0-40

食道がん 総合的な治療戦略

このエントリーをはてなブックマークに追加

高齢者に多くリンパ節転移の確率の高い食道がんは、90%が扁平上皮がんなので、

放射線治療も有効ですが、しかし放射線治療だけでは思うように治癒しないときには、

手術をを中心に化学療法を併用するケースもよくみられます。

 

リンパ節に転移した場合、手術にとって代わる治療法は、見出されておりません

術前・術後の補助療法として、放射線と抗がん剤を用います。

抗がん剤はプレオマイシン、シスプラチンなどが有効ですが、決して高い

有効率を示しているわけではありません。

また術後の補助療法としても確立されているわけではないです、

 

治療の中心は手術ということになりますが、技術的進歩や術後の管理の向上によって

昔のように大手術という感じではありません。

高齢者が多いことやリンパ節への転移率の高いことなどのために、総合的な治療戦略

必要です。

たとえば水溶性キトサンなどの健康食品との併用が、非常によい結果をもたらした報告など

多数の患者さんからの声も寄せられています。

水溶性キトサンは、渋みがあるので、少量に分けて数回飲用をおすすめします。

放射線および抗がん剤の副作用軽減のためには、水溶性キトサンを一日3g~5gほど

摂る必要がでてきます。

病状をよく知ったうえでの総合的な治療方法は、食道がん治療にとって大事なんで

主治医とよく相談しよく考えて、多角的に闘うことです。

そうすれば、治療率は決して低いものではないです。

 

0-40

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメントを残す