キトサンの糖尿病への効果は

このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちの体は、食事を通して入ってきたでんぷん質をブドウ糖に変え
それを血液によって体内の細胞に運び
エネルギー源として利用しています。

そのとき血液中でブドウ糖をつかまえて細胞の中へ取り入れる
働きをしているのが、膵臓から分泌されるインスリンです。

このインスリンが不足したり働きが悪くなると、細胞がスムースにブドウ糖を
取り入れることができなくなるために、体がエネルギー不足に陥り
どんどん衰えていきます。

これが糖尿病という病気の正体で、やがて体重が減る、体がだるい
喉が乾くなどといった症状が出てきます。

しかも血液中に残った糖が血管壁や眼球の水晶体を変質させて、
白内障や緑内障といった目の病気をはじめ動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞
腎臓病、尿毒症、さらには知覚喪失などといったさまざまな病気を引き起こし
やすくなります。
いわゆる合併症とよばれるもので糖尿病の本当の恐ろしさもここにあります。

こうしたとときには命を落とすことにさえなりかねない糖尿病に対しても
キトサンは効果的に作用します。

たとえば、キトサンには血糖値をさげる作用があることは、多くの臨床データ
からも明快になっております。

糖尿病は悪化すると食事療法やインスリンを注射していても、血糖値が200を
超えるようなことがありますが、
キトサンを併用することによってコンスタントに平常値に近い値を保つことが
できるようになります。
これはキトサンにインスリンの働きを高める働きがあるからだと考えられて
います。

また糖尿病は肥満と深い関わりがあるといわれていますが、それはたくさん
食べることによって血液中の糖濃度が高くなり、それを処理するための
インスリンの生産が追いつかなくなってしますからです。

と同時に肥満になるとブドウ糖を受け入れる細胞のインスリンに対する反応
が鈍くなり、インスリンが糖を運んできてもうまく取り入れることができなく
なります。

キトサンにはコレステロールと中性脂肪を下げる効果があります。
こうした作用をもつキトサンには肥満を防止する働きがあり
それによって細胞のインスリンに対する感受性も維持されます。
しかもキトサンには細胞そのものを活性する働きがあります。

全国には糖尿病患者は600万人以上いるともいわれさらに増え続ける
傾向にあり
キトサンはこうした人々の救世主になりうる可能性を秘めていると
いえます。」

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメントを残す