キトサンあなたを強くするがん予防と治療 免疫療法

がんというのは遺伝子の病気であって幾多の要素が複雑に絡みあって

がんになりやすい体質が形成され、なんらかの発ガン作用が加わり

がん細胞が形成されるので、いろいろながん治療法がありますが、

決定的な予防法がない病気でもあります。

 

とくに環境・有害物質の体内侵入を完全に抑えることはむずかしいです。

ストレスや活性酸素の発生も防ぎきるのはむずかしい課題です。

がん細胞の増殖は急激におころものではなく、免疫機能やがん抑制遺伝子

との闘いを繰り返し、5年10年と長い時間を経て、ある時点から急速に加速

してくるのです。

ある程度の塊になってくると自然に細胞がばらけて、血液やリンパ液に乗り

場所を変え、定着します。

 

新たな場所に定着したがん細胞は、分裂増殖を繰り返し、領域を拡大していきます。

転移といわれるものです。

がんになると痛みや食欲不振になってしますのは、増殖した細胞が毒素を出し、

食欲や免疫力にダメージを与えるからで、末期のがん患者さんの大多数は栄養障害

が起き、がん細胞に栄養分を奪われてしまうから衰弱してしまうのです。

がん細胞の異常増殖、転移を阻害できればがん進行は止まり、根治も

可能になってくるということです。

たとえ異常増殖がはじまったとしても、転移阻止できれば対応は可能です。

がんのだす毒素を抑えることができれば、体の抵抗力も温存できれば、

治癒にもちこむことが可能になります。

そのような物質や方法はないのでしょうか?

それがあればがんの予防だってできるわけですし、たとえがんを発症したとしても、

延命や治療が可能になるわけです。

 

じつはそのような物質こそ水溶性のキトサンの働きになるわけです。

もちろん水溶性キトサンはがん予防だけではなく、抗ガン作用を発揮して

くれる物質で、今後さらに期待がたかまってくるわけで、

ますます活躍してくれる、たのもしい物質なのです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

前立腺がんに水溶性キトサンで対処

その昔の日本ではあまり多くはなかった

前立腺がんですが、食生活の欧米化とともに

高齢化社会を反映して、今は激増しているんです。

 

男性の50歳代から増え始め

高齢になるほど危険度が比例して増加

また症状の出ない潜在ガンも多く

70歳代では、50%の人に潜在がんがあると

いわれます。

 

進行が遅く発病までに時間を要するために

早期発見が難しく、発見されたときには

すでに転移している場合が多いです。

 

検査技術の発達により、早期の発見は

増えてきました。

 

従来の、直腸診断から前立腺特異抗原

腫瘍マーカーによる検査普及により

早期発見の確立が高まりました。

 

がん転移していない場合は、前立腺の

全摘出手術を行います。

 

また前立腺がんは男性ホルモンと密接な関係

があります。

 

内分泌療法(ホルモン療法)も有効です。

がんが転移している場合は内分泌療法(ホルモン療法)で

がんを縮小させてから手術を行うこともあります。

 

抗がん剤による化学療法の効果は薄く

期待薄く

がんの進行、転移を抑制し、痛みも緩和してくれる

水溶性キトサンをお勧めいたします。

0-32

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

キトサンの血圧降下作用

高血圧の元凶といえば、ナトリウムだと考えられていました。
ですが、最近の研究で

血圧の上昇には、実は塩素もかかわっていることがわかってきました。

例をあげれば、暖かい部屋から急に寒い部屋に移動すると
体温が急にさがることを防ぐために、
血管がギュっと収縮 このとき血管を収縮させる物質が
働きます。

この物質に塩素が大きく関わっているのです。

ということは、体内に塩素が多く溜まりすぎると
血管収縮物質が多く生産され、血管が収縮しやすく
血液の通りが狭くなり

当然血圧が上昇することに

それだけでなく塩素には、体内の血圧調整機能
狂わせてしまう働きがあることも
分っています。

キトサンには、血圧が上昇する原因になる塩素
体内に吸収される前に吸着し

体外に排出させてします働きがあると
考えられています。

そのほかにも
血液中のコレステロール中性脂肪を下げる
効果があり、血圧降下に大きな作用をもたらします。

 

0-13

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

慢性疾患克服

「どこまでも出口の見えない迷路をさまよっているようで」

慢性疾患に悩まされ、さまざまな治療や療法を試してもまったく改善されず

闘病生活を送っている人は、きっとこのような心情をもっているのでは

ないでしょうか。

 

