キトサンの高血圧・心臓病への効果は

塩辛いものをよく食べる習慣のある地域には、高血圧の人が多い傾向にあります。
これは食塩の摂取量と深い関係があります。

食塩、いわいる塩化ナトリウムは塩素とナトリウムからできているわけですが、
これまでナトリウムが高血圧をもたらす元凶だと考えられておりました。

しかし最近の研究結果から塩素も血圧の上昇に関与していることが明らかになっております。

たとえば、冬場に暖かい部屋から急に寒い部屋に出ると、体は体温が下がるのを防ごうとして
血管を収縮させます。

このようなとき血管収縮物質が自動的に働いていますが、
この物質の生産に塩素が深くかかわっています。

したがって、塩素が多すぎると血管収縮物質がどんどん生産されて血管が収縮しやすくなります。
血管が収縮するということは血管のとおり道が狭くなるということであり、血圧は
上昇することになります。

また、塩素そのものに体が持っている血圧調整機能を狂わす働きがあることもわかっております

キトサンにはこうした血圧上昇の原因となる塩素を体内に吸収される前に、体外へ排出する働きがあるとされております。

また狭心症や心筋梗塞などの心臓病は、心臓が動くために必要な酸素や養分を絶たれるために起こる病気です。
心臓の筋肉に血液を運ぶ冠動脈が何らかの原因でつまると、心臓の筋肉は酸欠状態、エネルギー不足に陥りパニックを起こします。

心臓病を起こす引き金になる要因としては肥満、糖尿病、運動不足、ストレスなどあります
その土台となっているのが高血圧と動脈硬化です。

動脈硬化とは、動脈が脆くなり、血液のとおり道が狭くなる状態のことで、血液の流れを妨げる原因になります。
血液中のコレステロールなどの脂肪が動脈の内側に沈着して起こることが多く、
高血圧とも密接な関係があります。

キトサンは血液中のコレステロールや中性脂肪を下げる効果があり、血圧降下作用
心臓病の予防・改善にもおおいに力を発揮してくれます。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.