健康回復・維持食品として

キトサンは難病の改善に成果があることばかりに焦点があてられがちです。けれどもキトサンの真骨頂は「健康回復・維持」にある

と思うのです。

人間の身体で確認されている血圧の上昇を抑えたり善玉コレステロールを増やしたりする成果は、成人病の予防や日常の健康維持にとって

大切なことです。

また「風邪は万病の元」といわれますが、「キトサンを飲むようになって、風邪をひきにくくなった」「今までは風邪で寝込むことが多かったが、キトサンを飲むようになって症状が軽くなり、寝込むことがなくなった」といった声がよく聞かれます。

経験則での話しとはいえ、キトサンが人間の免疫力を増強させる成果があるのは確かなようです。

多くの体験者の中から、キトサンの飲用に適した状況を集約してみました。 参考までに

①身体の調子がなんとなくすぐれない、朝起きるのがつらいとき

②健康のバロメーターである快食・快便・快眠のどれかに自信がないとき

③便秘や生理不順、肩こり、冷え症などで悩んでいるとき

④成人病が心配で、それがストレスになって困っているとき

⑤ハードな生活や飲酒の機会が多いとき

⑦精神的ストレスで、身体への悪影響が懸念されるとき

健康食品の切り札であるために

キトサンを飲用して健康になったという人は、枚挙にいとまがありません。けれども単純なキトサン礼讃の時代は終わりを告げるべきでしょうこれからは

①どのメーカーの精製度何パーセントのキトサンを

②一日どの程度の量

③どのような栄養素(または薬)と一緒に飲用した結果

④医療現場でどう判断された病状が

⑤どう改善されたかを明確にしていく時代だと思います。

「医食同源」とはよくいったもので、健康食品はの期待はますます高まるでしょう。

その中でもキトサンは、切り札になる可能性を十分に秘めています。

まだまだキトサンの効果には未知の部分がたくさんありその潜在的可能性はますます高まることが

確信できる昨今であります!

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

ガンにならないために生活で注意しねければいけないことは?

ガンになることを防ぐ最大のポイントは生活習慣を変えることです。
喫煙が肺ガンなどと深い関係があるのは、よく知られていることです。
また日本人の臓器別ガン患者の割合を見ると、胃 大腸 肝臓 膵臓 食道など、消化器系のガンが大きな
割合を占めておりますが、これらのガンは食生活と深いかかわりがあると考えられるのです。

しかし禁煙して食生活に気をつけても、現代社会では発ガン物質などの有害物質が体内に入りこんでくることを
完全に防ぐとくことは、不可能に近いです。

たとえ少量でも長年にわたりそれらの発ガン物質を摂りつづけていると、ガンを誘発する原因になりかねません。
完全に有害物質から身を守ることなどできないのなら、それらをできるだけ体外に排出することによって、
発ガンの可能性を低くすることができます。
要するに、体内に入り込んだ有害物質を吸着し、排出する物質を利用することができれば、ガンになる可能性は
低くなるとおいうことです。

実は、体内でそうした役割を果たしてくれるのが水溶性キトサンで、水溶性キトサン(低分子キトサン粉末)を日常的
に摂取することでガンになる確率を確実に下げることができるのです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

細胞活性化(老化を防止する)

キトサンを飲用した結果「肌が若返った」「白髪が減ったみたいだ」「爪がボロボロだったのが生え変わった」
という例などがありますが、老化は誰しも避けては通れない現象ですが、キトサンにはその老化を抑制する
機能があるらしいのです。

植物ではキトサンオリゴ糖が細胞内の核に入り、DNA(デオキシリボ核酸)を活性化することが確認されて
います。
動物の細胞でもキトサンが加齢とともに衰えてくる細胞を活性化させるということは、十分推測できます。
細胞が活性化したことで本来の機能を呼び起こし、それが老化現象の抑制・防止につながっているという
わけです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

キトサンで口内炎に対処できる

口腔内のトラブルにおいても、キトサンが利用活用できます。
口内炎ができた時には、清潔な手で患部に直接キトサンを塗布してください。
自然にとれてしまったら、再度塗るをなんども繰り返すと治りが早くなります。

また、歯茎が腫れてしまったり、出血も粉末のキトサンなら指でとって塗布して
よくマッサージしてあげることで、出血を抑え、歯茎を引き締める効果があると
いわれているんです。

日本人の成人のほとんどが、程度の差はあれ歯周病にかかっているといわれています。
キトサン粉末を歯ブラシにつけて歯磨きすると、抗菌効果とともに歯をコーティング
する作用もあり、ばい菌の増殖を防ぐといわれています。

口の中の衛生管理は内蔵にも影響しますから
口は内臓の入り口でもあるわけなんで、キトサンを活用して
ください

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.