「肝炎」タグアーカイブ

キトサン肝臓障害への効果

肝臓病の90%以上はウイルス感染によるもので、そのほとんどが肝炎から肝硬変肝がん

というふうに進行します、または脂肪肝 から進行するときもあります。

肝臓というのは本来症状が出にくく、自覚症状があらわれたときは相当に悪化していることが多いです。

そのような状態の肝臓障害にもキトサンが有効に働くことがあきらかにされているんです。

 

医学博士の松本亮先生は臨床報告の中で「キトサンはB型肝炎、C型肝炎などのウイルスの活動を抑制して、

肝臓の機能を高めて症状を好転させる、

細胞が活性化することで、副作用が軽減する」と述べられておられます。

キトサンの血液中のコレステロール値を下げる理由は、肝臓には非常によい影響をもたらします。

普段の生活でも、飲酒前にキトサンを飲んでおくことで、悪酔い 二日酔いの防止効果があり、

キトサンを摂取することで肝機能が活性化され、肝臓でのアルコールの処理能力が高まっていくからなんです。

 

今は別に病気じゃないかたでも、キトサンを毎日摂取しておけば、肝臓を保護し深刻な事態を招かずに

すみますね。

ひとたびかかってしまうとやっかいなのが肝臓疾患といわれていますが、肝臓を現在患っている人でも

キトサンを常用することで回復する可能性が高いと思われます。

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

低分子キトサン 肝臓障害への効果

キトサンのガン以外への効果を取り上げてみたいと思います。
普段全国からの問い合わせや相談が多いのは圧倒的にガン ポリーブ 腫瘍に関しての
相談が多いのですが、あえてここではガン以外の効果について述べてみたいと思います。

肝臓病の90%以上がウイルス感染によるもので、そのほとんどが肝炎から肝硬変
肝ガンというふうに進行していきます。

または脂肪肝から進行する場合もありますところが肝臓というのは本来
沈黙の臓器といわれるように症状が出にくく、自覚症状が出たときは
時すでに遅しで、相当悪化していることが多いのでやっかいです。

そのような肝臓障害に、キトサンが有効に働くことがあきらかになっています。
医学博士の松本先生が臨床報告の中で、「キトサンは、B型肝炎、C型肝炎などの
ウイルスの活動を抑制して、肝臓の臓器の機能を高めて、症状を好転させる、また
細胞が活性化することで、副作用が軽減する」と述べられております。

キトサンの血液中のコレステロール値を下げる作用は、肝臓にはよい影響をもたらし
ます。
普段の生活において、お酒を飲む前に低分子キトサンを飲んでおくと、悪酔いや
二日酔いの防止効果があります。

低分子キトサンを摂取することで肝機能が活性化され、肝臓でのアルコール処理能力が
高まっていくからです。

このことから、現在は病気でなくても、低分子キトサンを毎日とれば、肝臓を保護して深刻な
事態を招かずにすむことがわかります。

一度かかってしまったら完治しないのが肝臓疾患といわれますが、肝臓をわずらっている人
でも低分子キトサンを常用することで回復する可能性は高いといえます。

体験者さんの中には、肝臓疾患で腹水や黄疸症状があっても、低分子キトサンの摂取で回復
まで至っているケースは数多くございます。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.