前立腺がんに水溶性キトサンで対処

その昔の日本ではあまり多くはなかった

前立腺がんですが、食生活の欧米化とともに

高齢化社会を反映して、今は激増しているんです。

 

男性の50歳代から増え始め

高齢になるほど危険度が比例して増加

また症状の出ない潜在ガンも多く

70歳代では、50%の人に潜在がんがあると

いわれます。

 

進行が遅く発病までに時間を要するために

早期発見が難しく、発見されたときには

すでに転移している場合が多いです。

 

検査技術の発達により、早期の発見は

増えてきました。

 

従来の、直腸診断から前立腺特異抗原

腫瘍マーカーによる検査普及により

早期発見の確立が高まりました。

 

がん転移していない場合は、前立腺の

全摘出手術を行います。

 

また前立腺がんは男性ホルモンと密接な関係

があります。

 

内分泌療法(ホルモン療法)も有効です。

がんが転移している場合は内分泌療法(ホルモン療法)で

がんを縮小させてから手術を行うこともあります。

 

抗がん剤による化学療法の効果は薄く

期待薄く

がんの進行、転移を抑制し、痛みも緩和してくれる

水溶性キトサンをお勧めいたします。

0-32

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

三大療法の他にガンへの有効な治療法はあるのか?

三大療法の他にいくつか新しいガンの治療法として注目されているものがあります。
なかでも今のところ、次世代の有望なガン治療法としてもっとも期待が寄せられているのが
遺伝子療法と免疫療法です

遺伝子療法は、遺伝子の異常に端を発するガンに遺伝子で対抗しようというものです。

ガン細胞に直接ガン抑制遺伝子を注入する方法、ガン細胞に生理活性物質の遺伝子を組み込んだものをワクチンとして利用する方法などです。

しかし遺伝子を利用した治療法は、日本ではようやく臨床試験段階に入ったばかりなうえ、遺伝子療法に欠かせない遺伝子を運ぶベクターの開発でも欧米に大きく遅れをとっており、私たちが遺伝子療法を利用をできるようになるまでに、まだまだしばらく時間を必要とするようです。

しかしながら私たちはもともと体に備わっている免疫力を高めることによって、ガンにの対抗しようというのが、免疫療法なんです。

ガンに対する免疫療法は、これまで外科療法や化学療法の補助的なものでしたが、バイオテクノロジーの進歩により、次々と新しい療法が開発され注目を集めております。

ガン免疫の中心となるT細胞の増殖・活性因子であるインターロイキン2と、ガン患者から採取したリンパ球を培養して、ガンへの攻撃力を増したりリンホカイン活性化キラー細胞(LAK)をつくりそれを再び患者の体内に戻す「養子免疫療法」と呼ばれる治療法もそのひとつです。

この療法はすでに肺がんや腎臓ガン、脳腫瘍、メラノーマなどの治療で成果をあげていいます。

最近においては、もっと強力な免疫力を持つリンパ球をつくるために、
ガンに浸潤したリンパ球をインターロイキン2で培養する方法も行われています。

これによりできた腫瘍浸潤T細胞(TIL)はLAKよりも50~100倍もガンに対する免疫力が高いことがわかっています。

免疫療法は、直接ガンを叩く外科療法や化学療法、放射線療法などとは異なりもともと体自身がもっているガン細胞を攻撃する力を高めることで、ガンを排除しようというものです。そのため、三大療法のように副作用に悩まされることもなく、患者のQOLを損なわずに治療することができることから、今世紀のがん治療の主流になりうる治療法として期待されているんです。

もちろんいうまでもなく キトサン飲用は免疫療法ということになりますので、安心して取り組んでいただけます。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.