脳腫瘍に水溶性キトサン

このエントリーをはてなブックマークに追加

通常、悪性腫瘍のことをガンっていっていますが

頭蓋内に発生する腫瘍は、良性。悪性問わず

脳腫瘍と呼びまして

良性腫瘍は脳細胞の周辺から発生し、進行がゆっくりで

正常な細胞との境がはっきりしていて浸潤しません。

 

悪性腫瘍は脳組織内部から発生し、

増殖のスピードも早く周りの組織に浸潤します。

発生率はどちらも5分5分

しかしたとえ良性だからといってほっておくわけに

いかないのが他のガンと違うところで

脳は一定の容量で頭蓋骨の中に一定の容量で

収まっていますが、

 

腫瘍が増大して容量が増すと、頭蓋内の圧力が

高くなり脳を圧迫やがて重大な障害につながり

したがって良性腫瘍でも悪性と同様に摘出する必要が

あります。

 

脳腫瘍には良性悪性 30種以上あり

良性腫瘍の5年生存率は約90%

悪性腫瘍の場合はその種類により異なり

なかでも悪性度が高く、最も多く発生する

グリオーマで17%と治療成績は良くないです。

脳の場合他臓器にくらべて未知の部分が多くあり

現状では、水溶性のキトサンを利用することも

貴重な方法となりえます。

 

0-40

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメントを残す