ガン対策 キトサンについて

キトサンあなたを強くするがん予防と治療 免疫療法

投稿日:

がんというのは遺伝子の病気であって幾多の要素が複雑に絡みあって

がんになりやすい体質が形成され、なんらかの発ガン作用が加わり

がん細胞が形成されるので、いろいろながん治療法がありますが、

決定的な予防法がない病気でもあります。

 

とくに環境・有害物質の体内侵入を完全に抑えることはむずかしいです。

ストレスや活性酸素の発生も防ぎきるのはむずかしい課題です。

がん細胞の増殖は急激におころものではなく、免疫機能やがん抑制遺伝子

との闘いを繰り返し、5年10年と長い時間を経て、ある時点から急速に加速

してくるのです。

ある程度の塊になってくると自然に細胞がばらけて、血液やリンパ液に乗り

場所を変え、定着します。

 

新たな場所に定着したがん細胞は、分裂増殖を繰り返し、領域を拡大していきます。

転移といわれるものです。

がんになると痛みや食欲不振になってしますのは、増殖した細胞が毒素を出し、

食欲や免疫力にダメージを与えるからで、末期のがん患者さんの大多数は栄養障害

が起き、がん細胞に栄養分を奪われてしまうから衰弱してしまうのです。

がん細胞の異常増殖、転移を阻害できればがん進行は止まり、根治も

可能になってくるということです。

たとえ異常増殖がはじまったとしても、転移阻止できれば対応は可能です。

がんのだす毒素を抑えることができれば、体の抵抗力も温存できれば、

治癒にもちこむことが可能になります。

そのような物質や方法はないのでしょうか?

それがあればがんの予防だってできるわけですし、たとえがんを発症したとしても、

延命や治療が可能になるわけです。

 

じつはそのような物質こそ水溶性のキトサンの働きになるわけです。

もちろん水溶性キトサンはがん予防だけではなく、抗ガン作用を発揮して

くれる物質で、今後さらに期待がたかまってくるわけで、

ますます活躍してくれる、たのもしい物質なのです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

-ガン対策, キトサンについて
-, , , , , ,