乳がんについて

乳ガンは日本には少ないガンでしたが、しかし戦後になって急増し、今後もこの傾向は
続くのではまいかと予測されています。

その理由としては、高脂肪の欧米型の食生活の一般化があげられます。
意外なことに、乳がんは女性特有のガンと思われがちですが、1998年には
76人の男性が乳がんで死亡しています。

乳ガンは女性ホルモンと関係の深いガンです。よく出産経験のない人や出生回数の少ない人
あるいは、高齢出産の人に乳ガンが多いといわれますが、その理由はそれだけ
女性ホルモンの分泌期間が長いことによるためです。

また女性ホルモンの使用によって乳がんが大きくなったり、乳がんの患者さんが妊娠すると
女性ホルモンの分泌が盛んになって乳がんを進行させたりします。

治療の主体は手術になりますが、腫瘍の大きさ、進み具合などによってさまざまです。
進行ガンはやはり乳房切断術が行われ、ホルモン剤や抗がん剤療法も行う場合があります。

乳がんは自分で乳房のシコリを発見できるため、早期発見が比較的容易なガンです。
ただし、シコリに気がついてもガン宣告が怖くて進行ガンに至ってしまう
人もいます、
早期発見であれば、乳房を切り取らずに腫瘍を切除し、放射線治療と組み合わせる乳房温存療法
も増えてきていますので、すでに全手術の3割がこの慮法になってきています。
放射線によって乳房は強い日焼け状態になりますが、
1~2ヶ月でほとんどわからないくらいに薄くなっていきます。
シコリにきづいたら放置せず、専門医を尋ねてください
それとキトサンを飲用しガン対策をご自信でも併用してはじめられることをおすすめ
いたします。

水溶性キトサンの効果として
乳がんは早期発見で治療が可能で生存率も高い部類のガンで、水溶性キトサンを一日
4000mg~5000mg (当社キトサンで1g~5g)を飲用すれば抗ガン剤の副作用が軽減されるうえ
治療効果のさらなる向上と治癒の可能性が極限まで高まります。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

ガンを引き起こす原因があると聞きましたが、どのようなものなのでしょうか?

ガンが遺伝子の突然変異により起因 そしてガンを引き起こす原因というのは
遺伝子に突然変異をおこさせる誘引要素のこと、すなわち初発因子(発ガンイニシエーター)ということになって
一般に「発ガン物質」と呼ばれるものも含み、私たちの周りには、この初発因子が数えきれないほどあふれています。

発ガン因子の80パーセントは化学物質だといわれておりますが、現在までに2400種類の化学物質に発ガン性の疑いがあると
明らかにされております。
地球上には、まだまだ安全が確認されていない物質が数多く存在するとされています。

したがって今現在は問題にされていなくても、今後発がん性があると指摘される物質が出てくることは十分に予想される
ことです。
それでは現在発ガン性が確認されている、代表的な初発因子をあげてみましょう。

タバコ
ベンツピレン(自動車の排気ガス、タバコのタールに含まれる)
食品添加物
トリプトP1,P2(魚や肉の焼け焦げに含まれる)
アフラトキシン(ナッツ類や穀物につくカビの一種)
放射性物質
紫外線
農薬
ダイオキシン
トリハロメタン(水道水に含まれる)
医薬品
ストレス
活性酸素
B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス

この他にもまだまだ数えきれないほどありますが、もちろんこうした発ガン物質が体内に入ったから
といってすぐにガンを引き起こすわけではありませんが、日常生活において初発因子に気をつけて
おくことは、ガンの予防に大変役立つと思われます。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.