キトサンを飲むとなんらかの変化が現れる

今まで漢方薬を利用したり、健康食品を食べたり飲用している人は、好転反応という言葉をご存知かと思います。また砂療法などの民間療法に取り組んでいたりする人もご存知のはずです。

初めて健康食品を飲用しようとする人にとって、いきなり好転反応といわれても何のことかと戸惑うと思います。あまり耳慣れない言葉ですが、どのようなことなのでしょうか、キトサンの成果に注目してキトサンを飲用した場合、人によっては数日もするとびっくりしたり、これは困ったという状況に出会うことがあります。

体調によってはすぐに出る人がいる一方、逆に2週間後あるいは3週間後に出る人もいます。

またこの状況は人によって出る場合、出ない場合があり、出方も人によって異なります。眠くなったり、だるくなったり、湿疹が出たり、下痢をしたりします。

これが好転反応(調整反応とも呼びます)と呼ばれるものです。

必ずしも全ての人に出るというわけでもなく、また出ないからといって成果がないってことでもありません。

身体が新しい刺激に対して反応している現われで、一時的な現象といわれています。

①キトサンの飲用量が少ない人より多い人のほうが出やすい。

②粉末とカプセルの比較では、粉末のほうが出やすい(粉末のほうがキトサンそのものの含有量が多いことに理由がある)

③10代の若い人や70代以上の年配者は比較的出にくい(もちろん例外もありです)

④体調の悪い人や病歴のある人、蓄積疲労のある人、不規則な生活や食生活の人は、いろいろな反応が出やすい。

⑤数値に表れない内臓器系の病気を持った人や、病気の前段症状の人も出やすい

 

といった一連の傾向が見られます。ただあまりに心配のときは、自己判断せず医師の診断を仰いでください

好転反応がどのように出るかについては医師の確かな臨床例が乏しいので断言はできませんが、飲用するキトサンの飲用量によっても出方が異なるようです

最初から多くの量(一日2回1回あたり1g=1000mg)

を飲んだ場合と少ない量(一日1回 1回あたり0.5g=500mg)の場合との比較では、年齢、体力によっても異なりますが、後者のほうが出方が軽いようです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.