キトサン 成果を高める賢い飲み方

このエントリーをはてなブックマークに追加

キトサンを飲用すると胃の中にはいり、胃酸で溶け

ゲル状(液体)になって小腸から大腸に移動します。

その間に、リゾチームや腸内細菌から出るキトサナーゼという酵素

によって分解され、キチンオリゴ糖キトサンオリゴ糖になって

腸内吸収されるといわれています。

キトサンそのものに腸内のビフィズス菌の増殖作用がありますが、

病気になってしまう人は一般的にこのビフィズス菌の働きが弱いと

いわれています。

そのためキトサンの成果を高めるためには、ビフィズス菌の増殖を手伝って

あげる必要があるわけです。

それでは、ビフィズス菌そのものを飲用すればよいのではと思いますが、

飲用したビフィズス菌はほとんど胃酸で死にます。

ですのでオリゴ糖をのむほうがいいです。

オリゴ糖は、砂糖に代わる甘味料と期待されてますし

砂糖が体内ですぐに吸収されるのに対し、オリゴ糖は吸収されず

大腸に到達し、ビフィズス菌の餌になって

ビフィズス菌を増殖させるので、腸内の善玉菌を増やし

免疫力を高めるものとして注目を集めている物質です!

 

020

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメントを残す