免疫力が正常に働いているうちは・・いいのですが

微小がんが毎日2000~3000個ぐらいは

私たちの体内で発生していると

いわれています。

 

でも免疫力が正常に働いてくれているうちは

それらは摘み取られ、

たいてい発病することはありません。

 

がんが微小のうちに発見できれば、

自分のちからつまり(自然治癒力)で

治癒させることができるんです。

 

ですが、免疫力というのは

年齢とともに衰えていくもので、

当然免疫力が衰えれば

 

がんの増殖が抑えきれなく

発症ということに

 

ですが高齢者にかぎった

ことではなく

中高年や若い人たちの

なかにも

食生活の乱れ

ストレスの蓄積

から免疫力が弱くなっている

人が多く見受けられます

それこそ普段から

意図的に免疫力を高め

予防することが

まず手堅い選択でしょう。

 

がんは自覚症状が現れたり

集団検診や病院の検査で

発見されてからでは

手遅れになるケースが多いのも

よくあることなんです。

 

水溶性のキトサンは微小がんや

進行がんにも多大な効力を発揮してくれます

 

がんは精神面 肉体面に多大な苦痛を

伴う疾病です

家族を含めて周囲の人々も巻き込みます

 

ぜひ家族で水溶性キトサンを飲用実践し

健康生活を維持していただきたいと

思います。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

三大療法以外にがんへ有効な治療法はあるのか

lwdqia3p7u8s_main_1466502900

三大療法 以外に新しいがん治療法はないのか

注目の次世代がん治療法としてもっとも期待が寄せられて

いる方法が 遺伝子療法免疫療法なんです。

遺伝子療法は、遺伝子の異常に端を発するがんに遺伝子で

対抗しようとするものです、治療法には数種類あって

例として、がん細胞に直接がん抑制遺伝子を注入する方法

がん細胞に生理活性物質の遺伝子を組み込んだものを

ワクチンとして利用する方法などです。

これら遺伝子を利用した治療方法はようやく臨床試験段階に

入ったばかりで、遺伝子療法に欠かせない遺伝子を運搬する

ベクター開発で欧米に大きく遅れており、今しばらく時間が

かかりそうです。

一方私たちの体に備わっている免疫力を高めることで、がん

に対抗する方法が免疫療法です。

これまでに外科療法 化学療法の補助的な扱いで行われて

きましたが、バイオテクノロジーがすすんだ今

新たな療法が開発されて注目されています。

 

がん免疫の中心になるT細胞の増殖・活性因子で

あるインターロイキン2とがん患者から採取した

リンパ球を培養して、がんへの攻撃力を増した

リンホカイン活性化キラー細胞(LAK)をつくりだし

再び患者体内へ戻し(養子免疫療法)と呼ばれる治療法も

その一つです。

 

この療法ではすでに肺がん、腎臓がん、脳腫瘍、メラノーマ

などの治療で成果を上げております。

最近においてはもっと強力な免疫力を持つリンパ球をつくる

ために、がんに浸潤したリンパ球をインターロイキン2で培養する

方法も行われております。

これによってできた腫瘍浸潤T細胞(TIL)

はLAKよりも50~100倍もがんに対する免疫力が高い

ことがわかっております。

 

これらの免疫療法は、直接がんを叩く外科療法や化学療法とは

異なり、体がもっているがん細胞を攻撃する力を高めることにより

がん排除をしようとゆうものです。

三大療法のように副作用に悩まされることもなく

患者のQOL損なわずに治療することができることから

これからの主流になりうる治療法として期待が高まります。

もちろ上記の方法は先端医療で高額医療費のかかるがん治療

方法ではまだあります。

それにくらべ現状低分子キトサン飲用は安価で安全で副作用もなく

同じく免疫慮法としてがんだけでなくあらゆる疾病に対し

良い効果 成果が患者さんにもたらされております。

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

キトサンの血圧降下作用

高血圧の元凶といえば、ナトリウムだと考えられていました。
ですが、最近の研究で

血圧の上昇には、実は塩素もかかわっていることがわかってきました。

例をあげれば、暖かい部屋から急に寒い部屋に移動すると
体温が急にさがることを防ぐために、
血管がギュっと収縮 このとき血管を収縮させる物質が
働きます。

この物質に塩素が大きく関わっているのです。

ということは、体内に塩素が多く溜まりすぎると
血管収縮物質が多く生産され、血管が収縮しやすく
血液の通りが狭くなり

当然血圧が上昇することに

それだけでなく塩素には、体内の血圧調整機能
狂わせてしまう働きがあることも
分っています。

キトサンには、血圧が上昇する原因になる塩素
体内に吸収される前に吸着し

体外に排出させてします働きがあると
考えられています。

そのほかにも
血液中のコレステロール中性脂肪を下げる
効果があり、血圧降下に大きな作用をもたらします。

 

