未分類

キトサンの健康食品を選ぶポイントは

投稿日:

キトサンの吸収率は、ウサギや牛などの動物では従来の高分子キトサンでも
およそ28%という値を示すことが実験などからもわかっており、
すでに牛などの家畜の病気予防や治療に使われ、すでに効果を発揮しています。

ところが、人体での吸収率はわずか数%という低さです。
そのため人間においては水に溶けにくい高分子のキトサンをそのまま体内に
とりいれても、そのほとんどは吸収されずに排出されてしまいます。

したがって、よほどの量のキトサンを摂取しないかぎり、期待した効果を
得ることができません。

これではキトサンの利用者から「毎日飲んでいるのにいっこうに効果があらわれない」といった声がでるのもしかたがありません。

ではキトサンの健康食品を選ぶ場合、どのようなものを選べばよいかということですが、 まずなんといっても低分子で水に溶けるキトサンであることが大事です。

つまりそれは 水溶性キトサンであるということです

ただし水溶性キトサンであれば何でもよいかというと、そうではありません
一口に水溶性といっても、その製造方法などいくつかのタイプがあります。

たとえば従来の強酸や過酸化物を使ってキトサンを低分子化する方法では
量産が難しいだけでなく、健康食品としての安全性にも不安が残ります。

ある種の酵母や酵素を用いた独自の方法 バイオテクノロジーを利用することで、副生製物の発生も抑えることができるようになり低分子化した水溶性
キトサンの大量生産も可能になりました。

その製造方法でつくられた水溶性キトサンの分子量は2000~6000という
低分子であるため、非常に水に溶けやすく、体内吸収率は90%以上という
高さです。
しかも純度はほぼ100%を保ちながら、大量生産が可能になったため
販売価格も従来の水溶性キトサンの約半分とたいへん安くなりました。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

-未分類