なぜ人によって成果が違うのか??

020

健康食品としてのキトサンを見た場合、特質的なことがあります。

一つは、短期間(一ヶ月以内)の飲用で「なるほど体にいいって実感」した報告

が多くの人から寄せられていることです。

 

2~3ヶ月の飲用では、さらにパーセンテージが上昇します

健康食品といえば、長期間の飲用によって、じわじわ成果がでるってものが

一般的なことを考えてみると・・

 

キトサンの即効性は健康食品の概念を一変させているといえます。

 

二つ目は飲用成果の報告が特定の部位だけでないということなんです。

風邪をひかなくなった 便秘解消 胃弱改善 子宮がんが消えた など

これほど飲用体験成功例が多い健康食品も、本当に珍しいと思われますね。

 

当方へも全国のお客様より 朗報を多数いただき!ますますキトサンが貢献できる

時代に入りまた、多くの病気や体の悩みで悩んでいらっしゃるかたに、

お力添えができて本当にうれしく思います。

 

三つ目が、好転反応が顕著に顕れることです

 

ここで人によって成果が違う理由を探っていきましょう。

成果の違いが生まれる原因には、製品成分の差と飲用する人間の個体差

という二つの側面があるようです。

 

まず製品の側としては、

① キトサンの精製度

② キトサンの含有量

③ 添加されている栄養素の組み合わせ

といった違いが上げられます。

 

 

健康食品は、成分量を明示することは、義務づけられていません。

ですからキトサン配合のの表示

があっても、どのくらいの精製度のキトサンが入っているかが消費者には

判断できないことが多いわけです。

 

 

 

 

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.