キトサンについて

子宮がん

更新日:

子宮がんによる患者数 死亡数は減少傾向にあり

ここ半世紀で半減に近い数字になっています

子宮がんは女性の性器ガンである卵巣がんなどと比べると

治りやすいがんです、治療率の向上は、子宮がん検査によるものです。

症状がでてから病院で受診した人の治癒率が60%であるのに対して

検査で発見された人の治癒率は90%に達するというデータもあります。

 

子宮がんには子宮の入り口あたりにできる子宮頚ガンと奥の部分にできる

子宮体ガンのふたつがあります。

子宮頚ガンは30歳代から多くなり、子宮体ガンは若い人にはまれです。

発症のピークはどちらも50歳前後といわれています。

キトサン療法では放射線療法や黄体ホルモン療法などと併用して

治療効果は非常に向上します

一日5~6gの服用で免疫力が活性化され、手術の場合も予後の回復が

大幅に促進されます。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

-キトサンについて
-