キトサンの吸収率は、ウサギやウシなどの動物では、従来の高分子キトサン

(ダイエット目的でよく目にするタイプです)でもおよそ8%という値で

いろんな実験でわかっております。

 

ですので、動物の治療が目的なら高分子のキトサンでも人間より吸収率が

高いので、すでに効果を確認できております。

 

人間においては、水に溶けにくい高分子のキトサンをそのまま体内に

取り入れてもほとんど吸収されず、排出

健康目的の効果を期待できません。

 

これでは、キトサン利用者から「毎日飲んでるのに効果を感じられない」と

いった声があるのもしかたのない事です。

 

ある意味高分子のキトサンなのに その商品において健康効果をうたって

いるものは、まがいものの儲け主義商品ということになります。

 

よく考えてほしいんですが、薬や健康食品を扱っている大手の会社って

人を大勢雇用されているので、ものすごく費用がかかっております。

当然商品にそのコストを乗っけてくるわけで、

確かめるべきは、聞こえのよい宣伝文言ではなく、

成分記載の項目を必ずチェックし

 

1gあたりに低分子のキトサンがどれだけの含羞量が入っているのかを

確かめるべきなんです。

 

キトサン入りと書いてある商品はほとんどキトサンなんて入ってないと

思ってください 0.01gでも入れておけばキトサン入りをうたえるわけ

なんですから。

 

それと表示に含有量なんて記載してない場合(ほとんどだと思いますが)

ここがわからない以上どんなに高いキトサンを購入しようとも

効果が期待できるかなんて、わからないもに

せっかくのお金と希望を託してしまうことになるわけです。

 

まずなんといっても低分子で水に溶けるキトサンであることが

大前提です。

ここでも注意が必要ですが、液体(エマルジョン)のカプセルのキトサンは

高分子を酸でとかせばとけるので、偽って水溶性とうたっている場合も

あります、

 

ようするに素の水に溶けることが大前提 まして酸などつかっていては

人体に有害です。

 

水溶性のキトサンの分子量 は2000~6000という低分子である必要

があるわけです。(そうでないと人体の腸壁からは吸収できない)

 

というわけですべてをクリアしている安全でしかも、低分子キトサン精製度

90%以上でしかも無駄なコストを削除していることにより

安価でしかも長く飲用していただくには、手ごろな価格であるべきと

考え低分子キトサン粉末(水溶性)をご提供しております