手術後 転移 再発もなく 元気に職場に復帰

腎臓にガンがあることがわかり。すぐに手術をうけました。
でもそれで終わったわけではなく、担当の医師からは

「転移の疑いもあり、くれぐれも油断は「しないように、退院したら心身にいいことを
するように心がけないといけません」

と注意を受けました。

そのことを見舞いにきた息子に話したところ、すぐに買ってきてくれたのが
水溶性のキトサンでした。

「これなんかいいみたいだよ」

一日4250mgを欠かさず飲用する毎日がはじまりました、
飲んでから一ヶ月ぐらい経ったころでしょうか、
食欲も旺盛になり、体力も回復してきました。

同じく退院もして一週間後自宅で療養、職場にも復帰できました。

二ヶ月後病院での再検査がありました。

「あなたのガンに進行はみられません」
ある程度予測はしてましたが、水溶性キトサンをあれだけ飲み続ければ
悪い結果でなと信じておりました。

手術をおえてから9ヶ月経ってまた検査がありました。
一度ガンになるとやはり気になるのは再発のことです。

でも水溶性キトサンを飲んでいるかぎり、その不安はなくなりそうです。
現在は以前と同じように元気に仕事をすることができます。

水溶性キトサンにはホント感謝してます。
福岡県 Wさん 56歳

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

キトサンの糖尿病への効果は

私たちの体は、食事を通して入ってきたでんぷん質をブドウ糖に変え
それを血液によって体内の細胞に運び
エネルギー源として利用しています。

そのとき血液中でブドウ糖をつかまえて細胞の中へ取り入れる
働きをしているのが、膵臓から分泌されるインスリンです。

このインスリンが不足したり働きが悪くなると、細胞がスムースにブドウ糖を
取り入れることができなくなるために、体がエネルギー不足に陥り
どんどん衰えていきます。

これが糖尿病という病気の正体で、やがて体重が減る、体がだるい
喉が乾くなどといった症状が出てきます。

しかも血液中に残った糖が血管壁や眼球の水晶体を変質させて、
白内障や緑内障といった目の病気をはじめ動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞
腎臓病、尿毒症、さらには知覚喪失などといったさまざまな病気を引き起こし
やすくなります。
いわゆる合併症とよばれるもので糖尿病の本当の恐ろしさもここにあります。

こうしたとときには命を落とすことにさえなりかねない糖尿病に対しても
キトサンは効果的に作用します。

たとえば、キトサンには血糖値をさげる作用があることは、多くの臨床データ
からも明快になっております。

糖尿病は悪化すると食事療法やインスリンを注射していても、血糖値が200を
超えるようなことがありますが、
キトサンを併用することによってコンスタントに平常値に近い値を保つことが
できるようになります。
これはキトサンにインスリンの働きを高める働きがあるからだと考えられて
います。

また糖尿病は肥満と深い関わりがあるといわれていますが、それはたくさん
食べることによって血液中の糖濃度が高くなり、それを処理するための
インスリンの生産が追いつかなくなってしますからです。

と同時に肥満になるとブドウ糖を受け入れる細胞のインスリンに対する反応
が鈍くなり、インスリンが糖を運んできてもうまく取り入れることができなく
なります。

キトサンにはコレステロールと中性脂肪を下げる効果があります。
こうした作用をもつキトサンには肥満を防止する働きがあり
それによって細胞のインスリンに対する感受性も維持されます。
しかもキトサンには細胞そのものを活性する働きがあります。

全国には糖尿病患者は600万人以上いるともいわれさらに増え続ける
傾向にあり
キトサンはこうした人々の救世主になりうる可能性を秘めていると
いえます。」

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

水溶性キトサンは健常な人でも飲んでいいの?

水溶性キトサンは健常な人でも飲んでいいの?

学術的に、健康維持のために 一日一回500ミリグラムのキトサン

摂取で体内毒素の排泄を

行ったほうが良いとされています

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

キトサンのガン治療への研究はどうなっているのか

キトサンの研究成果は、すでにさまざまな分野で生かされてますが、

なかでも注目を集めているのが、その高いガン抑制効果です。

それは多くの体験談からもわかりますが、

キトサンのガン抑制率は90%を超えるというデーターが出ています。

いずれにしても現代医学をもってしても満足のいく治療効果が

得られずにいるガンに対しても、キトサンが驚くべき成果を

もたらしていることはまぎれもない事実です。

ではなぜ、キトサンがこれほどまでにガンに効くのか、そのメカニズム

について実験データー等をもとに考えてみたいと思います。

 

1 免疫力を高める効果が細胞のガン化をくいとめる!

