ガン対策に関して

このエントリーをはてなブックマークに追加
【 サイトカイン療法 】 サイトカイン療法とは、その名の通り免疫細胞の伝達物質サイトカインを使 って免疫機能全体を強化する治療法です。 サイトカインというのは免疫細胞などいろいろな細胞が分泌して、周囲の細 胞を活性化する物質一般のことを言います。 遺伝子工学の進歩で、そのような物質を大量に手に入れることが出来るよう になり、治療に使われるようになりました。 例えば黒色腫や腎臓がんに対してインターフェロンやインターロイキン2 を用いる治療は健康保険の適用にもなっています。 しかし、サイトカインは本来、それを作る細胞と隣接した細胞との間で局所 的に作用するものであって、全身投与によって効果を出そうとすると大量に 使用しなければならず、大量のサイトカインは強い副作用を生じるという問 題があります。そのため期待されたほどの展開がありませんでした。 それに続いて登場したのが免疫細胞療法です。これは体の細胞を体外に取り 出して培養・加工することを利用した細胞療法という新しい治療法の一つで す。       抗癌剤はそれぞれどうゆう癌に用いられるのか ① アルキル化剤・・・・・・肺癌  前立腺ガン、偏平上皮ガン、 慢性骨髄性白血病、悪性黒色腫など   ② 代謝拮抗剤・・・・・・・急性白血病 消化器ガン 乳がんなど   ③ 抗ガン性抗生物質・・・・急性リンパ性白血病  偏平性上皮ガン 胃ガン 膵臓ガンなど   ④ アルカロイド剤・・・・ 急性白血病  悪性リンパ腫 肺ガン など   抗癌剤はガン細胞の増殖速度が早いガンほどよく効く傾向があります。そのため血液のガンに有効なもが多く 固形ガンに対しては アドリアマイシンやシスプラチンが開発されるまでは、あまり有効なものはありませんせした。 今日もすべてのガンが抗癌剤で根治できるわけではありません。     抗癌剤の副作用は? 抗癌剤の開発の歴史は、そもそも第二次世界大戦中にアメリカで行っていた毒ガス兵器の研究からスタートしてます。 1924年 アメリカ政府の依頼を受けてエール大学で開発されたナイトロジェンマスタードという液体化合物を解剖学者 トーマス・トハティ博士が腫瘍をもつマウスに注射してみたというのです。 すると腫瘍が縮小し通常なら3wほどの寿命が84日間生き続けたのです。 膨大な時間をかけて抗癌剤が開発されました。 すべて大量殺戮兵器の毒ガスの開発から生まれたものです 抗癌剤は人間の体にとって毒物でもあるのです。「毒をもって毒を制す」という言葉がありますが 抗癌剤のガン細胞を死滅させる作用が、正常な細胞までおよんでしますため、使い方によっては患者に重大な 危険をもたらす、諸刃の剣 したがって、副作用も抗癌作用のつよいものほど強くでます。 代表的な症状としては 悪心 嘔吐 食欲不振 下痢 発疹 口内炎 脱毛 倦怠感 などがありますが、そのなかでもとくに気をつけなければならないのが 骨髄障害による白血球の減少  です。 白血球 が減少すると免疫力が低下し感染症などにもかかりやすくなります。 ときには肺炎や腎不全 心不全といった生命をおびやかすような疾患をもたらすことがあります。 その結果「ガン細胞は死滅したが患者も死んだ」 といったことさえ起こりえます。   アルキル化剤をはじめとする抗癌剤にも発がん性があるのではないかといわれていましたが、最近の追跡調査で 手術後 の補助的化学療法で抗癌剤を使用した場合、胃がんや大腸がんといった二次ガンを引き起こす可能性 が高くなることが改めて判明いたしました。 そのため現在ではガンの種類や症状などを考慮しながら、副作用が異なる数種類の抗癌剤を用いいて副作用を分散 させる多剤併用療法が広く採用されています。 いづれにしろ抗癌剤は副作用がつきもので場合によってはとりかえしのつかない事になったら、治療効果はどの程度 期待でき、またどのような副作用が予想されるのかを確認しておくべきです。   日本で承認されている抗癌剤は123種類ありますが、そのうち効能が明確に国際的に認められているものは、わずか50腫 ほどです   ですので、いかに抗癌剤治療がリスキーなものであるかは明確になったと思われます。   低分子キトサン飲用することで免疫力=白血球の働きを助けることや免疫全体に及ぼす効果を期待できるので 低分子キトサンだけでガンに立ち向かっていく私の関係患者さんも多いことをここで表記させていただいておきます 選択肢は患者さん自身にありますし。 わたしは生命の尊厳の立場から抗癌剤は全くお勧めいたしません。 大量殺戮兵器そのものを人間に使用する事自体現代医療が如何に悪魔性であるか恐怖を感じるからであります。   遺伝子が体のの内外からストレスによって傷つけられたり、遺伝子のコピーのミスが起きたりして、異常な細胞が生まれてしまいます。 いわゆる突然変異です。 この突然変異こそ、細胞のがん化への第一歩。ただ遺伝子の突然変異そのものは、誰にでも毎日、何千何万箇所も起きている現象で、異常をきたした 細胞はすぐに死んだり免疫に退治されたりすることで、体全体の秩序が保たれています。 ところが稀に、幾重もの防御網をかいくぐって生き残る異常細胞が現れます。 それががん細胞として秩序なく勝手に増え続けていくのです。 がん細胞は自らの活動のため、正常細胞が必要とする栄養分を奪っていきます。さらに、がんが臓器を直接的に破壊したり、がんから出る 毒素が体の機能を害したりします。 こうして患者の体は栄養失調状態になり、脂肪筋肉などが次第に減って衰弱していきます。 「悪疫質」と呼ばれます がんの人が食べていてもガリガリに痩せてしまうのがこの現象。 がん患者のうち4分の一は悪疫質が原因とされています。

