ガン対策に関して

このエントリーをはてなブックマークに追加
【 サイトカイン療法 】 サイトカイン療法とは、その名の通り免疫細胞の伝達物質サイトカインを使 って免疫機能全体を強化する治療法です。 サイトカインというのは免疫細胞などいろいろな細胞が分泌して、周囲の細 胞を活性化する物質一般のことを言います。 遺伝子工学の進歩で、そのような物質を大量に手に入れることが出来るよう になり、治療に使われるようになりました。 例えば黒色腫や腎臓がんに対してインターフェロンやインターロイキン2 を用いる治療は健康保険の適用にもなっています。 しかし、サイトカインは本来、それを作る細胞と隣接した細胞との間で局所 的に作用するものであって、全身投与によって効果を出そうとすると大量に 使用しなければならず、大量のサイトカインは強い副作用を生じるという問 題があります。そのため期待されたほどの展開がありませんでした。 それに続いて登場したのが免疫細胞療法です。これは体の細胞を体外に取り 出して培養・加工することを利用した細胞療法という新しい治療法の一つで す。       抗癌剤はそれぞれどうゆう癌に用いられるのか ① アルキル化剤・・・・・・肺癌  前立腺ガン、偏平上皮ガン、 慢性骨髄性白血病、悪性黒色腫など   ② 代謝拮抗剤・・・・・・・急性白血病 消化器ガン 乳がんなど   ③ 抗ガン性抗生物質・・・・急性リンパ性白血病  偏平性上皮ガン 胃ガン 膵臓ガンなど   ④ アルカロイド剤・・・・ 急性白血病  悪性リンパ腫 肺ガン など   抗癌剤はガン細胞の増殖速度が早いガンほどよく効く傾向があります。そのため血液のガンに有効なもが多く 固形ガンに対しては アドリアマイシンやシスプラチンが開発されるまでは、あまり有効なものはありませんせした。 今日もすべてのガンが抗癌剤で根治できるわけではありません。     抗癌剤の副作用は? 抗癌剤の開発の歴史は、そもそも第二次世界大戦中にアメリカで行っていた毒ガス兵器の研究からスタートしてます。 1924年 アメリカ政府の依頼を受けてエール大学で開発されたナイトロジェンマスタードという液体化合物を解剖学者 トーマス・トハティ博士が腫瘍をもつマウスに注射してみたというのです。 すると腫瘍が縮小し通常なら3wほどの寿命が84日間生き続けたのです。 膨大な時間をかけて抗癌剤が開発されました。 すべて大量殺戮兵器の毒ガスの開発から生まれたものです 抗癌剤は人間の体にとって毒物でもあるのです。「毒をもって毒を制す」という言葉がありますが 抗癌剤のガン細胞を死滅させる作用が、正常な細胞までおよんでしますため、使い方によっては患者に重大な 危険をもたらす、諸刃の剣 したがって、副作用も抗癌作用のつよいものほど強くでます。 代表的な症状としては 悪心 嘔吐 食欲不振 下痢 発疹 口内炎 脱毛 倦怠感 などがありますが、そのなかでもとくに気をつけなければならないのが 骨髄障害による白血球の減少  です。 白血球 が減少すると免疫力が低下し感染症などにもかかりやすくなります。 ときには肺炎や腎不全 心不全といった生命をおびやかすような疾患をもたらすことがあります。 その結果「ガン細胞は死滅したが患者も死んだ」 といったことさえ起こりえます。   アルキル化剤をはじめとする抗癌剤にも発がん性があるのではないかといわれていましたが、最近の追跡調査で 手術後 の補助的化学療法で抗癌剤を使用した場合、胃がんや大腸がんといった二次ガンを引き起こす可能性 が高くなることが改めて判明いたしました。 そのため現在ではガンの種類や症状などを考慮しながら、副作用が異なる数種類の抗癌剤を用いいて副作用を分散 させる多剤併用療法が広く採用されています。 いづれにしろ抗癌剤は副作用がつきもので場合によってはとりかえしのつかない事になったら、治療効果はどの程度 期待でき、またどのような副作用が予想されるのかを確認しておくべきです。   日本で承認されている抗癌剤は123種類ありますが、そのうち効能が明確に国際的に認められているものは、わずか50腫 ほどです   ですので、いかに抗癌剤治療がリスキーなものであるかは明確になったと思われます。   低分子キトサン飲用することで免疫力=白血球の働きを助けることや免疫全体に及ぼす効果を期待できるので 低分子キトサンだけでガンに立ち向かっていく私の関係患者さんも多いことをここで表記させていただいておきます 選択肢は患者さん自身にありますし。 わたしは生命の尊厳の立場から抗癌剤は全くお勧めいたしません。 大量殺戮兵器そのものを人間に使用する事自体現代医療が如何に悪魔性であるか恐怖を感じるからであります。   遺伝子が体のの内外からストレスによって傷つけられたり、遺伝子のコピーのミスが起きたりして、異常な細胞が生まれてしまいます。 いわゆる突然変異です。 この突然変異こそ、細胞のがん化への第一歩。ただ遺伝子の突然変異そのものは、誰にでも毎日、何千何万箇所も起きている現象で、異常をきたした 細胞はすぐに死んだり免疫に退治されたりすることで、体全体の秩序が保たれています。 ところが稀に、幾重もの防御網をかいくぐって生き残る異常細胞が現れます。 それががん細胞として秩序なく勝手に増え続けていくのです。 がん細胞は自らの活動のため、正常細胞が必要とする栄養分を奪っていきます。さらに、がんが臓器を直接的に破壊したり、がんから出る 毒素が体の機能を害したりします。 こうして患者の体は栄養失調状態になり、脂肪筋肉などが次第に減って衰弱していきます。 「悪疫質」と呼ばれます がんの人が食べていてもガリガリに痩せてしまうのがこの現象。 がん患者のうち4分の一は悪疫質が原因とされています。

