キトサンで口内炎に対処できる

このエントリーをはてなブックマークに追加

口腔内のトラブルにおいても、キトサンが利用活用できます。
口内炎ができた時には、清潔な手で患部に直接キトサンを塗布してください。
自然にとれてしまったら、再度塗るをなんども繰り返すと治りが早くなります。

また、歯茎が腫れてしまったり、出血も粉末のキトサンなら指でとって塗布して
よくマッサージしてあげることで、出血を抑え、歯茎を引き締める効果があると
いわれているんです。

日本人の成人のほとんどが、程度の差はあれ歯周病にかかっているといわれています。
キトサン粉末を歯ブラシにつけて歯磨きすると、抗菌効果とともに歯をコーティング
する作用もあり、ばい菌の増殖を防ぐといわれています。

口の中の衛生管理は内蔵にも影響しますから
口は内臓の入り口でもあるわけなんで、キトサンを活用して
ください

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメントを残す