キトサンを飲用して健康になったという人は

連絡及び相談飲用実施後 多く報告を

いただくところです。

けれども単純な「キトサン礼賛」の時代は

すでに終わっております。

 

これからの時代は

①どのメーカーの精製度は何パーセントのキトサンを

②一日どの程度の量

③どのような栄養素(または薬)と一緒に飲用した結果

④医療現場でどう判断された病状が

⑤どのように改善されたか・・を明確にしていく

時代だと思います。

 

キトサン含有の多種多様な健康食品が今後ますます

増え続けることでしょう。

どれを飲用するのか頭を悩ませる機会が

多くなりそうです。

 

薬機法の制約があり健康食品が効果・抗能をうたえない

ことで

逆に消費者の側が商品の差別化をしにくい状況は

当分続きます。

 

与えられる選択基準が曖昧である以上

私たちには、愛飲者の話から理解を

深めてみたり、

信頼できそうな会社の製品を選ぶ

といったところの限られた選択肢に

なってしまいます。

 

またキトサンを飲用して○○の疾病が治った

健康になったという人々は、

心底キトサン(低分子キトサン粉末)に感謝を

寄せてきております。

 

だからこそ多くの人に広めたいと思って

おります、しかしながら

そうした声を鵜呑みにして

あたかもキトサンが万病に効くがごとくの

言い方をする方が一部にいることは

残念なことですが、

高齢化社会がますます進むことは

まちがえないですし

「健康で長生きしたい」欲求は

まさに時代の要請なんです。

医食同源とはよくいったもので、

健康食品への期待はますます

高まることでしょう。

 

その中でもキトサン(低分子キトサン)は、切り札に

なる可能性を秘めています。