キトサン入り野菜ジュースで健康増進

自家製の野菜ジュースで一人1杯あたりの粉末のキトサンを加えてみる。

 

そもそも野菜ジュースは偏食で野菜嫌いの息子に野菜をとらせる目的で

はじめたもの、生野菜も果物もほとんど食べない息子は、

子供の頃からひどいサメ肌でした。

ジュースにキトサンを加えるようになってからは、

ボロボロだった肌がカサカサ程度に落ち着いてきていました。

 

また娘は高校時代からニキビがたくさんできて悩んでいましたが、

キトサンを取り始めてからというものは、肌がみちがえるように

スベスベになってきました。

たまたま旅行に家族でいって、キトサン入り野菜ジュース飲まない

でいたら、

この間またブツブツとニキビができはじめてきました。

肌がきれいになってきていたのはキトサンの

おかげだったんですね

0-60

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

キトサンを飲用し手術以外の道を選択

医師は簡単に、早く切ったほういがいいですよ、といいますが、手術の体力・気力の衰えが心配で、
手術をしない方法を選択したいっていう要望の相談があったりします。

気長な辛抱はやはり必要です
例えば乳がんの手術を受けた場合など、翌日とはいえないまでも、翌々日には食事がとれるようになりますし。
一週間もするとまだ抜糸はできないですが、二週間もすれば糸もとれ、日常生活にさして支障のない身体には
もとりますが、 手術をしないとなると、まずは食事療法からはじめなければなりません。玄米菜食は一食や二食なら
どうということはありませんが、毎食となるとかなりつらいことになります。

また漢方薬も苦く口にあわないものを飲み続けなければならないし、健康食品も高いお金を払っていろいろなものを
ためしてみることになります。

ガンの腫瘍は簡単に小さくなったり不通はしませんから、結果は急にでません。
食事療法や漢方やその他代替療法で、気長にやっていかなければなりません。

ですから手術を受けるより逆にストレスがかかることもあると説明を受けたりもしますが、
それでも手術が嫌いな人は徹底して手術を拒みます。

食事療法は奥さんにも指導して協力を仰がなければなりません。
長い期間の辛抱が必要ですから、途中で「やはり手術をします」と考えが変わる人もおります。
ただ手術を受けても絶対に再発しないという保証などありませんから、再発予防のためにも食事療法や
低分子水溶性のキトサンで飲用を続ける再発予防策も選択肢にあるわけです。


≪癌≫医者嫌いの私の父も実践済ガン治療に効果的な食事法

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

食道ガンに対し放射線化学療法の生存率は手術と変わらない!

水溶性キトサンを飲用することで

放射線や抗がん剤 の副作用から逃れることが可能です!

 

水溶性キトサンをこまめに飲用することで 対処することを

お勧めいたします。

 

食道ガンは、飲酒と喫煙の影響が大きいといわれております。

生活習慣を変えることでガンを防ぐことが可能です。

 

ガン予防には一日1~4g(1000mg~4000mg)のレベルで(当社データー)

で毎日欠かさず飲用することで

 

健康生活を維持しつづけましょう!

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

ガンにならないためにはどうすればいいのですか?

私たちの周りにはガンを引き起こす要因がたくさん存在します
そして、それらのものをすべてシャットアウトにするのはいくら避けよう
努力をしても、大気中の汚染物質や食品に含まれる添加物などは、
現代社会に生きてるかぎり、程度の差はあれど、いやおうなしに
体内に入り込みます。

またストレスをまったく感じずに日々の生活を送れるような幸運な人など
そう多くはいないと思います。

さまざまな発ガン因子が細胞を刺激して、遺伝子を突然変異させ、ガンを
生み出すことは、これまでに見てきた通りです。

したがってガンは遺伝子の病気ということなのです。
ところが、ガン遺伝子が目覚め活性化してから、ガンが発病するまでに
どれくらいの時間が必要なののでしょうか。

最初に現れるガン細胞の大きさは、わずか10億分の一グラム(一ナノグラム)
でそこから分裂を繰り返して、およそ10年くらいかけて1グラムの大きさまでに
成長します。

この大きさになってようやく、通常の診断方法で発見できることになります。

そして、細胞のガン化が完成し浸潤や転移までするようになると、急速に増殖が進む傾向があります。

ほとんどの場合、ひとつのガン細胞の発生から、何らかの症状が現れガンが発病するまでに、10数年~20年も経過しているとされます。

このようにガン細胞は実に長い時間体内に潜んでいるわけですから、ガンは一種の生活習慣病と考えることもできます。

すなわちひとつのガン細胞が発生してもそれが完全にガン化する前に生活習慣を変えることで、ガン細胞をやっつけてしまうことも可能なのです。

生活習慣を変えることで、すべてのガンの8割の危険から逃れられるともいわれます。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

がんは予防できるの?

ライフスタイル改善が決めて!

これまで行われてきたさまざまな研究の結果、がんを発生させる要因はかなり
はっきり解明されてきました。

このため、毎日のライフスタイルを改善することで、半分以上のがんは
防げるといわれています。

早期発見が大切!

しかしどんなに毎日の生活で注意してもかかる確率をゼロにできないのが
がんです。
万一なってしまったら、できるだけ早く発見し、徹底的に治療して完治してしまう
ことが大切です。

がんは不治の病といわれてきましたが、近年の医療の進歩は目覚しく
発見さえ早ければ完全に治せる病気といえます。

ただし完治が可能な初期段階では、ほとんどのがんで症状がないため
病因を訪れたときは、すでに手遅れということになりがちです。

したがって、自分は大丈夫と思わずに定期的な検査を習慣にすることが
大切です。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.