「仕方がない」とあきらめている人も多いことでしょう

長い長い慢性疾患との闘いにキトサンで決着をつけた多くの体験者の証言

は、これら悩める人々はの大きな励ましと、キトサン活用の参考になると思います。

 

ただし、あえて表記しておくべきことは、体質改善にはそれ相応の時間もかかる

ということです。

症状がよくなって本人は治ったと思っても、体質そのものが改善

されなければ、再発する可能性がないとはいいきれません。

治ったからといってキトサンの飲用をすぐにやめたりせず、

継続して飲み続けることをお勧めします。

 

体質そのものを改善し、病気と根源的におさらばしたいものです。

 

020キトサン活用

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

キトサン入り野菜ジュースで健康増進

自家製の野菜ジュースで一人1杯あたりの粉末のキトサンを加えてみる。

 

そもそも野菜ジュースは偏食で野菜嫌いの息子に野菜をとらせる目的で

はじめたもの、生野菜も果物もほとんど食べない息子は、

子供の頃からひどいサメ肌でした。

ジュースにキトサンを加えるようになってからは、

ボロボロだった肌がカサカサ程度に落ち着いてきていました。

 

また娘は高校時代からニキビがたくさんできて悩んでいましたが、

キトサンを取り始めてからというものは、肌がみちがえるように

スベスベになってきました。

たまたま旅行に家族でいって、キトサン入り野菜ジュース飲まない

でいたら、

この間またブツブツとニキビができはじめてきました。

肌がきれいになってきていたのはキトサンの

おかげだったんですね

0-60

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

好転反応が心配なときの飲用方法について

次にあげる 好転反応を弱める飲用法は参考になると

思いますので紹介しておきます。

好転反応とは、「新しい刺激に対して、身体が反応しているという現れ」

であり、

 

身体が順応するまでの一時的な現象であるとするなら、

キトサンを急激に多くの量を飲用するのではなく、

少量からまずはじめて、体がキトサンに次第に

なれていくようにすればいいわけなんです。

 

最初の1週間は1日0.5~/一日量からはじめて

体調の変化の様子を見ます。

 

その後様子を見ながら

一日1g(約10~14日)たったくらいから徐々に量を増やして

みましょう。

このように徐々に増量してキトサンになれていくのです。

このような方法で飲用したとしても、増量した段階で好転反応

が激しく出てしまう人もいます。

好転反応の出方でからだのだこが悪いかが

わかるか・・

好転反応がどのような形で、どのような場所に出るかで

どこが悪いか判断できれればよいのですが、

はっきりとしたことはいえません。

当然出方は人によって違いがあるので

ただいえることは、

この反応をつきぬけキトサン飲用を継続

飲用されている方は等しくなんらかの

飲用結果をつかまれて

継続をされているという事実です。

0-16

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

免疫力の低下が病気を増やしている

キトサンは合成された化学物質と違って
生物に対してはほんとんど毒性はありません。

毒性がないということは、薬の副作用などといった社会問題
には気をつかわなくてもすむということです。

このことの意味はとても大きいと思います。
さらにキトサンは生体内に取り込まれれば
自然に分解されるという性質をもっています。

それで人工皮膚外科手術時の縫合糸に使われていて、さらに
、傷口の回復も促すようです。

何といっても一番期待したいのはキトサンの持つ免疫賦活作用です。
免疫力とは、病気になるのを防ごうとする生物が本来もっている力です。

しかし最近、この免疫力が低下してきているために、
いろいろな病気が増えているのが現状です。

私たち日本人は、世界でもっとも物質的に豊かな生活を
送っていますが、そのこととは逆に人間が本来もっている
感性をいささか鈍らせてしまったようです。

「飽食ニッポン」「グルメブーム」という
言葉で表現されるように
食べ物においても、本当の栄養とは関係なく
表面的な五感を楽しませるだけの食事をして
日常生活においては
大量のゴミをだし続けています。

大気は汚れ、水はあらゆるところで汚染され
農薬漬けの食べ物を余儀なくされています、

私たちはもはや自分の力でまっとうな感性や免疫力を
育てることさえ阻まれています。

生まれてくる子供たちは年々抵抗力が低下し、
アトピー小児喘息などのアレルギー疾患
肺炎気管支炎などの感染症が急増しています。

自然環境や社会環境を含めた広い意味での
環境汚染が日本人の免疫力を低下させている
大きな原因であると思われますが、
環境汚染はそう簡単に解決しません。

だからとりあえずその免疫力を復活させる
ことは急務です。

0-21

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.