「ガン対策」カテゴリーアーカイブ

乳がん 早期発見すれば乳房を切り取らずにすむ治療が増加

乳がんじゃ自分で乳房のシコリを発見できるため

早期発見が比較的容易なガンです。

ただし、シコリに気づいてもガン宣告が怖くて

進行がんに至ってしまう人もいます。

早期がんであれば、乳房を切り取らずに腫瘍を

切除し放射線治療と組み合わせる乳房温存療法も

増加してます。

シコリに気づいたら放置せずに、すぐ専門医受診することです。

一説に、発見されるまでに乳がんは25年は経過しているといわれています。

乳がんの好発年齢は50歳がピークですが、30歳代から

注意が必要です。

集団検診は30歳以上が対象ですから。結婚・妊娠をきっかけに

積極的に検診を受けることをおすすめできます。

 

水溶性キトサンを一日5g(5000mg)を服用すれば抗がん剤の

副作用が軽減されるうえ、治療効果のさらなる向上と治療の

可能性が相当高まります。

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

水溶性キトサン で苦しい闘病生活の末現在は仕事にも復帰(食道ガン)

もともと虚弱体質で、特にこの10年ほどは膵臓が弱くて病院通いが続いていました。

ある日、強い胸の痛みに襲われたので、胃カメラで検査を受けたところ

「食道に腫瘍ができています」といわれ、手術するようにすすめられました。

先生は病名病状についてははっきりいわなかったのですが、

すぐに末期のガンだと思いました。

それからすぐに入院したのですが、いろんな方がお見舞にきてくれ

あるかたが水溶性キトサンをくれました。

手術するから1日5gを4~5回に分けて飲んでいました。

 

私は病院慣れというか、病気慣れしていたせいもあって、

ガン告知や手術と聞いてもそれほどショックは受けませんでした。

食道の手術をするために開いてみると胸の癒着がひどく

手術が大変で、約6時間がかかった大手術だったそうです。

手術後、15日間は水も飲めず、腸に穴をあけて栄養を取り入れる

という苦しいベッド生活でした。

食事ができるようになってすぐに再び水溶性キトサンを飲むようにしました。

 

そのおかげで、5ヶ月間の闘病生活が終わり、元気になり退院しました、

それから3ヶ月に「1度定期検査を受け、1日に5~6回に分けて食事を

市ながら毎食後に水溶性キトサンを1g必ず飲んでいました。

再発、転移という不安があるので、水溶性キトサンを1年以上欠かさず

飲み続けました。

 

水溶性キトサンを飲んで早くも感じたことは、2週間くらいで傷口の痛みが

緩和され、また食欲も早く増えてきて

なんとなくやる気も出てきて、元気になったのです。

背中とか手足にかゆみが出た程度の好転反応がありましたが

4日ほどで消えました。

今でも1日4gを飲み続けております。

手術から1年半経過してますが、定期健診の結果もよく

再発と転移の兆候が無いので現在は無事仕事に復帰しています。

茨城県 Nさん49歳 デパート勤務

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

0-16

水溶性キトサン飲んだら放射線 抗がん剤副作用が無かった

下腹部の痛みを覚え検査入院

で右の腎臓にかなり大きなガンがみつかり

肺にも影ありと宣告されました。

医者からは腎臓全摘出し、転移防止するために

抗がん剤投与を行うこと、肺ガンは放射線治療と

抗がん剤を併用すること、放射線治療と抗がん剤の

副作用のことなど、治療方法について詳しく説明を

受けました。

 

入院してから1週間後に腎臓の摘出手術を受け

手術は成功、その後まもなく抗がん剤の注入がはじまり

1回目は胸と腰に激痛が走り立てなくなってしまいました。

1週間後の検査では肺の影が大きくなっていることが

わかり、2.3日たつと髪の毛が抜けはじめとてもショック

でした。 (まだ30代なのにしかも独身)

もう絶望的な気持ちになりました。

 

そんなとき母が、自分が飲んでいる「水溶性キトサン」を

病院にもってきて主治医に相談したんです。

すると「副作用が軽減するためなら、飲んでかまいません」と

了解をいただき、一日3回病院の飲み薬と一緒に飲みはじめました。

 

すると3日目から胸と腰の痛みが消え、少し元気になりました。

その後3回抗がん剤の投与を受けました。

水溶性キトサンを飲んでいたせいでしょうか、1回目のような副作用の

症状はまったくありませんでした。

 

