キトサンの肝臓障害への効果は?

肝臓はもっとも大きな臓器で、

生命を維持していくために、たいへん複雑で重要な

役割を果たしています。

 

新陳代謝に必要な物質の原材料を化学合成したり、貯蔵したり

必要に応じて配送するほか

 

有害物質を解毒したり、不要成分の分解・排泄など

その働きは500以上およびます

 

そんな肝臓の病気というと

アルコール摂りすぎをまっさきに思いうかべる人も

多いかとおもわれますが、

じつは肝臓病の九割以上がウイルスによるものです。

 

しかもほとんどの場合、肝炎あるいは肝脂肪から肝硬変、そして肝臓

ガンという段階で進行していきます。

 

肝臓は沈黙の臓器ともいわれ症状があらわれにくく

自覚症状があらわれるころにはかなり悪化していることが

少なくありません。

そんな肝臓障害にもキトサンが有効作用することが

わかっています。

例 お酒飲用時にキトサンを摂取しておくと

悪酔いしたり二日酔いにならないことはよく

しられています。

二日酔いになるのは、肝臓がアルコールを分解処理しきれず

体内にアセトアルデヒドという物質が残ってしまうためですが

キトサンを摂取しておくと肝機能が活性化されてアルコールの

処理能力がアップするので、

二日酔いを起こさなくなります。

キトサンの血液中のコレステロール値を下げる作用も肝臓には

よい影響をもたらします。

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

キトサンのガン抑制効果は?

キトサンのガン抑制効果は、さまざまな研究からも明らかになっています

そこにはキトサンのキレートの働きが深く関与しています。

経口服用したキトサンは

小腸から吸収され、やがて血液中に溶け込みます。

そして血液に溶け込んだキトサンは、血流とともに

全身を循環することになります。

実際、服用後の体の組織を調べてみると、

 

いづれもキトサンの存在を確認することができます。

口から摂取したキトサンは体中の組織に行き渡るわけなんです。

 

 

実際ではキトサン服用後、1,2時間で血液中のキトサン量が

ピークに達することがわかっております。

 

このときにもし、体のどこかにガン細胞があると、キトサンはその

特性であるキレートの働きでガン細胞を包み込みます

 

血液中のキトサンの量は時間の経過とともに徐じょに減少していきますが

継続的にキトサンを服用し続けることによって、

やがてたくさんのたくさんのアミノ酸がガンを包み込むように

捉えます。

その結果、ガン細胞は栄養の補給源を断たれてしまい

ついには餓死してしまうのです。

 

キレートとは:

「カニのはさみ」という意味です

キレート作用とは、ある分子がカニのはさみのようにカルシウムイオンなどの

金属イオンと強く結合し、安定な化合物(錯体)を作る作用です。

キレート反応はカニのはさみが物をつかむように、分子がもう一方の

分子を捉えて合体する反応のことです。

カニのはさみは、はさみにぴったりとしたものでなければはさめません。

それと同様に、キレート反応も、キレート反応する物質にあった分子でないと

合体できません。

これを利用して、生体内や実験室では、特定の物質を取り除くために用い

られています。

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

人間にとってキトサンを摂取することは必要?

もちろん必要なんです!

そもそも人間は、太古の昔からキチンを自然のなかで

無意識のうちに摂取してきました。

キチンはカニやエビなどの甲殻類や昆虫、キノコ類などに

豊富に含まれています。

が人間はこのキチンをもっていません。

しかし、甲殻類の殻や昆虫の残骸が土壌中の微生物

によって分解され、それを植物が取り込むことでキチンを

吸収します。

さらにその植物を人間が食べることで、自然とキチンを

摂取できる循環がありました。

 

日本では、昭和30年代初頭までは、農作物を通じてキチン

の摂取が可能でしたがその後の徹底した農薬の散布

環境破壊で昆虫や虫などが激減したため、食物連鎖

断ちきられ。自然のままではキチンを摂取することが

むづかしくなりました。

このキチンには、生体の活性を高め、自然治癒力を向上

させたり、解毒作用などがあります。

自然環境のなかから摂取しづらくなったキチンを、いわば

人工的に効率よく摂取するために、

キトサン化の成功は大きな進歩でした。

さらに吸収率にすぐれた水溶性キトサンを摂取する

ことは、増加するガンや生活習慣病の予防や治療に

おおいに役だちます

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

キトサンの体への吸収性は?

数年前にあれやこれやといろんな健康食品が次々と登場するなかで、キチンキトサンが

一大ブームを起こしたことがありましたが、そのブームはあまり続きませんでした。

その理由の一つはブームにノッて数多くの企業がキチン・キトサン市場に参入したため、

製品によって品質にあまりにも差があったことがあります。

すでに説明してますように

キトサンはキチンを脱アセチル化して精製

したものですが、当時はその過程でどうしても何割かのキチンが残ってしまいました

そのため、キトサンと銘打っている製品にも必ずキチンがそのままいっしょに含まれて

おりました。 その割合を示すのが脱アセチル化度で、当然のことながら

脱アセチル化度が高いほど、高いキトサンの効用が期待できます。

ところが、脱アセチル化度60%のものでも40%のものでもすべてキトサンあるいは

キチン・キトサンとして販売されていたのです。

したがって、同じキトサンでも体内での溶け方も違えば、吸収の度合いも違うため、

効果のあらわれ方もバラバラでした。

現在は、こうしたまぎらわしさを解消するために(財)日本健康・栄養食品協会が基準を

設定し、キトサンという場合には「脱アセチル化度80%以上」でなければならないと

されています。(ちなみに当社キトサンは85%~90%の度合いのものを使用)

 

