「キトサンのキレートの働き」タグアーカイブ

キトサンのガン抑制効果は?

キトサンのガン抑制効果は、さまざまな研究からも明らかになっています

そこにはキトサンのキレートの働きが深く関与しています。

経口服用したキトサンは

小腸から吸収され、やがて血液中に溶け込みます。

そして血液に溶け込んだキトサンは、血流とともに

全身を循環することになります。

実際、服用後の体の組織を調べてみると、

 

いづれもキトサンの存在を確認することができます。

口から摂取したキトサンは体中の組織に行き渡るわけなんです。

 

 

実際ではキトサン服用後、1,2時間で血液中のキトサン量が

ピークに達することがわかっております。

 

このときにもし、体のどこかにガン細胞があると、キトサンはその

特性であるキレートの働きでガン細胞を包み込みます

 

血液中のキトサンの量は時間の経過とともに徐じょに減少していきますが

継続的にキトサンを服用し続けることによって、

やがてたくさんのたくさんのアミノ酸がガンを包み込むように

捉えます。

その結果、ガン細胞は栄養の補給源を断たれてしまい

ついには餓死してしまうのです。

 

キレートとは:

「カニのはさみ」という意味です

キレート作用とは、ある分子がカニのはさみのようにカルシウムイオンなどの

金属イオンと強く結合し、安定な化合物(錯体)を作る作用です。

キレート反応はカニのはさみが物をつかむように、分子がもう一方の

分子を捉えて合体する反応のことです。

カニのはさみは、はさみにぴったりとしたものでなければはさめません。

それと同様に、キレート反応も、キレート反応する物質にあった分子でないと

合体できません。

これを利用して、生体内や実験室では、特定の物質を取り除くために用い

られています。

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.