水溶性キトサン で苦しい闘病生活の末現在は仕事にも復帰(食道ガン)

もともと虚弱体質で、特にこの10年ほどは膵臓が弱くて病院通いが続いていました。

ある日、強い胸の痛みに襲われたので、胃カメラで検査を受けたところ

「食道に腫瘍ができています」といわれ、手術するようにすすめられました。

先生は病名病状についてははっきりいわなかったのですが、

すぐに末期のガンだと思いました。

それからすぐに入院したのですが、いろんな方がお見舞にきてくれ

あるかたが水溶性キトサンをくれました。

手術するから1日5gを4~5回に分けて飲んでいました。

 

私は病院慣れというか、病気慣れしていたせいもあって、

ガン告知や手術と聞いてもそれほどショックは受けませんでした。

食道の手術をするために開いてみると胸の癒着がひどく

手術が大変で、約6時間がかかった大手術だったそうです。

手術後、15日間は水も飲めず、腸に穴をあけて栄養を取り入れる

という苦しいベッド生活でした。

食事ができるようになってすぐに再び水溶性キトサンを飲むようにしました。

 

そのおかげで、5ヶ月間の闘病生活が終わり、元気になり退院しました、

それから3ヶ月に「1度定期検査を受け、1日に5~6回に分けて食事を

市ながら毎食後に水溶性キトサンを1g必ず飲んでいました。

再発、転移という不安があるので、水溶性キトサンを1年以上欠かさず

飲み続けました。

 

水溶性キトサンを飲んで早くも感じたことは、2週間くらいで傷口の痛みが

緩和され、また食欲も早く増えてきて

なんとなくやる気も出てきて、元気になったのです。

背中とか手足にかゆみが出た程度の好転反応がありましたが

4日ほどで消えました。

今でも1日4gを飲み続けております。

手術から1年半経過してますが、定期健診の結果もよく

再発と転移の兆候が無いので現在は無事仕事に復帰しています。

茨城県 Nさん49歳 デパート勤務

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

食道ガンに対し放射線化学療法の生存率は手術と変わらない!

水溶性キトサンを飲用することで

放射線や抗がん剤 の副作用から逃れることが可能です!

 

水溶性キトサンをこまめに飲用することで 対処することを

お勧めいたします。

 

食道ガンは、飲酒と喫煙の影響が大きいといわれております。

生活習慣を変えることでガンを防ぐことが可能です。

 

ガン予防には一日1~4g(1000mg~4000mg)のレベルで(当社データー)

で毎日欠かさず飲用することで

 

健康生活を維持しつづけましょう!

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.