キトサンのガン治療への研究はどうなっているのか

キトサンの研究成果は、すでにさまざまな分野で生かされてますが、

なかでも注目を集めているのが、その高いガン抑制効果です。

それは多くの体験談からもわかりますが、

キトサンのガン抑制率は90%を超えるというデーターが出ています。

いずれにしても現代医学をもってしても満足のいく治療効果が

得られずにいるガンに対しても、キトサンが驚くべき成果を

もたらしていることはまぎれもない事実です。

ではなぜ、キトサンがこれほどまでにガンに効くのか、そのメカニズム

について実験データー等をもとに考えてみたいと思います。

 

1 免疫力を高める効果が細胞のガン化をくいとめる!

NK細胞というのは免疫細胞の一種ですが、非常に攻撃力が高く

ガン予防・ガン治療という面でも大変重要な役割を果たしております。

人の体内では健康な状態であっても常にガンの芽をつくりだしている

といわれています。

しかしそのほとんどはガン細胞になることなく死滅してしまいますが

それはNK細胞がガンの芽を異物と認識して退治してくれるからなんです。

たとえガンの芽が一つでも生き残っていると、やがてガン細胞となり

増殖を繰り返すようになります。

したがって、NK細胞を活性化させることは、ガンの芽を殺し、細胞を

ガン化するのを防ぐことにつながります。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.