キトサン肝臓障害への効果

肝臓病の90%以上はウイルス感染によるもので、そのほとんどが肝炎から肝硬変肝がん

というふうに進行します、または脂肪肝 から進行するときもあります。

肝臓というのは本来症状が出にくく、自覚症状があらわれたときは相当に悪化していることが多いです。

そのような状態の肝臓障害にもキトサンが有効に働くことがあきらかにされているんです。

 

医学博士の松本亮先生は臨床報告の中で「キトサンはB型肝炎、C型肝炎などのウイルスの活動を抑制して、

肝臓の機能を高めて症状を好転させる、

細胞が活性化することで、副作用が軽減する」と述べられておられます。

キトサンの血液中のコレステロール値を下げる理由は、肝臓には非常によい影響をもたらします。

普段の生活でも、飲酒前にキトサンを飲んでおくことで、悪酔い 二日酔いの防止効果があり、

キトサンを摂取することで肝機能が活性化され、肝臓でのアルコールの処理能力が高まっていくからなんです。

 

今は別に病気じゃないかたでも、キトサンを毎日摂取しておけば、肝臓を保護し深刻な事態を招かずに

すみますね。

ひとたびかかってしまうとやっかいなのが肝臓疾患といわれていますが、肝臓を現在患っている人でも

キトサンを常用することで回復する可能性が高いと思われます。

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

水溶性キトサンのがん対策作用を実験結果から導くと

キトサンの抗がん作用はさまざまな画期的な結果を残し、さまざまな反響も呼んできました。

現在もその研究は続けられており、今後もすばらしい効果がさらに解明されるものと期待がよせられております。

 

通常キトサンという言い方の中には、水溶性のキトサンのほかに、いわゆる通常の高分子タイプ 中分子タイプのキトサンも

含まれています。

水溶性のキトサンというのは=低分子キトサンのことです。水溶性のキトサンのほうが従来のものよりはるかに吸収率がすぐれ、

効果も高くなっていますので、実験データーまたはそれ以上の抗がん作用があると思われます。

まずは、水溶性キトサンには、がん細胞を直接攻撃はしないものの、がん細胞を抱きこむことで、がんの活性化を抑え増殖を

防ぎます。

がんを直接殺す働きがないということは、逆に正常な細胞を傷つける心配もないということで、抗ガン剤や放射線治療のような

副作用も起こりません=がん細胞の活動を抑えられれば、がん細胞は浸潤ができず無力化または死滅してしまいます。

さらに免疫力を高めることで(免疫賦活化)がん細胞を縮小させ、増殖・転移を抑えます。

リンパ球のNK細胞の働きが低いほど、発症率が高くなることがわかっています。

水溶性キトサンはがん細胞を選択的に殺すNK細胞を活性化し、がん細胞を殺す作用を5倍にも高めます。

まだあります、がんが転移するときに必要な接着分子と結合(化学)して転移を防ぎます。

がん細胞は細胞と細胞の間にある接着分子とくっついて、体内を移動し転移していきます。

水溶性キトサンががん細胞より先に接着分子とくっついてブロックしてしまえば、がん細胞は行き場を失い転移が不可能に

なります。

そしてがん細胞が排出する毒素を吸着除去し痛みを緩和し食欲も増進させ全身状態を改善します。

がんの痛みは不眠 食欲不振 倦怠感 衰弱を招き全身状態を悪化させることにつながります。

治療とともに痛みを緩和させることは最も優先されるべき課題です。

このように水溶性キトサンの抗がん作用は非常に効果的なものなんです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.