乳がん体験談から何を学べますか?

左乳房にシコリがあり、乳がんと病院で判明。

手術で左乳房を切除することをすすめられまして

ずい分と悩み抜きました。

いろいろ本も読んだり、乳がんは手術で取るのが

最も有効で、90%以上の高い治癒率であることは

わかったのですが、

片方の乳房が失われてしまうのはどうしても

抵抗がありまして手術を断固拒否しました。

 

健康食品についても調べましたが、たくさん

あってどれがいいのか迷ってしまいました。

そんなとき友人が、水溶性のキトサンを紹介して

くれました。

大学でのキトサンの基礎研究や医師の臨床結果を

読み、これはいいものだと理解できたので、

すぐ飲みはじめることにしたんです。

最初は少ない量からはじめてだんんだんと量を

ふやしていきました。

最初はなんでもなかったのですが、

目が充血したり顔が赤くなったり かゆみがでたり

しました。

友人いわく「それ好転反応よ」と説明してくました。

飲み続けいましたらしばらくしたら、

この反応もなくなりました。

一ヶ月飲用しつづけて、病院で検査してもらうと、

大きくもなっていないが、小さくもなってないが

転移も認められないという結果でした。

傷みは感じなかったし、副作用もないので

このまま維持すればいいと思いました。

そして一日5回にわけて水溶性のキトサンを

量を増やして飲み続けました。

さらに一ヶ月経過し検査。

がんが半分くらいに小さくなったといわれました。

主治医は「今がチャンスですがんが小さくなったから

手術で取ったほうが確実で安全と」すすめられました。

抗がん剤は拒否し水溶性キトサンのみを飲み続け

手術を受けることにしました。

その結果、術後2週間で退院でき、周りのみなが

驚いていました。病人とは思えないほど

確実に回復していました。

いめでも月1回は検診を受けにいってますが、

転移も再発もまったくありません。

今後も水溶性キトサンを飲み続けて

元気に人生を生きていくつもりです。

005

39歳 山梨県主婦

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

ガン検診 はたして受けたほうがいいのでしょうか?

ガンは早期発見・早期治療が完治への第一歩です。
ところがガンという病気はそのほとんどが初期の段階では自覚症状のない段階で発見できるかできないか、
完治できるかどうかの重要なタイミングといえます。

ガン検診を積極的に受けるべきだという根拠も、ガンという病気の特性にあるといえます。
その一方で、ガン検診を過大ひゅう科しすぎることに対して警鐘を鳴らしている専門家がいるのも事実です。

例えば肺ガンの検診などに関しては、厚生労働省の研究班自ら、その有用性に疑問符を付けています。
というのも肺ガンの場合今も早期に発見することが難しく、たとえガン検診で発見することができても、
そのときはすでにかなり進行してしまっていることが少なくないからです。
厚生労働省は98年から、5種類のガン検診について、老人保健法の補助金事業からはずしています。
それまで国家事業の一環として行われていたガン検査の一部を市町村など地方自治体の一般財源で
行われるようになったわけです。

こうした背景には、国の財政難がおおいに関係していることは間違いありませんが、ガンの集団検診に対する疑問の声も
少なからず影響しているものと思われます。

検診を受けたからといって安心できないのが、ガンです。
そのときは異常なしと診断されてもあくまでその段階で異常がないということであっても
将来的にガンにならないという保証はどこにもないからです。

ガンのなかには極端に進行が早く一年程度の検査では早期発見が難しいとされるものがあります。
ガン検診でたまたま異常がみつからなかったといって安心して、そのままガンになりやすい生活を
送っていれば、かえってガンにかかりやすいともいえます。

もちろん、ガンに限らず検診を受けるか受けないかは個人の自由なんで、とくにガンは生死観に直結する問題でもあり、人
によって考え方が違って当然。

ただし早期発見、早期治療がガンを完治させる第一条件であることを考えるとできるだけ検診は利用すべきであり、
またガン検査で異常が発見されなくても気を緩めずに、その後も継続して、ガンになりにくい生活習慣を心がけることが大事だと
いえるのではないでしょうか

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

肝臓に認められたガンの転移の恐れがなくなった

私は2年半前にS字結腸ガンの手術を受け・・・再発・転移が怖いので、以来毎月検査に通っています。

CTスキャンを使って検査したところ肝臓に影が見られ「肝臓ガンに転移した恐れがある」といわれました。

 