キチン・キトサンブームが長続きしなかったもうひとつの理由は、たとえある程度の脱アセチル

化度をクリアしているキトサンであっても体に吸収されにくく、栄養効果を期待してという

よりは、ダイエット食品として利用されていたことがあります。

これでは病気を抱え、すがる思いでキトサンに活路をみいだそうとしている人たちに

そっぽを向かれるのは当たり前のことです。

何故キトサンが体に吸収されにくいかというと、キトサンは脱アセチル化されることによって

酸には溶けやすくなりますが、そのままでは水には溶けないからです。

胃や腸から直接吸収できる分子量は役2万までといわれていますが、ふつうのキトサンは

分子量がまだ10万~100万以上にもなる高分子の状態です。

そのため水に溶けにくく、いくらキトサンを摂取しても胃や腸から吸収されるのは

そのわずか3%以下なんで、その程度の吸収量では、健康食品としての役割を

果たすことはできません。

健康食品としてのキトサンの効果を最大に引き出すためには、からだに吸収されやすく

してやらなくてはならないのです、それがキトサンを低分子化して水にも溶けるようにした

水溶性キトサン」と呼ばれるものです

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

キトサンはどのような性質・作用があるか

キトサンの性質を一言であらわすとしたら、ものを「掴む」あるいは「挟む」といった表現

が適当かと思います。

つまり、掴める物質を見つけると、すぐにそれを包み込むように挟んで

結合してしまいます。

こうした性質をキレートといいますが、それが体内に入っても他の物質には

見られないような様々な特徴的な作用をもたらします。

例えばこれまでの数多くの研究から、キトサンには老廃物や重金属

放射線物質 毒素 

などを効率よく吸着除去する働きがあることがわかっています。

ラットを使った実験でもキトサンを餌に10%添加して飼育すると、

放射線物質[ストロンチウム)を経口投与しても、わずか一日後には、

その90%以上が糞便とともに排泄されることが、確認されています。

その他これまでの基礎研究や臨床試験の結果からキトサンには

次のような働きがあることがわかっています。

1. 細胞の活性化、免疫力、自然治癒力の増強作用

2. 代謝の促進、血糖の上昇(糖尿病)の改善作用

3. コレステロールの吸収抑制作用

4. 発ガン物質の除去作用

5. ガン転移阻止作用、抗腫瘍作用

6 肝機能化強化作用

7. 尿酸の代謝調節作用、痛風の予防・改善作用

8・ 貧血の改善、腎機能の改善作用

9. 腸内の有用細菌の活性化、整腸消化促進作用、便秘の改善作用

10. 抗菌、抗カビ作用、口臭の予防作用

11. 血液浄化、抗血栓作用、血圧降下作用

12. カルシウムの吸収促進・骨粗しょう症の予防・改善作用

13. 喘息、リウマチ、膠原病、心臓病などの改善作用

キトサンを体内に取りいれることによって、いかにさまざまな効果・効用作用が

期待できるかがおわかりいただけると思います。

それはありとあらゆる病気に対して有効だといっても過言ではありません。

しかしこれらの効能はこれまでに解明されたものであって、今後の研究の

進展により、さらに新たな作用が発見される可能性も十分あるのです。

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

キチンキトサンとキトサンの違いは何ですか?

私たち人間にとってカニ殻は、単なるやっかいなゴミでしかありませんでした。

それが今や、人類にとって有用な資源になりうることがわかったのです。

カニ殻に含まれるキチン質には人体に有用な成分があることがわかりました。

ただカニ殻に含まれるキチン質そのものは高分子であるため、たとえ体内に

とりこんでも、消化吸収されにくい物質です。

 

そのためカニ殻などを分解して有用成分だけを抽出する研究がなされる

ようになりました。

カニ殻にはキチン質以外にもタンパク質や炭酸カルシウムがほぼ同じ割合で

含まれています。

そこからキチンだけを取り出すには、それらの余分な成分を取り除く

必要があります。

カニ殻を稀アルカリに浸してタンパク質を取り除きます。

それをさらに稀塩酸に漬けてカルシウムを取り除くとキチンだけが残ります。

こうして抽出されたキチンは、化学的には「アセチルグルコサミン」が

連なった巨大ポリマー(高分子)です。

これは糖の分子が数百万個も連なった大きなかたまりで、そのままでは

体内に吸収されません。

そこでもう一度、キチンに化学的処理を施してアセチルグルコサミンから

アセチルをはぎとってしまう方法が考えだされました。

これを「脱アセチル化」といいます、そしてキチンを脱アセチル化して

精製したものがキトサンであり、このプロセスを一般にキトサン化と呼んで

います。

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

キチン・キトサンとはどうゆう物質か?

今や健康食品の中でも人気を誇るキチン・キトサン

その知名度は健康食品の雄といっても過言ではないです。

 

キチン・(chitin)ですがこれはカニやエビなど甲殻類の甲羅に

含まれる主要な成分で、いわゆる含窒素多糖類と呼ばれるものです。

弱酸やアルカリに強く、石灰を含む度合いで非常に堅いものになります。

1812年フランスの自然歴史学者ブラコノーによって発見され。

1983年にやはりフランスのオジールという科学者によってキチンと

命名されたといわれています。

このキチンは、カニエビの甲羅だけではなく、昆虫の外皮やキノコ類

の細胞壁にも含まれていて、地球上で1年間に生物が生産するキチンの

量はおよそ1000億トンにおよぶといわれているのです。

ところが、キチンは高分子物質であるため分解されにくく

人間にとっては単なるゴミのような存在でしかありませんでした。

日本でもカニ エビの身は食べても、それらの殻は、いつの時代も

始末に困る、やっかいものとして扱われてきました。

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.