体も疲れにくく以前は多かった咳もほとんど出なくなりました。

主治医からは「肺ガンは大きくなっていないが、そのまま放置しておくと

危険です、あなたは若いし、体も丈夫なので、もっと効く抗がん剤と

放射線治療を併用したほうがいい」といわれました。

少し悩みましたが、「水溶性キトサンをきちんと飲んでいれば、副作用は出ない」

と信じてやることにしました。

それからは、療法の治療の副作用が心配で、水溶性キトサンの飲用量を

それまでの倍量に増やし、その後2ヶ月で10回の抗がん剤の注入、

放射線照射は30回になって、白血球の数値が少し低下した以外に

副作用らしい症状は感じませんでした。

0-13

水溶性キトサンのおかげだと思います。

検査でも肺の影はすっかり消えたことがわかり、

約半年の病院生活が終わって退院できました。

最近の検査では、腎臓にも肺にも異常なはく

赤血球、白血球の数値も正常で、

主治医もこれは奇跡だといっております。

「水溶性キトサンを飲んでいれば安心、ガンは怖い病気ではない」

無事職場に復帰してからは、病気らしい病気はありませんので

あらためて安堵の日々を送れることに感謝です。

兵庫県 会社員Tさん

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

一歩進んだ抗がん対策

J.フォークマン博士が開発した新薬 に注目!

この新薬はアンジオスタチンとエンドスタチンという2種類の

タンパク質。

がん細胞を直接叩いたりするのではなく、その成長を止め

死にいたらしめるという画期的な開発なんです。

この薬自体は、がん細胞に働きかけて、叩き潰すといったものではなく、

アンジオスタチン及びエンドスタチンという微量ながら人体に存在するたんぱく質の、血管形成に対する阻害作用を利用し

がんが新しくつくった毛細血管を破壊してしまうのです。

がん細胞は栄養分や酸素を取り入れることができなくなり、

成長できない~衰弱死ということになります。

従来の西洋医学のがんに対する考え方の主流を占めて

いたのは 切る(手術) 焼く(放射線治療) 殺す(抗がん剤)

という治療方法でした。

 

いずれもがん細胞に直接攻撃をしかけるものです。

その結果がんはやっつけたのだけど、患者も死んでしまった。

という悲劇が繰り返されてきたのです。

しかしJ・フォークマン博士の新薬は・がん細胞を直接叩くことをやめて、栄養と酸素を絶って、転移を防ぎ、がんそのものを無力化

がんは無秩序に増殖し、正常な組織に浸潤し、これを破壊し、さらに転移するというやっかいな性質をもっております。

その活動力を断てば、がんは縮小し無害な状態にしてしまう。

基本思想:この考え方こそ水溶性キトサンの抗がん作用とまったく同じ思想です。

しかも体内にある物質を活性化させることで、がんに対応していくという点でも一致しています。

副作用の心配もないのも水溶性キトサンと同じです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

0-40

食道がん 総合的な治療戦略

高齢者に多くリンパ節転移の確率の高い食道がんは、90%が扁平上皮がんなので、

放射線治療も有効ですが、しかし放射線治療だけでは思うように治癒しないときには、

手術をを中心に化学療法を併用するケースもよくみられます。

 

リンパ節に転移した場合、手術にとって代わる治療法は、見出されておりません

術前・術後の補助療法として、放射線と抗がん剤を用います。

抗がん剤はプレオマイシン、シスプラチンなどが有効ですが、決して高い

有効率を示しているわけではありません。

また術後の補助療法としても確立されているわけではないです、

 

治療の中心は手術ということになりますが、技術的進歩や術後の管理の向上によって

昔のように大手術という感じではありません。

高齢者が多いことやリンパ節への転移率の高いことなどのために、総合的な治療戦略

必要です。

たとえば水溶性キトサンなどの健康食品との併用が、非常によい結果をもたらした報告など

多数の患者さんからの声も寄せられています。

水溶性キトサンは、渋みがあるので、少量に分けて数回飲用をおすすめします。

放射線および抗がん剤の副作用軽減のためには、水溶性キトサンを一日3g~5gほど

摂る必要がでてきます。

病状をよく知ったうえでの総合的な治療方法は、食道がん治療にとって大事なんで

主治医とよく相談しよく考えて、多角的に闘うことです。

そうすれば、治療率は決して低いものではないです。

 

0-40

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

027

人間に備わった免疫という素晴らしい仕組み

手術・放射線・抗がん剤によるがん治療では得られないこのような結果がなぜ、免疫療法では可能なのか?

