キトサンについて

キトサンの好転反応とはどうゆうものなの?

投稿日:

キトサンに副作用ってないのですか? こうゆう質問きたりすろときがあります。
今まで漢方薬を利用したり、健康食品を食べたり飲用している人は、好転反応という言葉を知っていると
思います。
初めて健康食品を飲用しようとする人にとって、いきなり好転反応といわれても何のことかと戸惑うはずです。
あまり耳慣れない言葉ですが、いったいどのようなことなのでしょうか、
キトサンの成果に注目してキトサンを飲用した場合、人によっては数日もするとびっくりしたり、これは困ったという状況に
出会うことがあります。 体調によってはすぐ出る人がいる一方、逆に2週間前後あるいは3週間後に出る人もいます。

またこの状況は人によって出る場合、出ない場合ががあり、出方も人によって異なります。
眠くなったり、だるくなったり、湿疹がでたり、目が赤くなったり、下痢をしたりします
これが好転反応(調整反応とも呼ぶ)と呼ばれているものです。
キトサンを飲みはじめると早い人でその日か翌日に便秘や下痢になったりすることがあります、場合によっては、
吐き気や腹痛をおこし、症状がかえって悪化したようで不安になるかと思います。これは、好転反応(調整反応)と
呼ばれる一時的な反応です、漢方では瞑眩と呼んでおり、むしろ回復の兆候として歓迎していい反応です。
これは、新しい刺激に対して、身体が反応しているという現れであり、身体が順応するまでの一時的な現象といわれて
います。

必ずしもすべての人に出るわけでものなく、またでないからといって私にはキトサンが向いてないようだ成果がなさそうだとは
いえません。
好転反応は人それぞれ以下に指標をあげておきます。

① キトサンの飲用量が少ない人よりは、多い人のほうが出やすい
② 粉末とカプセルとの比較では、粉末のほうが出やすい(粉末のほうがキトサンそのものの含有量が多いことに理由がある)
③ 10代の若い人や70代以上の年配者には、比較的出にくい(もちろん例外もある)
④ 体調の悪い人や病歴のある人、蓄積疲労のある人、不規則な生活や食生活の人はいろいろな反応が出やすい。
⑤ 数値に表れない内臓器系の病気を持った人や、病気の前段階症状の人も出やすい。

といった傾向が見られます。
好転反応が出るとおいうことは漢方の世界では一般的に歓迎すべきこととされています。
ただし専門家である漢方医でも、好転反応と副作用の見分けが非常に難しいとされていますので、好転反応らしきものが出たときは
キトサンの飲用を一時中断するか飲用量を調節するかして様子をみるようにしてください。

心配なときは、必ず医師の診断を仰いでくいださい。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

-キトサンについて
-, , , , , ,

Copyright© キトサン効果 低分子キトサンで健康ボナンザ , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。