人間に備わった免疫という素晴らしい仕組み

手術・放射線・抗がん剤によるがん治療では得られないこのような結果がなぜ、免疫療法では可能なのか?

本質的にはいろいろ推定されているのですが、

詳しく解明されているわけではありません。

 

人間に備わった免疫という素晴らしい仕組みを知れば、まるで奇跡のようなことが起きる可能性

免疫とがんの関係を中心に免疫についての概略を説明してみます。

 

免疫とは、ある病気に一度かかると、二度同じ病気にかからない現象として良く知られています。

はしかはその代表で、一度はしかにかかると、一生の間、再びはしかにかかることはありません。

 

相当古い時代から、理屈はわからないながらも、このような現象があることを人々は知っていたようです。

 

最近になって免疫の研究が進むにつれ、花粉症やアトピーを始め、さまざまな難病にも免疫が関わって

いることが分ってきました。

 

免疫細胞や抗体といった免疫系が多面にわたって正常な身体機能の維持にかかわっており、それが少しでも異常を

起こすとアトピー花粉症などの病気を引き起こしているのです。

逆に免疫機能がまったく働かなければ、さまざまな病原性の細菌やウイルスに容易に冒されてしまい

人間は一月と生きながらえることはできません。

027

このことは、免疫機能が破壊されるウイルス感染症エイズの結末を見ればよくわかります。

今日における免疫学の分野では未だ不明なことも多く、新たな疑問や発見が出てくる世界なのです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

免疫力の低下が病気を増やしている

キトサンは合成された化学物質と違って
生物に対してはほんとんど毒性はありません。

毒性がないということは、薬の副作用などといった社会問題
には気をつかわなくてもすむということです。

このことの意味はとても大きいと思います。
さらにキトサンは生体内に取り込まれれば
自然に分解されるという性質をもっています。

それで人工皮膚外科手術時の縫合糸に使われていて、さらに
、傷口の回復も促すようです。

何といっても一番期待したいのはキトサンの持つ免疫賦活作用です。
免疫力とは、病気になるのを防ごうとする生物が本来もっている力です。

しかし最近、この免疫力が低下してきているために、
いろいろな病気が増えているのが現状です。

私たち日本人は、世界でもっとも物質的に豊かな生活を
送っていますが、そのこととは逆に人間が本来もっている
感性をいささか鈍らせてしまったようです。

「飽食ニッポン」「グルメブーム」という
言葉で表現されるように
食べ物においても、本当の栄養とは関係なく
表面的な五感を楽しませるだけの食事をして
日常生活においては
大量のゴミをだし続けています。

大気は汚れ、水はあらゆるところで汚染され
農薬漬けの食べ物を余儀なくされています、

私たちはもはや自分の力でまっとうな感性や免疫力を
育てることさえ阻まれています。

生まれてくる子供たちは年々抵抗力が低下し、
アトピー小児喘息などのアレルギー疾患
肺炎気管支炎などの感染症が急増しています。

自然環境や社会環境を含めた広い意味での
環境汚染が日本人の免疫力を低下させている
大きな原因であると思われますが、
環境汚染はそう簡単に解決しません。

だからとりあえずその免疫力を復活させる
ことは急務です。

0-21

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.