本質的にはいろいろ推定されているのですが、

詳しく解明されているわけではありません。

 

人間に備わった免疫という素晴らしい仕組みを知れば、まるで奇跡のようなことが起きる可能性

免疫とがんの関係を中心に免疫についての概略を説明してみます。

 

免疫とは、ある病気に一度かかると、二度同じ病気にかからない現象として良く知られています。

はしかはその代表で、一度はしかにかかると、一生の間、再びはしかにかかることはありません。

 

相当古い時代から、理屈はわからないながらも、このような現象があることを人々は知っていたようです。

 

最近になって免疫の研究が進むにつれ、花粉症やアトピーを始め、さまざまな難病にも免疫が関わって

いることが分ってきました。

 

免疫細胞や抗体といった免疫系が多面にわたって正常な身体機能の維持にかかわっており、それが少しでも異常を

起こすとアトピー花粉症などの病気を引き起こしているのです。

逆に免疫機能がまったく働かなければ、さまざまな病原性の細菌やウイルスに容易に冒されてしまい

人間は一月と生きながらえることはできません。

027

このことは、免疫機能が破壊されるウイルス感染症エイズの結末を見ればよくわかります。

今日における免疫学の分野では未だ不明なことも多く、新たな疑問や発見が出てくる世界なのです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

0-40

低分子水溶性キトサン がん予防と治療の新しい物質

水溶性キトサン ガン予防作用と抗ガン作用

①水溶性キトサンは、ガン細胞を直接殺すわけではないが、ガン細胞を抱え込む作用により、ガン細胞の活性力を奪い、腫瘍新生血管の生を阻害し、その異常増殖を抑制することができるんです。

②低分子 水溶性キトサンは免疫力を向上させ、ガンの浸潤を食い止めることが可能です。

③ガン転移時に必要とされる接着分子と結合することによりガン転移をブロックする働きをします。

④低分子 水溶性キトサンは、ガン細胞などから排出された毒素を吸着除去してくれて、痛みも和らげ、食欲低下症状改善もします。

⑤低分子水溶性キトサンと抗がん剤との併用で抗がん剤の副作用を軽減し、効果持続に貢献します。

⑥放射線治療と併用で、放射線の副作用を抑制し、後遺症のダメージもなくなります。

0-40

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

全摘した胃がキトサンで回復早く仕事に復帰できた

私の母は、5年前に大腸がんで手術をしましたが、肺に転移し結局亡くなりました。

2年前には兄も胃がんになり、胃を全摘して半年で世を去りました。

家族にとっては悲痛な時期でした。

がんになりやすい家族だと思いましたので、

自分は健康診断をきちんと受け、食事にもきおつけていました。

去年の検診で胃にポリーブがみつかり、精密検査を受けました。

組織検査の結果、悪性腫瘍ということで、主治医から手術をすすめられ、

そのまま休職し入院しました。

手術してから抗がん剤の投与を受けて退院しましたが、ものが食べられず、

食べてもすぐ吐いてしまっていました。

全身に痛みがあり、眠れず

心配した友人からいろいろな健康食品を紹介してくれましたが、

試しても自分にはあわなくて、飲んでもやはり吐いてしまうものが

ほとんどでした。

その中で最後に飲んだのが水溶性キトサンだったんです。

 

キトサンに関しては新聞テレビで、抗ガン作用があると報告されており、

医者の中でも治療に使用されているところもあるそうで、

なんとなく信じれそうな気がして

水溶性だから水に溶かして飲みものとかに混ぜて飲用することができるため

楽でした。

1日あたら数回にわけて5g毎日飲用しつづけました。

約1ヶ月たったころ、兄とちがって少し食欲が出てきて

一生懸命飲み続けていました。

3ヶ月経過したあたりで、さらに食欲も出てきて、ほぼ

ほとんどのものを食べられるようになりました。

検査の結果 転移再発もみられず

体調も回復

去年から会社に復帰もはたせました。

1年以上たって前より疲れることも少なくなり

妻も一緒に飲んでいて 不眠や頭痛がなくなったといい

これはもう水溶性キトサンのおかげとしかいいようが

ありません。

さらに夫婦揃って飲用しつづけ

健康管理して元気ですごす自信がわいてきました。

 

茨城県 50代会社役員

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

005

乳がん 手術が軽くてすみ 

乳房にシコリがみつかって、去年 市内の病院に行った

ところ、乳がんと診断されました。

手術で切除することをすすめられて、ずい分と悩み抜きました。

様々な書籍も読み、乳がんは手術で取るのが有効で、高い確率

治療率なのはわかったんですが、

どうしても片方の乳房が失われることには、抵抗があり

手術を拒み続けました。

健康食品についてもいろいろ調べてみたんですが、数々あって

どれがいいのか分らなくなってしまいました。

 

