好転反応が心配なときの飲用方法について

次にあげる 好転反応を弱める飲用法は参考になると

思いますので紹介しておきます。

好転反応とは、「新しい刺激に対して、身体が反応しているという現れ」

であり、

 

身体が順応するまでの一時的な現象であるとするなら、

キトサンを急激に多くの量を飲用するのではなく、

少量からまずはじめて、体がキトサンに次第に

なれていくようにすればいいわけなんです。

 

最初の1週間は1日0.5~/一日量からはじめて

体調の変化の様子を見ます。

 

その後様子を見ながら

一日1g(約10~14日)たったくらいから徐々に量を増やして

みましょう。

このように徐々に増量してキトサンになれていくのです。

このような方法で飲用したとしても、増量した段階で好転反応

が激しく出てしまう人もいます。

好転反応の出方でからだのだこが悪いかが

わかるか・・

好転反応がどのような形で、どのような場所に出るかで

どこが悪いか判断できれればよいのですが、

はっきりとしたことはいえません。

当然出方は人によって違いがあるので

ただいえることは、

この反応をつきぬけキトサン飲用を継続

飲用されている方は等しくなんらかの

飲用結果をつかまれて

継続をされているという事実です。

0-16

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

乳がん体験談から何を学べますか?

左乳房にシコリがあり、乳がんと病院で判明。

手術で左乳房を切除することをすすめられまして

ずい分と悩み抜きました。

いろいろ本も読んだり、乳がんは手術で取るのが

最も有効で、90%以上の高い治癒率であることは

わかったのですが、

片方の乳房が失われてしまうのはどうしても

抵抗がありまして手術を断固拒否しました。

 

健康食品についても調べましたが、たくさん

あってどれがいいのか迷ってしまいました。

そんなとき友人が、水溶性のキトサンを紹介して

くれました。

大学でのキトサンの基礎研究や医師の臨床結果を

読み、これはいいものだと理解できたので、

すぐ飲みはじめることにしたんです。

最初は少ない量からはじめてだんんだんと量を

ふやしていきました。

最初はなんでもなかったのですが、

目が充血したり顔が赤くなったり かゆみがでたり

しました。

友人いわく「それ好転反応よ」と説明してくました。

飲み続けいましたらしばらくしたら、

この反応もなくなりました。

一ヶ月飲用しつづけて、病院で検査してもらうと、

大きくもなっていないが、小さくもなってないが

転移も認められないという結果でした。

傷みは感じなかったし、副作用もないので

このまま維持すればいいと思いました。

そして一日5回にわけて水溶性のキトサンを

量を増やして飲み続けました。

さらに一ヶ月経過し検査。

がんが半分くらいに小さくなったといわれました。

主治医は「今がチャンスですがんが小さくなったから

手術で取ったほうが確実で安全と」すすめられました。

抗がん剤は拒否し水溶性キトサンのみを飲み続け

手術を受けることにしました。

その結果、術後2週間で退院でき、周りのみなが

驚いていました。病人とは思えないほど

確実に回復していました。

いめでも月1回は検診を受けにいってますが、

転移も再発もまったくありません。

今後も水溶性キトサンを飲み続けて

元気に人生を生きていくつもりです。

005

39歳 山梨県主婦

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

キトサンを飲むとなんらかの変化が現れる

今まで漢方薬を利用したり、健康食品を食べたり飲用している人は、好転反応という言葉をご存知かと思います。また砂療法などの民間療法に取り組んでいたりする人もご存知のはずです。

初めて健康食品を飲用しようとする人にとって、いきなり好転反応といわれても何のことかと戸惑うと思います。あまり耳慣れない言葉ですが、どのようなことなのでしょうか、キトサンの成果に注目してキトサンを飲用した場合、人によっては数日もするとびっくりしたり、これは困ったという状況に出会うことがあります。

体調によってはすぐに出る人がいる一方、逆に2週間後あるいは3週間後に出る人もいます。

またこの状況は人によって出る場合、出ない場合があり、出方も人によって異なります。眠くなったり、だるくなったり、湿疹が出たり、下痢をしたりします。

これが好転反応(調整反応とも呼びます)と呼ばれるものです。

必ずしも全ての人に出るというわけでもなく、また出ないからといって成果がないってことでもありません。

身体が新しい刺激に対して反応している現われで、一時的な現象といわれています。

①キトサンの飲用量が少ない人より多い人のほうが出やすい。

②粉末とカプセルの比較では、粉末のほうが出やすい(粉末のほうがキトサンそのものの含有量が多いことに理由がある)

