水溶性キトサンは健常な人でも飲んでいいの?

水溶性キトサンは健常な人でも飲んでいいの?

学術的に、健康維持のために 一日一回500ミリグラムのキトサン

摂取で体内毒素の排泄を

行ったほうが良いとされています

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

キトサンのガン治療への研究はどうなっているのか

キトサンの研究成果は、すでにさまざまな分野で生かされてますが、

なかでも注目を集めているのが、その高いガン抑制効果です。

それは多くの体験談からもわかりますが、

キトサンのガン抑制率は90%を超えるというデーターが出ています。

いずれにしても現代医学をもってしても満足のいく治療効果が

得られずにいるガンに対しても、キトサンが驚くべき成果を

もたらしていることはまぎれもない事実です。

ではなぜ、キトサンがこれほどまでにガンに効くのか、そのメカニズム

について実験データー等をもとに考えてみたいと思います。

 

1 免疫力を高める効果が細胞のガン化をくいとめる!

NK細胞というのは免疫細胞の一種ですが、非常に攻撃力が高く

ガン予防・ガン治療という面でも大変重要な役割を果たしております。

人の体内では健康な状態であっても常にガンの芽をつくりだしている

といわれています。

しかしそのほとんどはガン細胞になることなく死滅してしまいますが

それはNK細胞がガンの芽を異物と認識して退治してくれるからなんです。

たとえガンの芽が一つでも生き残っていると、やがてガン細胞となり

増殖を繰り返すようになります。

したがって、NK細胞を活性化させることは、ガンの芽を殺し、細胞を

ガン化するのを防ぐことにつながります。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

口腔ガン も副作用がまったくなく術後の回復に医者も仰天

酒もタバコもやらず、この年まで病気知らず

で過ごしてきました。

その私が、突然口腔ガンと言われてしまったのです。

平成11年の10月頃舌の付け根のあたりに違和感を

感じ、別に食べ物でしみることもなのでほっておいた

ところ。平成12年の1月には少し固い3センチ程度の

シコリのようなものができていました、

総合病院で検査を受けると

悪性の腫瘍と診断され

頭を殴りつけられたような感じがしました。

1月末に入院し治療はまず放射線でガンを小さくしたあと

手術で切除することになりました。

妻は放射線と聞いて副作用を心配しましたが、

とにかくガンを小さくすることが先決ということでした。

 

放射線治療がはじまって数日たったとき妻が水溶性の

キトサンを持ってきてくれました。

やはり副作用が心配で副作用を抑える作用のある

水溶性キトサンを知人から紹介されたということでした。

ちょっとのみずらかったので、一日5回にわけてのみました

放射線治療の副作用はまったくでません!

平成12年4月ガンが小さくなったということでガン摘出手術

を受けました、その後の回復は放射線の副作用がこれほど

なかった人も珍しいが、術後の回復もこれほどいい患者を

みたことがないと先生にいわれるほど順調にでした退院した

あとは以前のサラリーマン生活にもどりました。

定期的に検査は受けていますが、いまのところ

再発の症状もありませんし、リンパ節などへの転移も

ありません

あと三年再発しなければ大丈夫だろうと先生からも

いわれています。

再発防止んおためにも、それに生活主観病の予防のためにも

水溶性のキトサンを一日2g以上を継続飲用して

います!

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

キトサン今後の可能性

レントゲンでガンだと確認できるようになるまでには

ガン細胞が1グラムぐらいの大きさにならないと無理です

ガンの芽が発生して、そうなるまでには

10年以上かかっているといわれています

しかもガンが見つかって手術で切除したとしても

その周辺にあるガンはの芽まで取り除くわけではありません。

そうゆうものをキトサンが風船のような形で包みこんで排除してくれたら

ガンを根本的に治すことにつながります。

抗がん剤には強い副作用をともなうことやガンの転移を抑制する効果がない

ことを考えると、こうしたキトサンの作用は代替医療という立場から見て

理想の天然物質だということができると思います。

 

水溶性のキトサンの今後の課題は客観的なデーターに基づく科学分析

が必要だと思われますが、

ガン治療をはじめとする生活習慣病の予防や改善に役立っているという

事実がある以上、今後ますます注目される存在になるものと思っております。

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

子宮がん

子宮がんによる患者数 死亡数は減少傾向にあり

ここ半世紀で半減に近い数字になっています

子宮がんは女性の性器ガンである卵巣がんなどと比べると

治りやすいがんです、治療率の向上は、子宮がん検査によるものです。

症状がでてから病院で受診した人の治癒率が60%であるのに対して

検査で発見された人の治癒率は90%に達するというデータもあります。

 