そんなとき、友人が「水溶性のキトサンがいい見たいだよ」と

声をかけてくれました。

私はキトサンに関する大学の基礎研究や医師の臨床結果を

まとめて読み、これはもしかしていいかもと納得したので、

飲み始めてみました。

たとえ健康食品でも、副作用があるだろうと心配もしましたが

一日3gから(回数にわけて)飲用し、とくになにもありませんでした。

さらに一日5gに増やしてみたら、顔が赤くなりかゆみが止まらなく

なってしまい、友人に聞いてみたら、

それは「好転反応」と説明してくれました。

それを乗り切りさらにそのまま継続して3日くらいで症状は消えました。

検査の日病院で検診してもらったら、腫瘍は大きくも小さくもなって

いない、そして転移も認められないということでした。

私自身この結果に満足しました。

痛みも感じなくなっていたし、副作用もないのですから、このまま

維持できれば・・・と思ったのです。

 

さらに1ヶ月後に検診したら、がんが半分くらいになってきた

といわれました。

主治医は「今がチャンスなので、がんも小さくなってきたので

手術でとったほうが確実で安全です」とすすめてきました。

抗がん剤は拒否し水溶性キトサンを飲み続け、患部の

手術を受けることにしました。

術後2wで退院できました。

今でも月1回検診を受けておりますが、一年たっても転移も

再発も認められず、順調に暮らせております。

もちろん水溶性のキトサンは欠かさず継続飲用してます。

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

キトサンあなたを強くするがん予防と治療 免疫療法

がんというのは遺伝子の病気であって幾多の要素が複雑に絡みあって

がんになりやすい体質が形成され、なんらかの発ガン作用が加わり

がん細胞が形成されるので、いろいろながん治療法がありますが、

決定的な予防法がない病気でもあります。

 

とくに環境・有害物質の体内侵入を完全に抑えることはむずかしいです。

ストレスや活性酸素の発生も防ぎきるのはむずかしい課題です。

がん細胞の増殖は急激におころものではなく、免疫機能やがん抑制遺伝子

との闘いを繰り返し、5年10年と長い時間を経て、ある時点から急速に加速

してくるのです。

ある程度の塊になってくると自然に細胞がばらけて、血液やリンパ液に乗り

場所を変え、定着します。

 

新たな場所に定着したがん細胞は、分裂増殖を繰り返し、領域を拡大していきます。

転移といわれるものです。

がんになると痛みや食欲不振になってしますのは、増殖した細胞が毒素を出し、

食欲や免疫力にダメージを与えるからで、末期のがん患者さんの大多数は栄養障害

が起き、がん細胞に栄養分を奪われてしまうから衰弱してしまうのです。

がん細胞の異常増殖、転移を阻害できればがん進行は止まり、根治も

可能になってくるということです。

たとえ異常増殖がはじまったとしても、転移阻止できれば対応は可能です。

がんのだす毒素を抑えることができれば、体の抵抗力も温存できれば、

治癒にもちこむことが可能になります。

そのような物質や方法はないのでしょうか?

それがあればがんの予防だってできるわけですし、たとえがんを発症したとしても、

延命や治療が可能になるわけです。

 

じつはそのような物質こそ水溶性のキトサンの働きになるわけです。

もちろん水溶性キトサンはがん予防だけではなく、抗ガン作用を発揮して

くれる物質で、今後さらに期待がたかまってくるわけで、

ますます活躍してくれる、たのもしい物質なのです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

0-32

前立腺がんに水溶性キトサンで対処

その昔の日本ではあまり多くはなかった

前立腺がんですが、食生活の欧米化とともに

高齢化社会を反映して、今は激増しているんです。

 

男性の50歳代から増え始め

高齢になるほど危険度が比例して増加

また症状の出ない潜在ガンも多く

70歳代では、50%の人に潜在がんがあると

いわれます。

 

進行が遅く発病までに時間を要するために

早期発見が難しく、発見されたときには

すでに転移している場合が多いです。

 

検査技術の発達により、早期の発見は

増えてきました。

 

従来の、直腸診断から前立腺特異抗原

腫瘍マーカーによる検査普及により

早期発見の確立が高まりました。

 

がん転移していない場合は、前立腺の

全摘出手術を行います。

 

また前立腺がんは男性ホルモンと密接な関係

があります。

 

内分泌療法(ホルモン療法)も有効です。

がんが転移している場合は内分泌療法(ホルモン療法)で

がんを縮小させてから手術を行うこともあります。

 

抗がん剤による化学療法の効果は薄く

期待薄く

がんの進行、転移を抑制し、痛みも緩和してくれる

水溶性キトサンをお勧めいたします。

0-32

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

08

免疫力が正常に働いているうちは・・いいのですが

微小がんが毎日2000~3000個ぐらいは

私たちの体内で発生していると

いわれています。

 

