ガン対策 キトサンについて

一歩進んだ抗がん対策

投稿日:

J.フォークマン博士が開発した新薬 に注目!

この新薬はアンジオスタチンとエンドスタチンという2種類の

タンパク質。

がん細胞を直接叩いたりするのではなく、その成長を止め

死にいたらしめるという画期的な開発なんです。

この薬自体は、がん細胞に働きかけて、叩き潰すといったものではなく、

アンジオスタチン及びエンドスタチンという微量ながら人体に存在するたんぱく質の、血管形成に対する阻害作用を利用し

がんが新しくつくった毛細血管を破壊してしまうのです。

がん細胞は栄養分や酸素を取り入れることができなくなり、

成長できない~衰弱死ということになります。

従来の西洋医学のがんに対する考え方の主流を占めて

いたのは 切る(手術) 焼く(放射線治療) 殺す(抗がん剤)

という治療方法でした。

 

いずれもがん細胞に直接攻撃をしかけるものです。

その結果がんはやっつけたのだけど、患者も死んでしまった。

という悲劇が繰り返されてきたのです。

しかしJ・フォークマン博士の新薬は・がん細胞を直接叩くことをやめて、栄養と酸素を絶って、転移を防ぎ、がんそのものを無力化

がんは無秩序に増殖し、正常な組織に浸潤し、これを破壊し、さらに転移するというやっかいな性質をもっております。

その活動力を断てば、がんは縮小し無害な状態にしてしまう。

基本思想:この考え方こそ水溶性キトサンの抗がん作用とまったく同じ思想です。

しかも体内にある物質を活性化させることで、がんに対応していくという点でも一致しています。

副作用の心配もないのも水溶性キトサンと同じです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

-ガン対策, キトサンについて
-, , , ,