キトサン高分子とキトサン低分子の違いを把握

キトサンの吸収効率というものから判別するとわかりやすいのですが

キトサンはそもそも健康食品というよりも

素材です。

キトサンの活性はキチンと比べても高く、

水に溶けるか溶けないか

水には溶けないが弱酸で溶ける性質があって

ここでは普通のキトサン(高分子キトサン)は確かに

すばらしい素材です。

使用目的が食品としてではなく、

水処理剤、工業原料、繊維などとしても

利用されています。

 

ですが、加工されないまま利用する場合キトサンの分子量

が大きすぎるために(分子量が数十万~数百万)

人間の胃腸ではとても分子を分解できません。

つまり高分子キトサンは飲用(経口服用)しても

吸収しません。

高分子のままのキトサンは、ダイエット食品として

利用されることがあります

胃腸に吸収されにくいからこそ、胆汁酸と結合し、

脂肪や油の吸収を阻害してしまうからなんです。

しかし高分子キトサンには病気やがんで悩んで

いる方にはむいていません。

健康になるどころか、体力すら奪われてしまうからです。

 

本当のキトサンの効果を期待して健康食品として

用いるためには、

体に吸収できるようにしなければならず、

それはキトサンを水に溶けるほとの低分子化(可溶性=水溶性)

にしなければなりません。

胃や腸から直接吸収できる分子量は約2万までですが、

普通のキトサンは分子量が数十万~数百万の高分子(巨大)な

多糖体で頑固な構造を持っているので

水には溶けません。

人間は、胃腸の中にキトサンの分解酵素を持たないため、

体に吸収されにくい物質なのです。

しかしキトサンは分子量が一万以下の低分子であれば

水溶性となり、

分解酵素がなくても、90%以上、吸収が可能となる

ことがわかっています。

水溶性のキトサンとそうではないキトサンの違いとは

キトサンにもいろいろ種類があって

応用分野によって水処理用キトサン、化学工業用キトサン

食品工業用キトサン、農業用キトサン、医療用キトサン

などに分けられ、

キトサンの分子量(分子の大きさ)によって高分子キトサン

中分子キトサン、低分子キトサンと区別されています。

さらに水に溶解できるかどうかの性質から

不可溶性キトサン、可溶性キトサンの二種に分けられます。

またキトサン含有健康食品といっても、

その中に含まれたキトサンによってキトサンの本来の力を

どの程度出せるのか違ってくるわけです。

分子量の大きさと体内吸収率は重要なポイントです

健康食品として用いるにはまず水に溶けなければなりません。

これはキトサン効果を発揮させる重要な条件です。

しかも他のものが混ぜ易い ペレット加工品や液体品

カプセル品はメーカーによってそれぞれ混ぜているもの

の種類や純粋にキトサン含有量などの明記はわかりずらいと

思います。(当社低分子キトサンは純度100%の食品で分子量5千以下の

低分子品を粉末でお届けしております)つまり混ぜもはない純度の高い

キトサンをご提供しております。

もし今あなたが、当社以外のキトサンを飲用されているなら

一度パッケージ裏などに表記されている

キトサンの含有量や加工に使われいる品目をチェクされて

おくことをお勧めします!

わからなければ質問してください

おこたえしますのでお気軽にどうぞ!

わたしは、本当に病気で苦しんでいる人のために純度の高い低分子

キトサンを直接ユーザーさまにお届けしております。

そして相談サポートも購入者さまには手厚くさせていただいて

おります。

一生涯キトサンを通じて健康生活に本当にやくだてて

活用し喜んでもらいたいからで

余分な中間マージンも抜いてダイレクトに

継続しやすい価格に抑えたいからであります。

どんなに良い優良な商品であっても肝心の

患者さんまたは健康管理をしたい人にとって

経済的負担が大きすぎては、継続しずらいから

であります。

まずはわたしからのメルマガに無料登録して

健全なキトサン健康生活のお手伝いができれば

と思います。

キトサンをあなたの健康生活に是非役立ててください!



お役立ち情報詳細をお届けしてます是非ご登録を!
登録
解除メールアドレス:
名前:

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

吸収効率と低分子ということ

もともとキトサンには健康食品というよりは、あくまで一種の素材です。
キトサンの活性はキチンと比べても高く、水に溶けないは弱酸には溶ける
化学反応が起こりやすくて加工利用しやすいなど、普通のキトサン(高分子キトサン)
は確かにすばらしい素材です、そのため食品としてだけでなく、水処理剤、工業原料
繊維などとしても利用されております。

しかし加工されないまま利用する場合、キトサンの分子が大きすぎるため
(分子量が数十万~数百万)人間の胃腸では分子を分解できず、経口服用しても吸収されないのです。

そこで高分子のままのキトサンは、ダイエット食品として利用されることがほとんどで、胃腸に吸収され
にくいからこそ、胆汁酸と結合し、脂肪や油の吸収を阻害してしまうからです。

しかしこれは病気で弱っている方にはとてもおすすめできません。健康になるどころか
体力を奪ってしまうことになるからです。

本当の効果を期待してキトサンを健康食品として用いるためには、体にすみやかに吸収できるように
しなければなりません。

それはキトサンが水に溶けるほど低分子化(可溶性=水溶性)しなければならないということになります。
胃や腸から直接吸収できる分子量が約2万までですが、普通のキトサンは分子量が数十万から数百万の
高分子(巨大)多糖体であり、非常に頑固な構造を持っているので、水にも溶けません。人間は、胃腸の
なかにキトサンの分解酵素を持たないため、体に非常に吸収されにくい物質なのです。

しかしキトサンは分子量が1万以下であれば水溶性となり、分解酵素がなくても90%以上は吸収が可能と
なることがわかっています。

他の動物には分解酵素があったりして高分子のキトサンでもいい場合がありますが、人間は低分子キトサンで
ないと吸収しないので、まったく意味をもたず、健康活用は難しいです

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.