でも免疫力が正常に働いてくれているうちは

それらは摘み取られ、

たいてい発病することはありません。

 

がんが微小のうちに発見できれば、

自分のちからつまり(自然治癒力)で

治癒させることができるんです。

 

ですが、免疫力というのは

年齢とともに衰えていくもので、

当然免疫力が衰えれば

 

がんの増殖が抑えきれなく

発症ということに

 

ですが高齢者にかぎった

ことではなく

中高年や若い人たちの

なかにも

食生活の乱れ

ストレスの蓄積

から免疫力が弱くなっている

人が多く見受けられます

それこそ普段から

意図的に免疫力を高め

予防することが

まず手堅い選択でしょう。

 

がんは自覚症状が現れたり

集団検診や病院の検査で

発見されてからでは

手遅れになるケースが多いのも

よくあることなんです。

 

水溶性のキトサンは微小がんや

進行がんにも多大な効力を発揮してくれます

 

がんは精神面 肉体面に多大な苦痛を

伴う疾病です

家族を含めて周囲の人々も巻き込みます

 

ぜひ家族で水溶性キトサンを飲用実践し

健康生活を維持していただきたいと

思います。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

lwdqia3p7u8s_main_1466502900

三大療法以外にがんへ有効な治療法はあるのか

lwdqia3p7u8s_main_1466502900

三大療法 以外に新しいがん治療法はないのか

注目の次世代がん治療法としてもっとも期待が寄せられて

いる方法が 遺伝子療法免疫療法なんです。

遺伝子療法は、遺伝子の異常に端を発するがんに遺伝子で

対抗しようとするものです、治療法には数種類あって

例として、がん細胞に直接がん抑制遺伝子を注入する方法

がん細胞に生理活性物質の遺伝子を組み込んだものを

ワクチンとして利用する方法などです。

これら遺伝子を利用した治療方法はようやく臨床試験段階に

入ったばかりで、遺伝子療法に欠かせない遺伝子を運搬する

ベクター開発で欧米に大きく遅れており、今しばらく時間が

かかりそうです。

一方私たちの体に備わっている免疫力を高めることで、がん

に対抗する方法が免疫療法です。

これまでに外科療法 化学療法の補助的な扱いで行われて

きましたが、バイオテクノロジーがすすんだ今

新たな療法が開発されて注目されています。

 

がん免疫の中心になるT細胞の増殖・活性因子で

あるインターロイキン2とがん患者から採取した

リンパ球を培養して、がんへの攻撃力を増した

リンホカイン活性化キラー細胞(LAK)をつくりだし

再び患者体内へ戻し(養子免疫療法)と呼ばれる治療法も

その一つです。

 

この療法ではすでに肺がん、腎臓がん、脳腫瘍、メラノーマ

などの治療で成果を上げております。

最近においてはもっと強力な免疫力を持つリンパ球をつくる

ために、がんに浸潤したリンパ球をインターロイキン2で培養する

方法も行われております。

これによってできた腫瘍浸潤T細胞(TIL)

はLAKよりも50~100倍もがんに対する免疫力が高い

ことがわかっております。

 

これらの免疫療法は、直接がんを叩く外科療法や化学療法とは

異なり、体がもっているがん細胞を攻撃する力を高めることにより

がん排除をしようとゆうものです。

三大療法のように副作用に悩まされることもなく

患者のQOL損なわずに治療することができることから

これからの主流になりうる治療法として期待が高まります。

もちろ上記の方法は先端医療で高額医療費のかかるがん治療

方法ではまだあります。

それにくらべ現状低分子キトサン飲用は安価で安全で副作用もなく

同じく免疫慮法としてがんだけでなくあらゆる疾病に対し

良い効果 成果が患者さんにもたらされております。

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

0-40

脳腫瘍に水溶性キトサン

通常、悪性腫瘍のことをガンっていっていますが

頭蓋内に発生する腫瘍は、良性。悪性問わず

脳腫瘍と呼びまして

良性腫瘍は脳細胞の周辺から発生し、進行がゆっくりで

正常な細胞との境がはっきりしていて浸潤しません。

 

悪性腫瘍は脳組織内部から発生し、

増殖のスピードも早く周りの組織に浸潤します。

発生率はどちらも5分5分

しかしたとえ良性だからといってほっておくわけに

いかないのが他のガンと違うところで

脳は一定の容量で頭蓋骨の中に一定の容量で

収まっていますが、

 

腫瘍が増大して容量が増すと、頭蓋内の圧力が

高くなり脳を圧迫やがて重大な障害につながり

したがって良性腫瘍でも悪性と同様に摘出する必要が

あります。

 

脳腫瘍には良性悪性 30種以上あり

良性腫瘍の5年生存率は約90%

悪性腫瘍の場合はその種類により異なり

なかでも悪性度が高く、最も多く発生する

グリオーマで17%と治療成績は良くないです。

脳の場合他臓器にくらべて未知の部分が多くあり

現状では、水溶性のキトサンを利用することも

貴重な方法となりえます。

 

0-40

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

005

乳がん体験談から何を学べますか?