ブログ一覧

乳がん 早期発見すれば乳房を切り取らずにすむ治療が増加

乳がんじゃ自分で乳房のシコリを発見できるため

早期発見が比較的容易なガンです。

ただし、シコリに気づいてもガン宣告が怖くて

進行がんに至ってしまう人もいます。

早期がんであれば、乳房を切り取らずに腫瘍を

切除し放射線治療と組み合わせる乳房温存療法も

増加してます。

シコリに気づいたら放置せずに、すぐ専門医受診することです。

一説に、発見されるまでに乳がんは25年は経過しているといわれています。

乳がんの好発年齢は50歳がピークですが、30歳代から

注意が必要です。

集団検診は30歳以上が対象ですから。結婚・妊娠をきっかけに

積極的に検診を受けることをおすすめできます。

 

水溶性キトサンを一日5g(5000mg)を服用すれば抗がん剤の

副作用が軽減されるうえ、治療効果のさらなる向上と治療の

可能性が相当高まります。

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

水溶性キトサン で苦しい闘病生活の末現在は仕事にも復帰(食道ガン)

もともと虚弱体質で、特にこの10年ほどは膵臓が弱くて病院通いが続いていました。

ある日、強い胸の痛みに襲われたので、胃カメラで検査を受けたところ

「食道に腫瘍ができています」といわれ、手術するようにすすめられました。

先生は病名病状についてははっきりいわなかったのですが、

すぐに末期のガンだと思いました。

それからすぐに入院したのですが、いろんな方がお見舞にきてくれ

あるかたが水溶性キトサンをくれました。

手術するから1日5gを4~5回に分けて飲んでいました。

 

私は病院慣れというか、病気慣れしていたせいもあって、

ガン告知や手術と聞いてもそれほどショックは受けませんでした。

食道の手術をするために開いてみると胸の癒着がひどく

手術が大変で、約6時間がかかった大手術だったそうです。

手術後、15日間は水も飲めず、腸に穴をあけて栄養を取り入れる

という苦しいベッド生活でした。

食事ができるようになってすぐに再び水溶性キトサンを飲むようにしました。

 

そのおかげで、5ヶ月間の闘病生活が終わり、元気になり退院しました、

それから3ヶ月に「1度定期検査を受け、1日に5~6回に分けて食事を

市ながら毎食後に水溶性キトサンを1g必ず飲んでいました。

再発、転移という不安があるので、水溶性キトサンを1年以上欠かさず

飲み続けました。

 

水溶性キトサンを飲んで早くも感じたことは、2週間くらいで傷口の痛みが

緩和され、また食欲も早く増えてきて

なんとなくやる気も出てきて、元気になったのです。

背中とか手足にかゆみが出た程度の好転反応がありましたが

4日ほどで消えました。

今でも1日4gを飲み続けております。

手術から1年半経過してますが、定期健診の結果もよく

再発と転移の兆候が無いので現在は無事仕事に復帰しています。

茨城県 Nさん49歳 デパート勤務

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

水溶性キトサン飲んだら放射線 抗がん剤副作用が無かった

0-16

下腹部の痛みを覚え検査入院

で右の腎臓にかなり大きなガンがみつかり

肺にも影ありと宣告されました。

医者からは腎臓全摘出し、転移防止するために

抗がん剤投与を行うこと、肺ガンは放射線治療と

抗がん剤を併用すること、放射線治療と抗がん剤の

副作用のことなど、治療方法について詳しく説明を

受けました。

 

入院してから1週間後に腎臓の摘出手術を受け

手術は成功、その後まもなく抗がん剤の注入がはじまり

1回目は胸と腰に激痛が走り立てなくなってしまいました。

1週間後の検査では肺の影が大きくなっていることが

わかり、2.3日たつと髪の毛が抜けはじめとてもショック

でした。 (まだ30代なのにしかも独身)

