キトサンを飲むとなんらかの変化が現れる

今まで漢方薬を利用したり、健康食品を食べたり飲用している人は、好転反応という言葉をご存知かと思います。また砂療法などの民間療法に取り組んでいたりする人もご存知のはずです。

初めて健康食品を飲用しようとする人にとって、いきなり好転反応といわれても何のことかと戸惑うと思います。あまり耳慣れない言葉ですが、どのようなことなのでしょうか、キトサンの成果に注目してキトサンを飲用した場合、人によっては数日もするとびっくりしたり、これは困ったという状況に出会うことがあります。

体調によってはすぐに出る人がいる一方、逆に2週間後あるいは3週間後に出る人もいます。

またこの状況は人によって出る場合、出ない場合があり、出方も人によって異なります。眠くなったり、だるくなったり、湿疹が出たり、下痢をしたりします。

これが好転反応(調整反応とも呼びます)と呼ばれるものです。

必ずしも全ての人に出るというわけでもなく、また出ないからといって成果がないってことでもありません。

身体が新しい刺激に対して反応している現われで、一時的な現象といわれています。

①キトサンの飲用量が少ない人より多い人のほうが出やすい。

②粉末とカプセルの比較では、粉末のほうが出やすい(粉末のほうがキトサンそのものの含有量が多いことに理由がある)

③10代の若い人や70代以上の年配者は比較的出にくい(もちろん例外もありです)

④体調の悪い人や病歴のある人、蓄積疲労のある人、不規則な生活や食生活の人は、いろいろな反応が出やすい。

⑤数値に表れない内臓器系の病気を持った人や、病気の前段症状の人も出やすい

 

といった一連の傾向が見られます。ただあまりに心配のときは、自己判断せず医師の診断を仰いでください

好転反応がどのように出るかについては医師の確かな臨床例が乏しいので断言はできませんが、飲用するキトサンの飲用量によっても出方が異なるようです

最初から多くの量(一日2回1回あたり1g=1000mg)

を飲んだ場合と少ない量(一日1回 1回あたり0.5g=500mg)の場合との比較では、年齢、体力によっても異なりますが、後者のほうが出方が軽いようです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

肝臓に認められたガンの転移の恐れがなくなった

私は2年半前にS字結腸ガンの手術を受け・・・再発・転移が怖いので、以来毎月検査に通っています。

CTスキャンを使って検査したところ肝臓に影が見られ「肝臓ガンに転移した恐れがある」といわれました。

 

そして2ヵ月後にMRIを使ってもう一度精密検査をすることになったのです。

それから、息子が持ってきてくれた粉末のキトサンを朝晩3杯ずつ飲むようになりました。

そして迎えた精密検査。

なんと「全然影がない」といわれたのです。

長いこと診ている主治医の先生も「おかしいな。そんなことはあり得ないんだがな・・・・・・・・」

と首をかしげるばかり、

けれども私は、食事がおいしく、とても元気になってきたことは自分自身でも実感しています。

こちらで購入した低分子粉末キトサンを続けようときめ毎日飲用してます

Sさん 長野県

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

甲状腺がん甲状腺がんの診断には触診が重要です

 甲状腺がん 

甲状腺は頸部の正面下方に、のどぼとけにつづく気管を取り巻くように、位

置しています。

蝶のような形でサイロキシンという全身の細胞の新陳代謝に関与するホルモ

ンを分泌します。

甲状腺がんは、全がん症例の1%程度と言われています。

性別では女性に多く男性の約3倍で、年齢では、50代、40代、30代の順に多

いそうです。

症状で一番多いのは、甲状腺のしこりです。

それは殆どの場合に自覚症状がありません。つまり何の痛みも異物感も感じ

ません。たまたま鏡で見てはれていることをみつけたり、何気なくさわって

みてわかったり、人にいわれたり定期検診でみつけられたり、他の疾患で受

診して、その医師に指摘されて、わかるというのがほとんどです。

甲状腺がんの診断には触診が重要です。がんらしい硬さ、不平滑な表面と形

そしてその可動性を診ることによって70~90%まで診断はつくとされていま

す。

なお、細胞内の遺伝子は親から子へ遺伝情報を伝達します。親から子に継承

される遺伝子のある種の変化により、特に甲状腺髄様がんが誘発されること

があります。

甲状腺癌の原因は、現在でもはっきりとはわかっていませんが、遺伝による

もの・ヨード(ヨウ素)の過剰摂取と言われています。

もともと甲状腺の病気には遺伝が危険因子と考えられるものが多く、バセド

ウ病などの甲状腺の病気もやはり近親者が同様に病気になっていることが多

いようです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.