左乳房にシコリがあり、乳がんと病院で判明。

手術で左乳房を切除することをすすめられまして

ずい分と悩み抜きました。

いろいろ本も読んだり、乳がんは手術で取るのが

最も有効で、90%以上の高い治癒率であることは

わかったのですが、

片方の乳房が失われてしまうのはどうしても

抵抗がありまして手術を断固拒否しました。

 

健康食品についても調べましたが、たくさん

あってどれがいいのか迷ってしまいました。

そんなとき友人が、水溶性のキトサンを紹介して

くれました。

大学でのキトサンの基礎研究や医師の臨床結果を

読み、これはいいものだと理解できたので、

すぐ飲みはじめることにしたんです。

最初は少ない量からはじめてだんんだんと量を

ふやしていきました。

最初はなんでもなかったのですが、

目が充血したり顔が赤くなったり かゆみがでたり

しました。

友人いわく「それ好転反応よ」と説明してくました。

飲み続けいましたらしばらくしたら、

この反応もなくなりました。

一ヶ月飲用しつづけて、病院で検査してもらうと、

大きくもなっていないが、小さくもなってないが

転移も認められないという結果でした。

傷みは感じなかったし、副作用もないので

このまま維持すればいいと思いました。

そして一日5回にわけて水溶性のキトサンを

量を増やして飲み続けました。

さらに一ヶ月経過し検査。

がんが半分くらいに小さくなったといわれました。

主治医は「今がチャンスですがんが小さくなったから

手術で取ったほうが確実で安全と」すすめられました。

抗がん剤は拒否し水溶性キトサンのみを飲み続け

手術を受けることにしました。

その結果、術後2週間で退院でき、周りのみなが

驚いていました。病人とは思えないほど

確実に回復していました。

いめでも月1回は検診を受けにいってますが、

転移も再発もまったくありません。

今後も水溶性キトサンを飲み続けて

元気に人生を生きていくつもりです。

005

39歳 山梨県主婦

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

ガン検診 はたして受けたほうがいいのでしょうか?

ガンは早期発見・早期治療が完治への第一歩です。
ところがガンという病気はそのほとんどが初期の段階では自覚症状のない段階で発見できるかできないか、
完治できるかどうかの重要なタイミングといえます。

ガン検診を積極的に受けるべきだという根拠も、ガンという病気の特性にあるといえます。
その一方で、ガン検診を過大ひゅう科しすぎることに対して警鐘を鳴らしている専門家がいるのも事実です。

例えば肺ガンの検診などに関しては、厚生労働省の研究班自ら、その有用性に疑問符を付けています。
というのも肺ガンの場合今も早期に発見することが難しく、たとえガン検診で発見することができても、
そのときはすでにかなり進行してしまっていることが少なくないからです。
厚生労働省は98年から、5種類のガン検診について、老人保健法の補助金事業からはずしています。
それまで国家事業の一環として行われていたガン検査の一部を市町村など地方自治体の一般財源で
行われるようになったわけです。

こうした背景には、国の財政難がおおいに関係していることは間違いありませんが、ガンの集団検診に対する疑問の声も
少なからず影響しているものと思われます。

検診を受けたからといって安心できないのが、ガンです。
そのときは異常なしと診断されてもあくまでその段階で異常がないということであっても
将来的にガンにならないという保証はどこにもないからです。

ガンのなかには極端に進行が早く一年程度の検査では早期発見が難しいとされるものがあります。
ガン検診でたまたま異常がみつからなかったといって安心して、そのままガンになりやすい生活を
送っていれば、かえってガンにかかりやすいともいえます。

もちろん、ガンに限らず検診を受けるか受けないかは個人の自由なんで、とくにガンは生死観に直結する問題でもあり、人
によって考え方が違って当然。

ただし早期発見、早期治療がガンを完治させる第一条件であることを考えるとできるだけ検診は利用すべきであり、
またガン検査で異常が発見されなくても気を緩めずに、その後も継続して、ガンになりにくい生活習慣を心がけることが大事だと
いえるのではないでしょうか

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

肝臓に認められたガンの転移の恐れがなくなった

私は2年半前にS字結腸ガンの手術を受け・・・再発・転移が怖いので、以来毎月検査に通っています。

CTスキャンを使って検査したところ肝臓に影が見られ「肝臓ガンに転移した恐れがある」といわれました。

 

