低分子水溶性キトサンがん対策についてあなたが知っておかなければならない6つの事実!

FrontPage

キトサンのガン抑制効果は○○の働きが深く関与

キトサンのガン抑制効果はさまざまな研究成果からも明らかになって
いるんですよ!

○○ってのは'キレート'の働きが深~く
関係してたりします。

キレートって何=キレートとは、ギリシャ語で「カニのハサミ」という意味で、吸収されにくい養分をアミノ酸や有機酸によってカニバサミのようにはさみ込んで、吸収されやすい形に変えたり、反対に有害物質を無害化したりする。 作物が根酸を分泌して周囲にあるミネラルをキレート化して利用しやすくするのはその典型である。 錯体とは、金属を有機物が包み込んだ状態で、吸収されやすい一つの物質のように振る舞う化合物をさす。 光合成を司る葉緑素(クロロフィル)は苦土を包み込んだ錯体だし、血液中のヘモグロビンは鉄を包み込んだ錯体である。低分子キトサン

キトサンを飲用し続けるとどうなる?

血液中のキトサンの量は時間の経過とともに徐々に減少してきますが、
継続的にキトサンを飲用し続けることで、たくさんのアミノ基がガン細胞
を包み込むように捉えます。

結果的に、'ガン細胞は栄養補給路を絶たれ餓死してしまいます'
(秤量攻めですね) ですから私は キトサン飲用者さんへ
アドバイスさせてもらうときは、必ず一定期間結果がでるまで継続を
促すのはこういった理由からなんです。

キトサンを経口服用すると→小腸から吸収され→やがて血液中に溶け込むんです。
そして血液に溶け込んだキトサンは血流とともに全身を循環するんです。

体のいろいろな組織で調べるとキトサンの存在を確認できます。

つまりこうです。
口から摂取したキトサンは体中の細胞に行き渡るわけです。
約1~2時間くらいで血液中のキトサン量がピークに達します。

このときもしも、体のどこかしらにガン細胞があると、キトサンは
その特性であるキレートの働きでがん細胞を掴みます。

是非とも 今や二人にひとりといわれているガンの脅威を克服して
いくためにも 低分子キトサンを活用していってもらいたいですね。

''上記の理由から当社ではキトサン飲用者さん(低分子キトサン粉末)購入者さんへの飲用方法としては、上記のことを踏まえて、血液中にキトサンがなるたけ
吸収され常時血中に存在してくれることが望ましいので、一日3回~5回くらい
分けてキトサンを飲用してもらうようにお勧めしております。''

''
キトサン使用でのがん治療の研究ってどうなっているんですか?''
キトサンを利用した研究成果って
すでに様々な分野で生かされているんですが
なかでも注目を集めているのが、その高いがん抑制効果
多くの体験例からも理解できますが、実験結果での
キトサンの抑制率はなんと90%越えというデーターも

いずれにせよ現代医学をもってしても
満足のいく治療結果というものがさほど
得られるにいる現状のがん対策で
キトサンがはたす驚くべき成果をもたらしていることは
事実です。
がん細胞
以下メカニズムについて説明しておきます
''
①免疫力を高める効果で細胞のガン化を食い止める
キトサンにはナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化
する働きがあることがすでに(大学研究グループにて)確認
されております。

NK細胞というのは免疫細胞の一種で非常に
攻撃力が強く、がん予防・がん治療という面でも
たいへん重要な役割を果たしております。

人の体内では健康な状態であったとしても常に
がんの芽がつくられているといわれており
NK細胞ががんの芽を異物として認識し
退治してくれているわけです。

NK細胞を活性化することがんの芽を殺滅し
細胞ががん化することを防ぐことにつながって
いるんです。

②がん細胞を包みこみ増殖を抑止する
キトサンにはがん細胞の増殖を抑える働きが
あることも、さまざまな実験からもわかって
います。

キトサンが直接がん細胞を殺す働きはないものの
がん細胞を包みこむようにしてその働きを抑止
するからだと考えられています。

③がん転移を防ぐ
北海道大学の免疫学研究グループが行った
実験結果に 人体の生体膜と同じ状態にした特殊
フィルターを2つ用意し、がん細胞のみのものと
がん細胞とキトサンをいれ、数時間がん細胞を
培養し比較

結果はキトサンを加えたがん細胞は増殖できません
でした。
キトサンにはがんの転移をブロックする作用があることが
わかりました。
''
④がん症状を和らげ、がんに対抗する体をつくる''
がん細胞が排出する毒素のうち強力なもののひとつ
トキソホルモンLがキトサンによって吸着除去される
ことによって''患者を苦しめる疼痛・食欲不振・下痢・衰弱
''
などといった症状が緩和されます。

三大療法との併用で効果を促進する
現在のがん治療は、外科施術と抗がん剤の投与
そして放射線療法のいわゆる三大療法はいずれも
患者にとっては苦痛を伴います。

キトサンと併用する療法にすることで
抗がん剤や放射線照射がもたらす吐き気、脱毛
白血球減少といったいわゆる副作用を
軽減し 患者のダメージを抑えることが
実験や体験談から実証されております。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

しみの改善