料理の常識集、玉ねぎは水にさらす→空気にさらすに から応用してみる

料理の常識集ニュースから有用情報引用してみました

https://news.infoseek.co.jp/article/postseven_767095/

 

 

今日は上記料理のニュースにがん予防の知識があるので

活用してみましょうという提案です。

【昔】なすは皮をむいて食べる
【今】皮ごと食べる

「皮に含まれる成分“アントシアニン”が、抗酸化作用を発揮。動脈硬化やがん予防、血管をきれいにする効果も。アンチエイジングに大活躍します」

いいですね、ナスの皮 漬物が一番いいかなって思ったりしますが、

料理次第で丸ごと素揚げしす酢漬けにしたりでできますよね。

 

またさらに

【昔】かぼちゃの種は捨てる
【今】捨てずに炒めて食べる

「かぼちゃの種は血行を促進してくれるビタミンEが豊富。精神を安定させる働きのあるマグネシウムも含まれるので、炒めて食べたり、砕いてスープに入れると〇」

※女性セブン2018年10月4日号

 

 

上記引用 これって知らなかったって感じですね

自宅でよく庭にかぼちゃの種ってわりと雑に播いておいても芽がでてきて育ってしまったりして栽培して楽しんでましたが・・・

 

まさかかぼちゃの種を食べるという発想はありませんでしたね、血行をよくしれるのはとてもすばらしいですね

砕いてスープにか ・・・そうだ低分子キトサン入りの味噌汁をつくってかぼちゃの種炒めて砕いていっしょに入れて食べれば、いいですね

血行が良くなれば、当然抹消血管にまで、低分子キトサンが良く届くようになって、免疫細胞も活発になってくれて、

 

いいんじゃないでしょうかこれ

是非実践してみましょうコレ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です