NK細胞というのは免疫細胞の一種ですが、非常に攻撃力が高く

ガン予防・ガン治療という面でも大変重要な役割を果たしております。

人の体内では健康な状態であっても常にガンの芽をつくりだしている

といわれています。

しかしそのほとんどはガン細胞になることなく死滅してしまいますが

それはNK細胞がガンの芽を異物と認識して退治してくれるからなんです。

たとえガンの芽が一つでも生き残っていると、やがてガン細胞となり

増殖を繰り返すようになります。

したがって、NK細胞を活性化させることは、ガンの芽を殺し、細胞を

ガン化するのを防ぐことにつながります。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

口腔ガン も副作用がまったくなく術後の回復に医者も仰天

酒もタバコもやらず、この年まで病気知らず

で過ごしてきました。

その私が、突然口腔ガンと言われてしまったのです。

平成11年の10月頃舌の付け根のあたりに違和感を

感じ、別に食べ物でしみることもなのでほっておいた

ところ。平成12年の1月には少し固い3センチ程度の

シコリのようなものができていました、

総合病院で検査を受けると

悪性の腫瘍と診断され

頭を殴りつけられたような感じがしました。

1月末に入院し治療はまず放射線でガンを小さくしたあと

手術で切除することになりました。

妻は放射線と聞いて副作用を心配しましたが、

とにかくガンを小さくすることが先決ということでした。

 

放射線治療がはじまって数日たったとき妻が水溶性の

キトサンを持ってきてくれました。

やはり副作用が心配で副作用を抑える作用のある

水溶性キトサンを知人から紹介されたということでした。

ちょっとのみずらかったので、一日5回にわけてのみました

放射線治療の副作用はまったくでません!

平成12年4月ガンが小さくなったということでガン摘出手術

を受けました、その後の回復は放射線の副作用がこれほど

なかった人も珍しいが、術後の回復もこれほどいい患者を

みたことがないと先生にいわれるほど順調にでした退院した

あとは以前のサラリーマン生活にもどりました。

定期的に検査は受けていますが、いまのところ

再発の症状もありませんし、リンパ節などへの転移も

ありません

あと三年再発しなければ大丈夫だろうと先生からも

いわれています。

再発防止んおためにも、それに生活主観病の予防のためにも

水溶性のキトサンを一日2g以上を継続飲用して

います!

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

キトサン今後の可能性

レントゲンでガンだと確認できるようになるまでには

ガン細胞が1グラムぐらいの大きさにならないと無理です

ガンの芽が発生して、そうなるまでには

10年以上かかっているといわれています

しかもガンが見つかって手術で切除したとしても

その周辺にあるガンはの芽まで取り除くわけではありません。

そうゆうものをキトサンが風船のような形で包みこんで排除してくれたら

ガンを根本的に治すことにつながります。

抗がん剤には強い副作用をともなうことやガンの転移を抑制する効果がない

ことを考えると、こうしたキトサンの作用は代替医療という立場から見て

理想の天然物質だということができると思います。

 

水溶性のキトサンの今後の課題は客観的なデーターに基づく科学分析

が必要だと思われますが、

ガン治療をはじめとする生活習慣病の予防や改善に役立っているという

事実がある以上、今後ますます注目される存在になるものと思っております。

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

子宮がん

子宮がんによる患者数 死亡数は減少傾向にあり

ここ半世紀で半減に近い数字になっています

子宮がんは女性の性器ガンである卵巣がんなどと比べると

治りやすいがんです、治療率の向上は、子宮がん検査によるものです。

症状がでてから病院で受診した人の治癒率が60%であるのに対して

検査で発見された人の治癒率は90%に達するというデータもあります。

 

子宮がんには子宮の入り口あたりにできる子宮頚ガンと奥の部分にできる

子宮体ガンのふたつがあります。

子宮頚ガンは30歳代から多くなり、子宮体ガンは若い人にはまれです。

発症のピークはどちらも50歳前後といわれています。

キトサン療法では放射線療法や黄体ホルモン療法などと併用して

治療効果は非常に向上します

一日5~6gの服用で免疫力が活性化され、手術の場合も予後の回復が

大幅に促進されます。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.