③10代の若い人や70代以上の年配者は比較的出にくい(もちろん例外もありです)

④体調の悪い人や病歴のある人、蓄積疲労のある人、不規則な生活や食生活の人は、いろいろな反応が出やすい。

⑤数値に表れない内臓器系の病気を持った人や、病気の前段症状の人も出やすい

 

といった一連の傾向が見られます。ただあまりに心配のときは、自己判断せず医師の診断を仰いでください

好転反応がどのように出るかについては医師の確かな臨床例が乏しいので断言はできませんが、飲用するキトサンの飲用量によっても出方が異なるようです

最初から多くの量(一日2回1回あたり1g=1000mg)

を飲んだ場合と少ない量(一日1回 1回あたり0.5g=500mg)の場合との比較では、年齢、体力によっても異なりますが、後者のほうが出方が軽いようです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

水溶性キトサンの好転反応とは何です?

全体からみても数パーセントしかありませんが、
キトサンを摂取した人の中に皮膚の痒み。湿疹、皮膚が赤くなる、目の充血。だるい
微熱などの症状があらわれる人がいます、これが好転反応で、副作用ではありません。

漢方医の説明を借りれば、好転反応は「よくなる過程の一種の反応」であるといわれ
ます。

体内にたまった毒素を排出して浄化する際に。体の弱った部分が反応を起こす現象です。
薬の副作用は、薬をのみ続けているかぎりあらわれますが、
好転反応は、一週間以内に消えてしまうことが多く、まったく心配はいりません。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

キトサンの好転反応とはどうゆうものなの?

キトサンに副作用ってないのですか? こうゆう質問きたりすろときがあります。
今まで漢方薬を利用したり、健康食品を食べたり飲用している人は、好転反応という言葉を知っていると
思います。
初めて健康食品を飲用しようとする人にとって、いきなり好転反応といわれても何のことかと戸惑うはずです。
あまり耳慣れない言葉ですが、いったいどのようなことなのでしょうか、
キトサンの成果に注目してキトサンを飲用した場合、人によっては数日もするとびっくりしたり、これは困ったという状況に
出会うことがあります。 体調によってはすぐ出る人がいる一方、逆に2週間前後あるいは3週間後に出る人もいます。

またこの状況は人によって出る場合、出ない場合ががあり、出方も人によって異なります。
眠くなったり、だるくなったり、湿疹がでたり、目が赤くなったり、下痢をしたりします
これが好転反応(調整反応とも呼ぶ)と呼ばれているものです。
キトサンを飲みはじめると早い人でその日か翌日に便秘や下痢になったりすることがあります、場合によっては、
吐き気や腹痛をおこし、症状がかえって悪化したようで不安になるかと思います。これは、好転反応(調整反応)と
呼ばれる一時的な反応です、漢方では瞑眩と呼んでおり、むしろ回復の兆候として歓迎していい反応です。
これは、新しい刺激に対して、身体が反応しているという現れであり、身体が順応するまでの一時的な現象といわれて
います。

必ずしもすべての人に出るわけでものなく、またでないからといって私にはキトサンが向いてないようだ成果がなさそうだとは
いえません。
好転反応は人それぞれ以下に指標をあげておきます。

① キトサンの飲用量が少ない人よりは、多い人のほうが出やすい
② 粉末とカプセルとの比較では、粉末のほうが出やすい(粉末のほうがキトサンそのものの含有量が多いことに理由がある)
③ 10代の若い人や70代以上の年配者には、比較的出にくい(もちろん例外もある)
④ 体調の悪い人や病歴のある人、蓄積疲労のある人、不規則な生活や食生活の人はいろいろな反応が出やすい。
⑤ 数値に表れない内臓器系の病気を持った人や、病気の前段階症状の人も出やすい。

といった傾向が見られます。
好転反応が出るとおいうことは漢方の世界では一般的に歓迎すべきこととされています。
ただし専門家である漢方医でも、好転反応と副作用の見分けが非常に難しいとされていますので、好転反応らしきものが出たときは
キトサンの飲用を一時中断するか飲用量を調節するかして様子をみるようにしてください。

心配なときは、必ず医師の診断を仰いでくいださい。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.