低分子 キトサン の ガン抑制効果 

このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそも 私たちの体というのは、

ガンを攻撃する細胞の働き (免疫) が備わっています。

 

マクロファージ(貪食細胞) ナチュラルキラー細胞(NK細胞)  キラーT細胞  などで

 

生体がもともともっている 生体防御機能です。

 

通常ガン治療の現場では、抗がん剤や手術などで ガン細胞を直接攻撃する方法を用いますよね。

 

これと比べて 水溶性キトサン(低分子キトサン)を用いる 方法はガン細胞を直接攻撃とかするのでは

なく

 

このマクロファージ ナチュラルキラー細胞 キラーT細胞  などの免疫力を増強させて

腫瘍にたいする(抗腫瘍作用)効果を上げて ガンを排除していくというものになります。

 

 

それと水溶性キトサン(低分子キトサン)はガン細胞にとりついて、 ガン細胞がエネルギー補給する過程も阻害

するんです、 結果エネルギー補給ができなくなったガン細胞は やがて死滅します。

 

 

以下に代表的な キトサンのガンに対する抑制効果をまとめてみたいと思います。

 

 

① 免疫力を高めて 、健康な細胞のガン化を防ぐ

 

② ガン細胞を包み込んで、増殖を防ぐ

 

 

③ ガンの転移を防ぐ

 

④ ガンの症状を緩和してつらい治療に耐える体力を整えます。

 

⑤ ガンの三大療法と併用して、効果の促進をうながす

 

⑥ ガン予防から 根治までと一貫した作用があります。

 

免疫療法の最大の利点は 副作用がないため、患者さんの精神面 とくに感情や思考といった面が前向きになること

があげれれると思います。

 

それに苦痛が減少して 、食欲が旺盛になってくるので、体力面も回復するなどの利点をあげられることです。

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメントを残す