そして2ヵ月後にMRIを使ってもう一度精密検査をすることになったのです。

それから、息子が持ってきてくれた粉末のキトサンを朝晩3杯ずつ飲むようになりました。

そして迎えた精密検査。

なんと「全然影がない」といわれたのです。

長いこと診ている主治医の先生も「おかしいな。そんなことはあり得ないんだがな・・・・・・・・」

と首をかしげるばかり、

けれども私は、食事がおいしく、とても元気になってきたことは自分自身でも実感しています。

こちらで購入した低分子粉末キトサンを続けようときめ毎日飲用してます

Sさん 長野県

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

甲状腺がん甲状腺がんの診断には触診が重要です

 甲状腺がん 

甲状腺は頸部の正面下方に、のどぼとけにつづく気管を取り巻くように、位

置しています。

蝶のような形でサイロキシンという全身の細胞の新陳代謝に関与するホルモ

ンを分泌します。

甲状腺がんは、全がん症例の1%程度と言われています。

性別では女性に多く男性の約3倍で、年齢では、50代、40代、30代の順に多

いそうです。

症状で一番多いのは、甲状腺のしこりです。

それは殆どの場合に自覚症状がありません。つまり何の痛みも異物感も感じ

ません。たまたま鏡で見てはれていることをみつけたり、何気なくさわって

みてわかったり、人にいわれたり定期検診でみつけられたり、他の疾患で受

診して、その医師に指摘されて、わかるというのがほとんどです。

甲状腺がんの診断には触診が重要です。がんらしい硬さ、不平滑な表面と形

そしてその可動性を診ることによって70~90%まで診断はつくとされていま

す。

なお、細胞内の遺伝子は親から子へ遺伝情報を伝達します。親から子に継承

される遺伝子のある種の変化により、特に甲状腺髄様がんが誘発されること

があります。

甲状腺癌の原因は、現在でもはっきりとはわかっていませんが、遺伝による

もの・ヨード(ヨウ素)の過剰摂取と言われています。

もともと甲状腺の病気には遺伝が危険因子と考えられるものが多く、バセド

ウ病などの甲状腺の病気もやはり近親者が同様に病気になっていることが多

いようです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

ガンにならないために生活で注意しねければいけないことは?

ガンになることを防ぐ最大のポイントは生活習慣を変えることです。
喫煙が肺ガンなどと深い関係があるのは、よく知られていることです。
また日本人の臓器別ガン患者の割合を見ると、胃 大腸 肝臓 膵臓 食道など、消化器系のガンが大きな
割合を占めておりますが、これらのガンは食生活と深いかかわりがあると考えられるのです。

しかし禁煙して食生活に気をつけても、現代社会では発ガン物質などの有害物質が体内に入りこんでくることを
完全に防ぐとくことは、不可能に近いです。

たとえ少量でも長年にわたりそれらの発ガン物質を摂りつづけていると、ガンを誘発する原因になりかねません。
完全に有害物質から身を守ることなどできないのなら、それらをできるだけ体外に排出することによって、
発ガンの可能性を低くすることができます。
要するに、体内に入り込んだ有害物質を吸着し、排出する物質を利用することができれば、ガンになる可能性は
低くなるとおいうことです。

実は、体内でそうした役割を果たしてくれるのが水溶性キトサンで、水溶性キトサン(低分子キトサン粉末)を日常的
に摂取することでガンになる確率を確実に下げることができるのです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

乳がんについて

乳ガンは日本には少ないガンでしたが、しかし戦後になって急増し、今後もこの傾向は
続くのではまいかと予測されています。

その理由としては、高脂肪の欧米型の食生活の一般化があげられます。
意外なことに、乳がんは女性特有のガンと思われがちですが、1998年には
76人の男性が乳がんで死亡しています。

乳ガンは女性ホルモンと関係の深いガンです。よく出産経験のない人や出生回数の少ない人
あるいは、高齢出産の人に乳ガンが多いといわれますが、その理由はそれだけ
女性ホルモンの分泌期間が長いことによるためです。

また女性ホルモンの使用によって乳がんが大きくなったり、乳がんの患者さんが妊娠すると
女性ホルモンの分泌が盛んになって乳がんを進行させたりします。

治療の主体は手術になりますが、腫瘍の大きさ、進み具合などによってさまざまです。
進行ガンはやはり乳房切断術が行われ、ホルモン剤や抗がん剤療法も行う場合があります。

乳がんは自分で乳房のシコリを発見できるため、早期発見が比較的容易なガンです。
ただし、シコリに気がついてもガン宣告が怖くて進行ガンに至ってしまう
人もいます、
早期発見であれば、乳房を切り取らずに腫瘍を切除し、放射線治療と組み合わせる乳房温存療法
も増えてきていますので、すでに全手術の3割がこの慮法になってきています。
放射線によって乳房は強い日焼け状態になりますが、
1~2ヶ月でほとんどわからないくらいに薄くなっていきます。
シコリにきづいたら放置せず、専門医を尋ねてください
それとキトサンを飲用しガン対策をご自信でも併用してはじめられることをおすすめ
いたします。

水溶性キトサンの効果として
乳がんは早期発見で治療が可能で生存率も高い部類のガンで、水溶性キトサンを一日
4000mg~5000mg (当社キトサンで1g~5g)を飲用すれば抗ガン剤の副作用が軽減されるうえ
治療効果のさらなる向上と治癒の可能性が極限まで高まります。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

ガンを引き起こす原因があると聞きましたが、どのようなものなのでしょうか?

ガンが遺伝子の突然変異により起因 そしてガンを引き起こす原因というのは
遺伝子に突然変異をおこさせる誘引要素のこと、すなわち初発因子(発ガンイニシエーター)ということになって
一般に「発ガン物質」と呼ばれるものも含み、私たちの周りには、この初発因子が数えきれないほどあふれています。

発ガン因子の80パーセントは化学物質だといわれておりますが、現在までに2400種類の化学物質に発ガン性の疑いがあると
明らかにされております。
地球上には、まだまだ安全が確認されていない物質が数多く存在するとされています。

したがって今現在は問題にされていなくても、今後発がん性があると指摘される物質が出てくることは十分に予想される
ことです。
それでは現在発ガン性が確認されている、代表的な初発因子をあげてみましょう。

タバコ
ベンツピレン(自動車の排気ガス、タバコのタールに含まれる)
食品添加物
トリプトP1,P2(魚や肉の焼け焦げに含まれる)
アフラトキシン(ナッツ類や穀物につくカビの一種)
放射性物質
紫外線
農薬
ダイオキシン
トリハロメタン(水道水に含まれる)
医薬品
ストレス
活性酸素
B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス

この他にもまだまだ数えきれないほどありますが、もちろんこうした発ガン物質が体内に入ったから
といってすぐにガンを引き起こすわけではありませんが、日常生活において初発因子に気をつけて
おくことは、ガンの予防に大変役立つと思われます。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.