もう絶望的な気持ちになりました。

 

そんなとき母が、自分が飲んでいる「水溶性キトサン」を

病院にもってきて主治医に相談したんです。

すると「副作用が軽減するためなら、飲んでかまいません」と

了解をいただき、一日3回病院の飲み薬と一緒に飲みはじめました。

 

すると3日目から胸と腰の痛みが消え、少し元気になりました。

その後3回抗がん剤の投与を受けました。

水溶性キトサンを飲んでいたせいでしょうか、1回目のような副作用の

症状はまったくありませんでした。

 

体も疲れにくく以前は多かった咳もほとんど出なくなりました。

主治医からは「肺ガンは大きくなっていないが、そのまま放置しておくと

危険です、あなたは若いし、体も丈夫なので、もっと効く抗がん剤と

放射線治療を併用したほうがいい」といわれました。

少し悩みましたが、「水溶性キトサンをきちんと飲んでいれば、副作用は出ない」

と信じてやることにしました。

それからは、療法の治療の副作用が心配で、水溶性キトサンの飲用量を

それまでの倍量に増やし、その後2ヶ月で10回の抗がん剤の注入、

放射線照射は30回になって、白血球の数値が少し低下した以外に

副作用らしい症状は感じませんでした。

0-13

水溶性キトサンのおかげだと思います。

検査でも肺の影はすっかり消えたことがわかり、

約半年の病院生活が終わって退院できました。

最近の検査では、腎臓にも肺にも異常なはく

赤血球、白血球の数値も正常で、

主治医もこれは奇跡だといっております。

「水溶性キトサンを飲んでいれば安心、ガンは怖い病気ではない」

無事職場に復帰してからは、病気らしい病気はありませんので

あらためて安堵の日々を送れることに感謝です。

兵庫県 会社員Tさん

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

一歩進んだ抗がん対策

J.フォークマン博士が開発した新薬 に注目!

この新薬はアンジオスタチンとエンドスタチンという2種類の

タンパク質。

がん細胞を直接叩いたりするのではなく、その成長を止め

死にいたらしめるという画期的な開発なんです。

この薬自体は、がん細胞に働きかけて、叩き潰すといったものではなく、

アンジオスタチン及びエンドスタチンという微量ながら人体に存在するたんぱく質の、血管形成に対する阻害作用を利用し

がんが新しくつくった毛細血管を破壊してしまうのです。

がん細胞は栄養分や酸素を取り入れることができなくなり、

成長できない~衰弱死ということになります。

従来の西洋医学のがんに対する考え方の主流を占めて

いたのは 切る(手術) 焼く(放射線治療) 殺す(抗がん剤)

という治療方法でした。

 

いずれもがん細胞に直接攻撃をしかけるものです。

その結果がんはやっつけたのだけど、患者も死んでしまった。

という悲劇が繰り返されてきたのです。

しかしJ・フォークマン博士の新薬は・がん細胞を直接叩くことをやめて、栄養と酸素を絶って、転移を防ぎ、がんそのものを無力化

がんは無秩序に増殖し、正常な組織に浸潤し、これを破壊し、さらに転移するというやっかいな性質をもっております。

その活動力を断てば、がんは縮小し無害な状態にしてしまう。

基本思想:この考え方こそ水溶性キトサンの抗がん作用とまったく同じ思想です。

しかも体内にある物質を活性化させることで、がんに対応していくという点でも一致しています。

副作用の心配もないのも水溶性キトサンと同じです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

食道がん 総合的な治療戦略

0-40

高齢者に多くリンパ節転移の確率の高い食道がんは、90%が扁平上皮がんなので、

放射線治療も有効ですが、しかし放射線治療だけでは思うように治癒しないときには、

手術をを中心に化学療法を併用するケースもよくみられます。

 

リンパ節に転移した場合、手術にとって代わる治療法は、見出されておりません

術前・術後の補助療法として、放射線と抗がん剤を用います。

抗がん剤はプレオマイシン、シスプラチンなどが有効ですが、決して高い

有効率を示しているわけではありません。

また術後の補助療法としても確立されているわけではないです、

 

治療の中心は手術ということになりますが、技術的進歩や術後の管理の向上によって

昔のように大手術という感じではありません。

高齢者が多いことやリンパ節への転移率の高いことなどのために、総合的な治療戦略

必要です。

たとえば水溶性キトサンなどの健康食品との併用が、非常によい結果をもたらした報告など

多数の患者さんからの声も寄せられています。

水溶性キトサンは、渋みがあるので、少量に分けて数回飲用をおすすめします。

放射線および抗がん剤の副作用軽減のためには、水溶性キトサンを一日3g~5gほど

摂る必要がでてきます。

病状をよく知ったうえでの総合的な治療方法は、食道がん治療にとって大事なんで

主治医とよく相談しよく考えて、多角的に闘うことです。

そうすれば、治療率は決して低いものではないです。

 

0-40

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.