キトサンの肝臓障害への効果は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

肝臓はもっとも大きな臓器で、

生命を維持していくために、たいへん複雑で重要な

役割を果たしています。

 

新陳代謝に必要な物質の原材料を化学合成したり、貯蔵したり

必要に応じて配送するほか

 

有害物質を解毒したり、不要成分の分解・排泄など

その働きは500以上およびます

 

そんな肝臓の病気というと

アルコール摂りすぎをまっさきに思いうかべる人も

多いかとおもわれますが、

じつは肝臓病の九割以上がウイルスによるものです。

 

しかもほとんどの場合、肝炎あるいは肝脂肪から肝硬変、そして肝臓

ガンという段階で進行していきます。

 

肝臓は沈黙の臓器ともいわれ症状があらわれにくく

自覚症状があらわれるころにはかなり悪化していることが

少なくありません。

そんな肝臓障害にもキトサンが有効作用することが

わかっています。

例 お酒飲用時にキトサンを摂取しておくと

悪酔いしたり二日酔いにならないことはよく

しられています。

二日酔いになるのは、肝臓がアルコールを分解処理しきれず

体内にアセトアルデヒドという物質が残ってしまうためですが

キトサンを摂取しておくと肝機能が活性化されてアルコールの

処理能力がアップするので、

二日酔いを起こさなくなります。

キトサンの血液中のコレステロール値を下げる作用も肝臓には

よい影響をもたらします。

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメントを残す