0-32

前立腺がんに水溶性キトサンで対処

このエントリーをはてなブックマークに追加

その昔の日本ではあまり多くはなかった

前立腺がんですが、食生活の欧米化とともに

高齢化社会を反映して、今は激増しているんです。

 

男性の50歳代から増え始め

高齢になるほど危険度が比例して増加

また症状の出ない潜在ガンも多く

70歳代では、50%の人に潜在がんがあると

いわれます。

 

進行が遅く発病までに時間を要するために

早期発見が難しく、発見されたときには

すでに転移している場合が多いです。

 

検査技術の発達により、早期の発見は

増えてきました。

 

従来の、直腸診断から前立腺特異抗原

腫瘍マーカーによる検査普及により

早期発見の確立が高まりました。

 

がん転移していない場合は、前立腺の

全摘出手術を行います。

 

また前立腺がんは男性ホルモンと密接な関係

があります。

 

内分泌療法(ホルモン療法)も有効です。

がんが転移している場合は内分泌療法(ホルモン療法)で

がんを縮小させてから手術を行うこともあります。

 

抗がん剤による化学療法の効果は薄く

期待薄く

がんの進行、転移を抑制し、痛みも緩和してくれる

水溶性キトサンをお勧めいたします。

0-32

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメントを残す