酸の小瓶キャップ1杯)を加えさらによく攪拌

③ほこりが入らないようにふたをしておくかラップしておく
④目視で溶けた感じを確認し水1Lを加えてできあがり
⑤使いやすい容器に入れ替えて、冷蔵庫などの冷暗所に保管

このとき水はミネラルウォーターか性能のいい浄水器を通して
有害物質を取り除いた水を使用してください

だいたいですが3ヶ月くらいはこれで持ちますので万一変質をかんじたら
廃棄してください。
乳酸は薬局で買い求めできますがない場合代用でクエン酸を使用してもいいです

効能としてはアトピー性皮膚炎ニキビあせもサメ肌など皮膚のトラブルに
一般に効果があります。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.