そして2ヵ月後にMRIを使ってもう一度精密検査をすることになったのです。

それから、息子が持ってきてくれた粉末のキトサンを朝晩3杯ずつ飲むようになりました。

そして迎えた精密検査。

なんと「全然影がない」といわれたのです。

長いこと診ている主治医の先生も「おかしいな。そんなことはあり得ないんだがな・・・・・・・・」

と首をかしげるばかり、

けれども私は、食事がおいしく、とても元気になってきたことは自分自身でも実感しています。

こちらで購入した低分子粉末キトサンを続けようときめ毎日飲用してます

Sさん 長野県

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

甲状腺がん甲状腺がんの診断には触診が重要です

 甲状腺がん 

甲状腺は頸部の正面下方に、のどぼとけにつづく気管を取り巻くように、位

置しています。

蝶のような形でサイロキシンという全身の細胞の新陳代謝に関与するホルモ

ンを分泌します。

甲状腺がんは、全がん症例の1%程度と言われています。

性別では女性に多く男性の約3倍で、年齢では、50代、40代、30代の順に多

いそうです。

症状で一番多いのは、甲状腺のしこりです。

それは殆どの場合に自覚症状がありません。つまり何の痛みも異物感も感じ

ません。たまたま鏡で見てはれていることをみつけたり、何気なくさわって

みてわかったり、人にいわれたり定期検診でみつけられたり、他の疾患で受

診して、その医師に指摘されて、わかるというのがほとんどです。

甲状腺がんの診断には触診が重要です。がんらしい硬さ、不平滑な表面と形

そしてその可動性を診ることによって70~90%まで診断はつくとされていま

す。

なお、細胞内の遺伝子は親から子へ遺伝情報を伝達します。親から子に継承

される遺伝子のある種の変化により、特に甲状腺髄様がんが誘発されること

があります。

甲状腺癌の原因は、現在でもはっきりとはわかっていませんが、遺伝による

もの・ヨード(ヨウ素)の過剰摂取と言われています。

もともと甲状腺の病気には遺伝が危険因子と考えられるものが多く、バセド

ウ病などの甲状腺の病気もやはり近親者が同様に病気になっていることが多

いようです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

ガンにならないために生活で注意しねければいけないことは?

ガンになることを防ぐ最大のポイントは生活習慣を変えることです。
喫煙が肺ガンなどと深い関係があるのは、よく知られていることです。
また日本人の臓器別ガン患者の割合を見ると、胃 大腸 肝臓 膵臓 食道など、消化器系のガンが大きな
割合を占めておりますが、これらのガンは食生活と深いかかわりがあると考えられるのです。

しかし禁煙して食生活に気をつけても、現代社会では発ガン物質などの有害物質が体内に入りこんでくることを
完全に防ぐとくことは、不可能に近いです。

たとえ少量でも長年にわたりそれらの発ガン物質を摂りつづけていると、ガンを誘発する原因になりかねません。
完全に有害物質から身を守ることなどできないのなら、それらをできるだけ体外に排出することによって、
発ガンの可能性を低くすることができます。
要するに、体内に入り込んだ有害物質を吸着し、排出する物質を利用することができれば、ガンになる可能性は
低くなるとおいうことです。

実は、体内でそうした役割を果たしてくれるのが水溶性キトサンで、水溶性キトサン(低分子キトサン粉末)を日常的
に摂取することでガンになる確率を確実に下げることができるのです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

020

乳がんについて

乳ガンは日本には少ないガンでしたが、しかし戦後になって急増し、今後もこの傾向は
続くのではまいかと予測されています。

その理由としては、高脂肪の欧米型の食生活の一般化があげられます。
意外なことに、乳がんは女性特有のガンと思われがちですが、1998年には
76人の男性が乳がんで死亡しています。

乳ガンは女性ホルモンと関係の深いガンです。よく出産経験のない人や出生回数の少ない人
あるいは、高齢出産の人に乳ガンが多いといわれますが、その理由はそれだけ
女性ホルモンの分泌期間が長いことによるためです。

また女性ホルモンの使用によって乳がんが大きくなったり、乳がんの患者さんが妊娠すると
女性ホルモンの分泌が盛んになって乳がんを進行させたりします。

治療の主体は手術になりますが、腫瘍の大きさ、進み具合などによってさまざまです。
進行ガンはやはり乳房切断術が行われ、ホルモン剤や抗がん剤療法も行う場合があります。