ブログ一覧

人間に備わった免疫という素晴らしい仕組み

027

手術・放射線・抗がん剤によるがん治療では得られないこのような結果がなぜ、免疫療法では可能なのか?

本質的にはいろいろ推定されているのですが、

詳しく解明されているわけではありません。

 

人間に備わった免疫という素晴らしい仕組みを知れば、まるで奇跡のようなことが起きる可能性

免疫とがんの関係を中心に免疫についての概略を説明してみます。

 

免疫とは、ある病気に一度かかると、二度同じ病気にかからない現象として良く知られています。

はしかはその代表で、一度はしかにかかると、一生の間、再びはしかにかかることはありません。

 

相当古い時代から、理屈はわからないながらも、このような現象があることを人々は知っていたようです。

 

最近になって免疫の研究が進むにつれ、花粉症やアトピーを始め、さまざまな難病にも免疫が関わって

いることが分ってきました。

 

免疫細胞や抗体といった免疫系が多面にわたって正常な身体機能の維持にかかわっており、それが少しでも異常を

起こすとアトピー花粉症などの病気を引き起こしているのです。

逆に免疫機能がまったく働かなければ、さまざまな病原性の細菌やウイルスに容易に冒されてしまい

人間は一月と生きながらえることはできません。

027

このことは、免疫機能が破壊されるウイルス感染症エイズの結末を見ればよくわかります。

今日における免疫学の分野では未だ不明なことも多く、新たな疑問や発見が出てくる世界なのです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

低分子水溶性キトサン がん予防と治療の新しい物質

0-40

水溶性キトサン ガン予防作用と抗ガン作用

①水溶性キトサンは、ガン細胞を直接殺すわけではないが、ガン細胞を抱え込む作用により、ガン細胞の活性力を奪い、腫瘍新生血管の生を阻害し、その異常増殖を抑制することができるんです。

②低分子 水溶性キトサンは免疫力を向上させ、ガンの浸潤を食い止めることが可能です。

③ガン転移時に必要とされる接着分子と結合することによりガン転移をブロックする働きをします。

④低分子 水溶性キトサンは、ガン細胞などから排出された毒素を吸着除去してくれて、痛みも和らげ、食欲低下症状改善もします。

⑤低分子水溶性キトサンと抗がん剤との併用で抗がん剤の副作用を軽減し、効果持続に貢献します。

⑥放射線治療と併用で、放射線の副作用を抑制し、後遺症のダメージもなくなります。

0-40

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

全摘した胃がキトサンで回復早く仕事に復帰できた

私の母は、5年前に大腸がんで手術をしましたが、肺に転移し結局亡くなりました。

2年前には兄も胃がんになり、胃を全摘して半年で世を去りました。

家族にとっては悲痛な時期でした。

がんになりやすい家族だと思いましたので、

自分は健康診断をきちんと受け、食事にもきおつけていました。

去年の検診で胃にポリーブがみつかり、精密検査を受けました。

組織検査の結果、悪性腫瘍ということで、主治医から手術をすすめられ、

そのまま休職し入院しました。

手術してから抗がん剤の投与を受けて退院しましたが、ものが食べられず、

食べてもすぐ吐いてしまっていました。

全身に痛みがあり、眠れず

心配した友人からいろいろな健康食品を紹介してくれましたが、

試しても自分にはあわなくて、飲んでもやはり吐いてしまうものが

ほとんどでした。

その中で最後に飲んだのが水溶性キトサンだったんです。

 

