キトサンについて

キチン・キトサンとはどうゆう物質か?

更新日:

今や健康食品の中でも人気を誇るキチン・キトサン

その知名度は健康食品の雄といっても過言ではないです。

 

キチン・(chitin)ですがこれはカニやエビなど甲殻類の甲羅に

含まれる主要な成分で、いわゆる含窒素多糖類と呼ばれるものです。

弱酸やアルカリに強く、石灰を含む度合いで非常に堅いものになります。

1812年フランスの自然歴史学者ブラコノーによって発見され。

1983年にやはりフランスのオジールという科学者によってキチンと

命名されたといわれています。

このキチンは、カニエビの甲羅だけではなく、昆虫の外皮やキノコ類

の細胞壁にも含まれていて、地球上で1年間に生物が生産するキチンの

量はおよそ1000億トンにおよぶといわれているのです。

ところが、キチンは高分子物質であるため分解されにくく

人間にとっては単なるゴミのような存在でしかありませんでした。

日本でもカニ エビの身は食べても、それらの殻は、いつの時代も

始末に困る、やっかいものとして扱われてきました。

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

-キトサンについて