乳がんは自分で乳房のシコリを発見できるため、早期発見が比較的容易なガンです。
ただし、シコリに気がついてもガン宣告が怖くて進行ガンに至ってしまう
人もいます、
早期発見であれば、乳房を切り取らずに腫瘍を切除し、放射線治療と組み合わせる乳房温存療法
も増えてきていますので、すでに全手術の3割がこの慮法になってきています。
放射線によって乳房は強い日焼け状態になりますが、
1~2ヶ月でほとんどわからないくらいに薄くなっていきます。
シコリにきづいたら放置せず、専門医を尋ねてください
それとキトサンを飲用しガン対策をご自信でも併用してはじめられることをおすすめ
いたします。

水溶性キトサンの効果として
乳がんは早期発見で治療が可能で生存率も高い部類のガンで、水溶性キトサンを一日
4000mg~5000mg (当社キトサンで1g~5g)を飲用すれば抗ガン剤の副作用が軽減されるうえ
治療効果のさらなる向上と治癒の可能性が極限まで高まります。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

027

ガンを引き起こす原因があると聞きましたが、どのようなものなのでしょうか?

ガンが遺伝子の突然変異により起因 そしてガンを引き起こす原因というのは
遺伝子に突然変異をおこさせる誘引要素のこと、すなわち初発因子(発ガンイニシエーター)ということになって
一般に「発ガン物質」と呼ばれるものも含み、私たちの周りには、この初発因子が数えきれないほどあふれています。

発ガン因子の80パーセントは化学物質だといわれておりますが、現在までに2400種類の化学物質に発ガン性の疑いがあると
明らかにされております。
地球上には、まだまだ安全が確認されていない物質が数多く存在するとされています。

したがって今現在は問題にされていなくても、今後発がん性があると指摘される物質が出てくることは十分に予想される
ことです。
それでは現在発ガン性が確認されている、代表的な初発因子をあげてみましょう。

タバコ
ベンツピレン(自動車の排気ガス、タバコのタールに含まれる)
食品添加物
トリプトP1,P2(魚や肉の焼け焦げに含まれる)
アフラトキシン(ナッツ類や穀物につくカビの一種)
放射性物質
紫外線
農薬
ダイオキシン
トリハロメタン(水道水に含まれる)
医薬品
ストレス
活性酸素
B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス

この他にもまだまだ数えきれないほどありますが、もちろんこうした発ガン物質が体内に入ったから
といってすぐにガンを引き起こすわけではありませんが、日常生活において初発因子に気をつけて
おくことは、ガンの予防に大変役立つと思われます。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

予防から根治まで一貫して作用する

これまで紹介してきているように。キトサンのガンにたいする作用は、
ガンの予防からすでにガンになっている場合の治癒、根治にも効果を
発揮することがわかっております。

またキトサンには、放射線物質の体外への排泄促進効果があることも
わかってきております。

1986年のチェルノブイリ原発事故では、被害が広範囲におよんだため
にすべての被爆者にキトサンを用いることはできませんでしたが、
キトサンを投与された住民のなかには、悪性腫瘍の発生を回避できた人々が
数多く存在しております。

こうしたことからも、キトサンはガン治療はもとより、ガン予防においおても
非常に有効な成分であることがわかります

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

膀胱ガン

40歳以上の男性に多いガンです。
表在ガンと浸潤ガンとに分けられます
表在ガンはほとんど転移というものはありませんが、再発を繰り返します。
膀胱ガンの70%が表在ガンです。

浸潤ガンは転移しやすく、肺や肝臓へ40%以上の確率で転移するといわれています。
膀胱ガンの初期の症状というのは、痛みのない血尿が出ることです。

何日も続けて出るということはあまりなく、しばらくして自然に止まります。
痛みもなく血尿も止まったためそのままにしてしまう人が多いのですが、
この間にガンが進行することになります。

血尿が出たからといって、すぐにガンと思いこんでしまう必要性はないですが、
泌尿器科で診察を受けて検査したほうがいいです。

表在ガンの手術では、膀胱を温存する経尿道手術が行われます。
これは開腹の必要がなく、尿道から内視鏡をいれて高周波電流を流してガンを切除します
また電流ではなくレーザーで焼きつくす方法もあります。

内視鏡をつかった手術の後再発防止のために抗がん剤や結核予防のワクチンのBCGを
膀胱内に注入する方法も行われます。

浸潤ガンの場合には開腹して膀胱全摘手術を行うのが一般的で、しかし最近は手術前の抗がん
剤動脈内注入法を組あわせて、膀胱を残そうといおう試みもあります。

膀胱ガンは決して治りにくいガンではありませんが、再発しやすいので、
水溶性キトサン(低分子キトサン)を飲むことをお勧めいたします。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.