ガン対策 キトサンについて

抗がん剤これだけ危険だけどなんとかならないか

投稿日:

抗がん剤治療とか放射線治療って、場合によってはというか
誤って人体の正常な細胞も傷つけてしまうこともあるわけで

いくら現代高度医学が発達してきているからといって
ひとたび病医に通院 入院することになれば、

まず検査=放射線を治療する前から浴びることになる
これは被爆と一緒です。

なんで人によって白血球が極端に減少したりすることもあり
そのうえ治療ともなれば、抗がん剤 さらに放射線で
細胞はズタズタにされるわけです。

病院って危険な場所 ・・

できればいきたくないですね
私も低分子キトサン(水溶性キトサン)を販売するにあたり
多少の医療現場を営業マン時代担当したことがありますが

某メーカーの抗がん剤工場見学行ったときはは
それはそれはものすごいスピードで抗がん剤を
製造しているラインを見学しました。

部署担当者に「一本いくらで一日どれくらい製造してるんですか?」
ときいたら
すさまじい金額を生みだしているわけでした。

肝心の抗がん剤の中身ってあれ 毒ですからね
もう一度いいます 毒なんですよ人間の体に
療法とかいって医者は平気な顔して毒を注入してくるわけです

 私はそのとき恐怖しか感じられませんでした。
もしも自分ががん発病して、

こんなラインで製造されて大儲けしている毒を
体全身にぶち込まれるなんて

正直耐えられません。

というか絶対お断りしますね
病院が体の具合を検査する機械はたくさんありますから

自分の健康状態を管理するために低分子キトサンを飲用して
その飲用結果を数値で知りうるためとして医療期間を活用する
ならいきますが。

0-05
行ったとしても絶対医者の言いなりになるつもりは
はっきり言って皆無です。

だって言いなりンなったら殺されても
文句言えない状態にされてしますわけですから・・・恐怖

あなたも私が推奨する低分子(水溶性)キトサン飲用して
医者の言いなりにならない健康管理しましょう。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

-ガン対策, キトサンについて
-, ,