低分子水溶性キトサンがん対策についてあなたが知っておかなければならない6つの事実!

FrontPage

キトサンのガン抑制効果は○○の働きが深く関与

キトサンのガン抑制効果はさまざまな研究成果からも明らかになって
いるんですよ!

○○ってのは'キレート'の働きが深~く
関係してたりします。

キレートって何=キレートとは、ギリシャ語で「カニのハサミ」という意味で、吸収されにくい養分をアミノ酸や有機酸によってカニバサミのようにはさみ込んで、吸収されやすい形に変えたり、反対に有害物質を無害化したりする。 作物が根酸を分泌して周囲にあるミネラルをキレート化して利用しやすくするのはその典型である。 錯体とは、金属を有機物が包み込んだ状態で、吸収されやすい一つの物質のように振る舞う化合物をさす。 光合成を司る葉緑素(クロロフィル)は苦土を包み込んだ錯体だし、血液中のヘモグロビンは鉄を包み込んだ錯体である。

キトサンを飲用し続けるとどうなる

血液中のキトサンの量は時間の経過とともに徐々に減少してきますが、
継続的にキトサンを飲用し続けることで、たくさんのアミノ基がガン細胞
を包み込むように捉えます。

結果的に、'ガン細胞は栄養補給路を絶たれ餓死してしまいます'
(秤量攻めですね) ですから私は キトサン飲用者さんへ
アドバイスさせてもらうときは、必ず一定期間結果がでるまで継続を
促すのはこういった理由からなんです。

キトサンを経口服用すると→小腸から吸収され→やがて血液中に溶け込むんです。
そして血液に溶け込んだキトサンは血流とともに全身を循環するんです。

体のいろいろな組織で調べるとキトサンの存在を確認できます。

つまりこうです。
口から摂取したキトサンは体中の細胞に行き渡るわけです。
約1~2時間くらいで血液中のキトサン量がピークに達します。

このときもしも、体のどこかしらにガン細胞があると、キトサンは
その特性であるキレートの働きでがん細胞を掴みます。

是非とも 今や二人にひとりといわれているガンの脅威を克服して
いくためにも 低分子キトサンを活用していってもらいたいですね。

''上記の理由から当社ではキトサン飲用者さん(低分子キトサン粉末)購入者さんへの飲用方法としては、上記のことを踏まえて、血液中にキトサンがなるたけ
吸収され常時血中に存在してくれることが望ましいので、一日3回~5回くらい
分けてキトサンを飲用してもらうようにお勧めしております。''

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

しみの改善