膀胱ガン

このエントリーをはてなブックマークに追加

40歳以上の男性に多いガンです。
表在ガンと浸潤ガンとに分けられます
表在ガンはほとんど転移というものはありませんが、再発を繰り返します。
膀胱ガンの70%が表在ガンです。

浸潤ガンは転移しやすく、肺や肝臓へ40%以上の確率で転移するといわれています。
膀胱ガンの初期の症状というのは、痛みのない血尿が出ることです。

何日も続けて出るということはあまりなく、しばらくして自然に止まります。
痛みもなく血尿も止まったためそのままにしてしまう人が多いのですが、
この間にガンが進行することになります。

血尿が出たからといって、すぐにガンと思いこんでしまう必要性はないですが、
泌尿器科で診察を受けて検査したほうがいいです。

表在ガンの手術では、膀胱を温存する経尿道手術が行われます。
これは開腹の必要がなく、尿道から内視鏡をいれて高周波電流を流してガンを切除します
また電流ではなくレーザーで焼きつくす方法もあります。

内視鏡をつかった手術の後再発防止のために抗がん剤や結核予防のワクチンのBCGを
膀胱内に注入する方法も行われます。

浸潤ガンの場合には開腹して膀胱全摘手術を行うのが一般的で、しかし最近は手術前の抗がん
剤動脈内注入法を組あわせて、膀胱を残そうといおう試みもあります。

膀胱ガンは決して治りにくいガンではありませんが、再発しやすいので、
水溶性キトサン(低分子キトサン)を飲むことをお勧めいたします。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメントを残す