「脳腫瘍」タグアーカイブ

lwdqia3p7u8s_main_1466502900

三大療法以外にがんへ有効な治療法はあるのか

lwdqia3p7u8s_main_1466502900

三大療法 以外に新しいがん治療法はないのか

注目の次世代がん治療法としてもっとも期待が寄せられて

いる方法が 遺伝子療法免疫療法なんです。

遺伝子療法は、遺伝子の異常に端を発するがんに遺伝子で

対抗しようとするものです、治療法には数種類あって

例として、がん細胞に直接がん抑制遺伝子を注入する方法

がん細胞に生理活性物質の遺伝子を組み込んだものを

ワクチンとして利用する方法などです。

これら遺伝子を利用した治療方法はようやく臨床試験段階に

入ったばかりで、遺伝子療法に欠かせない遺伝子を運搬する

ベクター開発で欧米に大きく遅れており、今しばらく時間が

かかりそうです。

一方私たちの体に備わっている免疫力を高めることで、がん

に対抗する方法が免疫療法です。

これまでに外科療法 化学療法の補助的な扱いで行われて

きましたが、バイオテクノロジーがすすんだ今

新たな療法が開発されて注目されています。

 

がん免疫の中心になるT細胞の増殖・活性因子で

あるインターロイキン2とがん患者から採取した

リンパ球を培養して、がんへの攻撃力を増した

リンホカイン活性化キラー細胞(LAK)をつくりだし

再び患者体内へ戻し(養子免疫療法)と呼ばれる治療法も

その一つです。

 

この療法ではすでに肺がん、腎臓がん、脳腫瘍、メラノーマ

などの治療で成果を上げております。

最近においてはもっと強力な免疫力を持つリンパ球をつくる

ために、がんに浸潤したリンパ球をインターロイキン2で培養する

方法も行われております。

これによってできた腫瘍浸潤T細胞(TIL)

はLAKよりも50~100倍もがんに対する免疫力が高い

ことがわかっております。

 

これらの免疫療法は、直接がんを叩く外科療法や化学療法とは

異なり、体がもっているがん細胞を攻撃する力を高めることにより

がん排除をしようとゆうものです。

三大療法のように副作用に悩まされることもなく

患者のQOL損なわずに治療することができることから

これからの主流になりうる治療法として期待が高まります。

もちろ上記の方法は先端医療で高額医療費のかかるがん治療

方法ではまだあります。

それにくらべ現状低分子キトサン飲用は安価で安全で副作用もなく

同じく免疫慮法としてがんだけでなくあらゆる疾病に対し

良い効果 成果が患者さんにもたらされております。

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

0-40

脳腫瘍に水溶性キトサン

通常、悪性腫瘍のことをガンっていっていますが

頭蓋内に発生する腫瘍は、良性。悪性問わず

脳腫瘍と呼びまして

良性腫瘍は脳細胞の周辺から発生し、進行がゆっくりで

正常な細胞との境がはっきりしていて浸潤しません。

 

悪性腫瘍は脳組織内部から発生し、

増殖のスピードも早く周りの組織に浸潤します。

発生率はどちらも5分5分

しかしたとえ良性だからといってほっておくわけに

いかないのが他のガンと違うところで

脳は一定の容量で頭蓋骨の中に一定の容量で

収まっていますが、

 

腫瘍が増大して容量が増すと、頭蓋内の圧力が

高くなり脳を圧迫やがて重大な障害につながり

したがって良性腫瘍でも悪性と同様に摘出する必要が

あります。

 

脳腫瘍には良性悪性 30種以上あり

良性腫瘍の5年生存率は約90%

悪性腫瘍の場合はその種類により異なり

なかでも悪性度が高く、最も多く発生する

グリオーマで17%と治療成績は良くないです。

脳の場合他臓器にくらべて未知の部分が多くあり

現状では、水溶性のキトサンを利用することも

貴重な方法となりえます。

 

0-40

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.