キトサンに関しては新聞テレビで、抗ガン作用があると報告されており、

医者の中でも治療に使用されているところもあるそうで、

なんとなく信じれそうな気がして

水溶性だから水に溶かして飲みものとかに混ぜて飲用することができるため

楽でした。

1日あたら数回にわけて5g毎日飲用しつづけました。

約1ヶ月たったころ、兄とちがって少し食欲が出てきて

一生懸命飲み続けていました。

3ヶ月経過したあたりで、さらに食欲も出てきて、ほぼ

ほとんどのものを食べられるようになりました。

検査の結果 転移再発もみられず

体調も回復

去年から会社に復帰もはたせました。

1年以上たって前より疲れることも少なくなり

妻も一緒に飲んでいて 不眠や頭痛がなくなったといい

これはもう水溶性キトサンのおかげとしかいいようが

ありません。

さらに夫婦揃って飲用しつづけ

健康管理して元気ですごす自信がわいてきました。

 

茨城県 50代会社役員

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

乳がん 手術が軽くてすみ 

005

乳房にシコリがみつかって、去年 市内の病院に行った

ところ、乳がんと診断されました。

手術で切除することをすすめられて、ずい分と悩み抜きました。

様々な書籍も読み、乳がんは手術で取るのが有効で、高い確率

治療率なのはわかったんですが、

どうしても片方の乳房が失われることには、抵抗があり

手術を拒み続けました。

健康食品についてもいろいろ調べてみたんですが、数々あって

どれがいいのか分らなくなってしまいました。

 

そんなとき、友人が「水溶性のキトサンがいい見たいだよ」と

声をかけてくれました。

私はキトサンに関する大学の基礎研究や医師の臨床結果を

まとめて読み、これはもしかしていいかもと納得したので、

飲み始めてみました。

たとえ健康食品でも、副作用があるだろうと心配もしましたが

一日3gから(回数にわけて)飲用し、とくになにもありませんでした。

さらに一日5gに増やしてみたら、顔が赤くなりかゆみが止まらなく

なってしまい、友人に聞いてみたら、

それは「好転反応」と説明してくれました。

それを乗り切りさらにそのまま継続して3日くらいで症状は消えました。

検査の日病院で検診してもらったら、腫瘍は大きくも小さくもなって

いない、そして転移も認められないということでした。

私自身この結果に満足しました。

痛みも感じなくなっていたし、副作用もないのですから、このまま

維持できれば・・・と思ったのです。

 

さらに1ヶ月後に検診したら、がんが半分くらいになってきた

といわれました。

主治医は「今がチャンスなので、がんも小さくなってきたので

手術でとったほうが確実で安全です」とすすめてきました。

抗がん剤は拒否し水溶性キトサンを飲み続け、患部の

手術を受けることにしました。

術後2wで退院できました。

今でも月1回検診を受けておりますが、一年たっても転移も

再発も認められず、順調に暮らせております。

もちろん水溶性のキトサンは欠かさず継続飲用してます。

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

キトサンあなたを強くするがん予防と治療 免疫療法

がんというのは遺伝子の病気であって幾多の要素が複雑に絡みあって

がんになりやすい体質が形成され、なんらかの発ガン作用が加わり

がん細胞が形成されるので、いろいろながん治療法がありますが、

決定的な予防法がない病気でもあります。

 

とくに環境・有害物質の体内侵入を完全に抑えることはむずかしいです。

ストレスや活性酸素の発生も防ぎきるのはむずかしい課題です。

がん細胞の増殖は急激におころものではなく、免疫機能やがん抑制遺伝子

との闘いを繰り返し、5年10年と長い時間を経て、ある時点から急速に加速

してくるのです。

ある程度の塊になってくると自然に細胞がばらけて、血液やリンパ液に乗り

場所を変え、定着します。

 

新たな場所に定着したがん細胞は、分裂増殖を繰り返し、領域を拡大していきます。

転移といわれるものです。

がんになると痛みや食欲不振になってしますのは、増殖した細胞が毒素を出し、

食欲や免疫力にダメージを与えるからで、末期のがん患者さんの大多数は栄養障害

が起き、がん細胞に栄養分を奪われてしまうから衰弱してしまうのです。

がん細胞の異常増殖、転移を阻害できればがん進行は止まり、根治も

可能になってくるということです。

たとえ異常増殖がはじまったとしても、転移阻止できれば対応は可能です。

がんのだす毒素を抑えることができれば、体の抵抗力も温存できれば、

治癒にもちこむことが可能になります。

そのような物質や方法はないのでしょうか?

それがあればがんの予防だってできるわけですし、たとえがんを発症したとしても、

延命や治療が可能になるわけです。

 

じつはそのような物質こそ水溶性のキトサンの働きになるわけです。

もちろん水溶性キトサンはがん予防だけではなく、抗ガン作用を発揮して

くれる物質で、今後さらに期待がたかまってくるわけで、

ますます活躍してくれる、たのもしい物質なのです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.