子宮がんには子宮の入り口あたりにできる子宮頚ガンと奥の部分にできる

子宮体ガンのふたつがあります。

子宮頚ガンは30歳代から多くなり、子宮体ガンは若い人にはまれです。

発症のピークはどちらも50歳前後といわれています。

キトサン療法では放射線療法や黄体ホルモン療法などと併用して

治療効果は非常に向上します

一日5~6gの服用で免疫力が活性化され、手術の場合も予後の回復が

大幅に促進されます。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

舌ガン 治療の苦痛もなく、半年もせずに腫瘍がほとんどきえた

主人の晩酌についきあってビールを一杯いただいたとき

舌の付け根にピリッと痛みが走りました。

指で触ってみると、小さなしこりのようなものが

ありました。口内炎になることがよくありましたので、今度も

また口内炎を起こしているくらいに軽く考えていました。

でもいつまでたってもしこりが消えないばかりか

少しずつ大きくなっているような気さえします。

心配になって赤十字病院で検査してもらうと、舌のシコリは

舌がんだったのです。

入院してから精密検査がおこなわれ、舌の部分を切除をするか

放射線治療をするかということになり、ガンの大きさから放射線治療

が選ばれました。治療のことはよく分かませんが、

イリジウム針とかゆうものを刺し込んで、そこに放射線を当てるという

ことでした。

舌を切らないですむことは一安心でしたが、不安がなくなった

わけではありません。

主人にそのことを話しますと、主人は水溶性のキトサンを持てきて

くれました。

これは抗腫瘍作用というガンに対する力や、放射線治療の痛みや

副作用を軽くしてくれる働きがあることを知り、

治療がはじまる前から一回1gを一日6回飲むようにしました。

そのおかげでしょうか、苦痛を感じることなく治療がはかどり

しばらくすると通院治療の許可がでたのです。

その後も通院治療と水溶性のキトサンを続けたところ、半年も

しないうちに腫瘍はほとんど消えてしまいました。

転移も発見されず、あとは定期的な検査だけ受ければOKと

いわれたときのうれしさは表現できません

ありがとう水溶性キトサン。健康維持と再発防止のため

飲み続けていくつもりです

Hさん

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

咽頭ガン西洋医学を拒否しても、再発したガンは死んでた

ガンの再発! このショックと絶望感は、本人にしかわからないでしょう

ガンと診断され 食べ物が飲み込みにくくなって喉に異物感を感じるように

なりました。

病院での検査で咽頭ガンと診断、手術がむづかしい部分だったので

放射線療法を受けました。かなりきつい放射線療法で、髪の毛はどんどん

抜け、食欲はまったくなくなりました。

 

さいわい退院できましたが、再発の危険もあって検査だけは定期的に受けるように

していました。

平成11年の4月ごろ再び前とおなじような違和感を喉に感じ 検査したところ

再発が確認されました。

年も年なんで「もう治療しないでこのまま死んでもいい」と思いました。

しかし先生は入院をすすめますし、息子夫婦は「治療を受けないなんて自殺行為

だ っていいますし

そういわれても放射線療法の辛さをおもうと病院での治療を受けたくありませんでした。

そこで息子夫婦と相談し、西洋医学に頼らない療法はないかと探しました。

水溶性のキトサンを見つけてきたのは、息子の嫁でした。

一日5gぐらいを数回に分けて毎日飲みました。

4 、5日すると少し熱がでたので、販売元のボナンザさんに相談すると

「それは好転反応と思われますのでと説明を受けまして」ホットしました。

自覚症状として効果を感じたのは、飲みはじめてから2週間ほどしたときです。

以前にくらべ食べたりしても喉の違和感が少しなくなっていたんです。

さらに数ヶ月ほど続けていると、喉のひっかかり感がいつのまにか消えてました。

固形物を食べても少しも違和感がないのです。

後に検査を受けてみると

 

「再発したガンは死んでいる・・こうゆうこともあるのかな?」としきりと首を

かしげて「何か特別なものでも飲みましたか」の質問に

「いえ特別なことはしておりません」と申し上げましたが内心大喜びで

叫んでいました。

「治療しないでこのまま死んでもいい」とは一時は思いましたが

水溶性のキトサンで命を救われました、これからも飲み続け

寿命の尽きるそのときまで元気な老人でいたいと決心しました。

 

Kさん 79歳

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.