キトサンについて

好転反応が心配なときの飲用方法について

投稿日:

次にあげる 好転反応を弱める飲用法は参考になると

思いますので紹介しておきます。

好転反応とは、「新しい刺激に対して、身体が反応しているという現れ」

であり、

 

身体が順応するまでの一時的な現象であるとするなら、

キトサンを急激に多くの量を飲用するのではなく、

少量からまずはじめて、体がキトサンに次第に

なれていくようにすればいいわけなんです。

 

最初の1週間は1日0.5~/一日量からはじめて

体調の変化の様子を見ます。

 

その後様子を見ながら

一日1g(約10~14日)たったくらいから徐々に量を増やして

みましょう。

このように徐々に増量してキトサンになれていくのです。

このような方法で飲用したとしても、増量した段階で好転反応

が激しく出てしまう人もいます。

好転反応の出方でからだのだこが悪いかが

わかるか・・

好転反応がどのような形で、どのような場所に出るかで

どこが悪いか判断できれればよいのですが、

はっきりとしたことはいえません。

当然出方は人によって違いがあるので

ただいえることは、

この反応をつきぬけキトサン飲用を継続

飲用されている方は等しくなんらかの

飲用結果をつかまれて

継続をされているという事実です。

0-16

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

-キトサンについて
-, , ,

Copyright© キトサン効果 低分子キトサンで健康ボナンザ , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。