0-13

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

慢性疾患克服

「どこまでも出口の見えない迷路をさまよっているようで」

慢性疾患に悩まされ、さまざまな治療や療法を試してもまったく改善されず

闘病生活を送っている人は、きっとこのような心情をもっているのでは

ないでしょうか。

 

「仕方がない」とあきらめている人も多いことでしょう

長い長い慢性疾患との闘いにキトサンで決着をつけた多くの体験者の証言

は、これら悩める人々はの大きな励ましと、キトサン活用の参考になると思います。

 

ただし、あえて表記しておくべきことは、体質改善にはそれ相応の時間もかかる

ということです。

症状がよくなって本人は治ったと思っても、体質そのものが改善

されなければ、再発する可能性がないとはいいきれません。

治ったからといってキトサンの飲用をすぐにやめたりせず、

継続して飲み続けることをお勧めします。

 

体質そのものを改善し、病気と根源的におさらばしたいものです。

 

020キトサン活用

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

キトサン入り野菜ジュースで健康増進

自家製の野菜ジュースで一人1杯あたりの粉末のキトサンを加えてみる。

 

そもそも野菜ジュースは偏食で野菜嫌いの息子に野菜をとらせる目的で

はじめたもの、生野菜も果物もほとんど食べない息子は、

子供の頃からひどいサメ肌でした。

ジュースにキトサンを加えるようになってからは、

ボロボロだった肌がカサカサ程度に落ち着いてきていました。

 

また娘は高校時代からニキビがたくさんできて悩んでいましたが、

キトサンを取り始めてからというものは、肌がみちがえるように

スベスベになってきました。

たまたま旅行に家族でいって、キトサン入り野菜ジュース飲まない

でいたら、

この間またブツブツとニキビができはじめてきました。

肌がきれいになってきていたのはキトサンの

おかげだったんですね

0-60

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

好転反応が心配なときの飲用方法について

次にあげる 好転反応を弱める飲用法は参考になると

思いますので紹介しておきます。

好転反応とは、「新しい刺激に対して、身体が反応しているという現れ」

であり、

 

身体が順応するまでの一時的な現象であるとするなら、

キトサンを急激に多くの量を飲用するのではなく、

少量からまずはじめて、体がキトサンに次第に

なれていくようにすればいいわけなんです。

 

最初の1週間は1日0.5~/一日量からはじめて

体調の変化の様子を見ます。

 

その後様子を見ながら

一日1g(約10~14日)たったくらいから徐々に量を増やして

みましょう。

このように徐々に増量してキトサンになれていくのです。

このような方法で飲用したとしても、増量した段階で好転反応

が激しく出てしまう人もいます。

好転反応の出方でからだのだこが悪いかが

わかるか・・

好転反応がどのような形で、どのような場所に出るかで

どこが悪いか判断できれればよいのですが、

はっきりとしたことはいえません。

当然出方は人によって違いがあるので

ただいえることは、

この反応をつきぬけキトサン飲用を継続

飲用されている方は等しくなんらかの

飲用結果をつかまれて

継続をされているという事実です。

0-16

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

免疫力の低下が病気を増やしている

キトサンは合成された化学物質と違って
生物に対してはほんとんど毒性はありません。

毒性がないということは、薬の副作用などといった社会問題
には気をつかわなくてもすむということです。

このことの意味はとても大きいと思います。
さらにキトサンは生体内に取り込まれれば
自然に分解されるという性質をもっています。

それで人工皮膚外科手術時の縫合糸に使われていて、さらに
、傷口の回復も促すようです。

何といっても一番期待したいのはキトサンの持つ免疫賦活作用です。
免疫力とは、病気になるのを防ごうとする生物が本来もっている力です。

しかし最近、この免疫力が低下してきているために、
いろいろな病気が増えているのが現状です。

私たち日本人は、世界でもっとも物質的に豊かな生活を
送っていますが、そのこととは逆に人間が本来もっている
感性をいささか鈍らせてしまったようです。

「飽食ニッポン」「グルメブーム」という
言葉で表現されるように
食べ物においても、本当の栄養とは関係なく
表面的な五感を楽しませるだけの食事をして
日常生活においては
大量のゴミをだし続けています。

大気は汚れ、水はあらゆるところで汚染され
農薬漬けの食べ物を余儀なくされています、

私たちはもはや自分の力でまっとうな感性や免疫力を
育てることさえ阻まれています。

生まれてくる子供たちは年々抵抗力が低下し、
アトピー小児喘息などのアレルギー疾患
肺炎気管支炎などの感染症が急増しています。

自然環境や社会環境を含めた広い意味での
環境汚染が日本人の免疫力を低下させている
大きな原因であると思われますが、
環境汚染はそう簡単に解決しません。

だからとりあえずその免疫力を復活させる
ことは急務です。

0-21

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.