食事でがん予防

キトサンを飲用し手術以外の道を選択

投稿日:

医師は簡単に、早く切ったほういがいいですよ、といいますが、手術の体力・気力の衰えが心配で、
手術をしない方法を選択したいっていう要望の相談があったりします。

気長な辛抱はやはり必要です
例えば乳がんの手術を受けた場合など、翌日とはいえないまでも、翌々日には食事がとれるようになりますし。
一週間もするとまだ抜糸はできないですが、二週間もすれば糸もとれ、日常生活にさして支障のない身体には
もとりますが、 手術をしないとなると、まずは食事療法からはじめなければなりません。玄米菜食は一食や二食なら
どうということはありませんが、毎食となるとかなりつらいことになります。

また漢方薬も苦く口にあわないものを飲み続けなければならないし、健康食品も高いお金を払っていろいろなものを
ためしてみることになります。

ガンの腫瘍は簡単に小さくなったり不通はしませんから、結果は急にでません。
食事療法や漢方やその他代替療法で、気長にやっていかなければなりません。

ですから手術を受けるより逆にストレスがかかることもあると説明を受けたりもしますが、
それでも手術が嫌いな人は徹底して手術を拒みます。

食事療法は奥さんにも指導して協力を仰がなければなりません。
長い期間の辛抱が必要ですから、途中で「やはり手術をします」と考えが変わる人もおります。
ただ手術を受けても絶対に再発しないという保証などありませんから、再発予防のためにも食事療法や
低分子水溶性のキトサンで飲用を続ける再発予防策も選択肢にあるわけです。


≪癌≫医者嫌いの私の父も実践済ガン治療に効果的な食事法

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

-食事でがん予防
-,

Copyright© キトサン効果 低分子キトサンで健康ボナンザ , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。